ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

《Uniqlo U》2018年春夏コレクションレビュー

f:id:boochifashion:20180125230036j:plain

2018年1月26日、ついにユニクロUの2018年春夏の一部アイテムが発売開始。

ユニクロUといえばファッションデザイナーであるルメールが中心として手がけるユニクロの目玉企画。

一歩先をゆくトレンドをルメールのフィルターを通してぎゅっと凝縮されたアイテムたちがまさかあのユニクロで手軽にゲットできてしまうのだからファッション好きならこのチャンス逃すまじ。

…とまあこんな調子良く書いたものの最近はインフルエンサーたちが過度に煽りすぎてる感が強く期待しすぎは禁物なところは否めなかったりなんだりで。(自分も発信する側なので人のこと言えないですけど)

とはいうものの事前に公開されていたビジュアルルックを見て感じたのが「原点回帰」。

べたっと絵の具で塗ったような大胆で上品なエスプリを薫らせるレトロなカラーパレット、長めの丈にストライプやスタンドカラーといったミニマルクリーンな意匠…

その一方でただの焼き直しではなくリラックスムードやどこか無機質なカラーを含ませてアップデートしており、ルメールが体現したい世界とマッチしているような印象を受けました。

自分としては今までの発売前の期待値の中でも指折りで上位に食い込んでくるレベル。

そんな中、発売日当日さっそく見にいってきました。

初代のユニクロアンドルメールのコラボのときと比べると回数を重ねるにつれて熱狂的な盛り上がりも落ち着いてきた感じも受けなくはないですが、やはり発売日ともなると平日のわりには賑わっていたような印象。

案の定、見に行ったときには一部サイズ欠け、色欠けなど売り切れていたものもあり、完全にすべてを見ることができたわけではないのですが、ほぼすべてのアイテムについてレビューしていきます。

アウター

ブロックテックコート+E

f:id:boochifashion:20180126010259j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
09 BLACK・32 BEIGE・34 BROWN
・Fabric
100% 綿
・Price
¥12,900(税抜)

今回発売が若干早いスタートですが、それはアウターが売れる時期に早めに売捌きたいという思惑があるのかと思われます。

去年もロングコートは出ていたもののリネンライクなポリの軽い素材でした。

一方でこれは前回の秋冬のときと同様にブロックテック仕様の硬めの起毛感のあるコットン。

コットンなのにブロックテック?という感じですが、裏に防撥水のシートが貼ってあります。

いわゆるボンディングコートってやつですね。

しかもよくよく考えると今までのブロックテックコートは9990円だったんですが、これは値段が上がって秋冬のアウター並みの価格に(あくまでユニクロの値段という意味でね)。

一般に春夏の方が素材原価の関係上、単価が安くなるものなんですけどね。

 

しかしそんな強気な価格設定なのもうなずけるほど、本気具合がうかがえる出来。

というのも生地の縦糸と横糸を異なる色で織り込んであることにより(シャンブレーツイル)、光の加減によってツヤというか白っぽいカーキ色がチラついて濃淡のある奥行きのある色の見え方をするんですね。

俗に言う「玉虫色」というやつなのですが(ユニクロいわく「虹色」らしい)、これバーバリーなどのコットンギャバのビンテージコートなどで見られる仕様で、それだけで高級感のある雰囲気に。

その見え方が若干弱い感じもしますが、この価格帯の新品ではこの素材感はなかなか見当たらないないかと思います。

画像だけだとその雰囲気が伝わってこないのでこれはぜひ店頭で見てほしいアイテムですね。

特にその良さを堪能できるのがブラウン。

春夏っぽくないな〜と最初はあまり見るつもりなかったんですが、実際見てみるともっと上の価格帯のブランドに置いてあってもおかしくないような本能的に惹きつけられる雰囲気がありますね。

もちろん春っぽさのあるベージュの方が着こなしやすさでは上ですし、こっちも質感は悪くはないんですけどね。

ただベージュのスプリングコートって定番なのでいつでも手に入りますし、ブラウンの方がUらしさがあり、なかなか他にはないという意味では優位性があるかなと。

 

もちろん良さはシルエットにもあります。

ゆったり感を醸し出すラグランスリーブと長めの袖丈は今っぽいオーバーサイズ感のあるかなり長めのロング丈仕様。

下に向かってフワッと広がるAラインシルエットで、たっぷり取られた布量は生地の色味と相まったドレープさを感じさせてくれます。

また袖幅がゆったりとしたアームホールから手首に向かってすぼまっているのもポイント。

ぜひ羽織ったときの横から見たシルエットも見てみてください。

ただオーバーサイズを羽織ったときとは違う計算された曲線美にエレガントさがあるんですよね。

 

あとユニクロUで決定的な欠点になりがちなのがボタンなんですが…

のっぺりしたモロにプラスチックなでっかいボタンのせいで台無しになってしまったようなアイテムが今まで数多くありました。

確か前回の秋冬のときのコートもそうだったはず。

しかし、このコート比翼仕立てなのでそこまで気にすら必要がないのにも関わらず、プラスチックながらちゃんと水牛っぽいボタンが使われているんですよね。

自分も1着買ってしまったんですがボタンがあれだったら絶対買ってなかったですね笑

 

ベタ褒めしすぎるのもあれなのであえてケチをつけるとするなら軽くて薄いことですかね。

ハリのあるコットンなのでペラペラというほどではないんですが、最初手にとってみたときは重厚な見た目に反してこの薄さで値段上げしてるだけにこの値段か〜とはなりました。

でも秋冬ならともかくスプリングコートとしてならこの薄さも納得できるんじゃないかと。

でも日本人にはメンズの春のロングコートって馴染みが薄いのでファッションコンシャスな人以外には受け入れられにくいかもしれないですね。

というかこの値段でここまでやってくれたなら文句つけられないなと。

あ、あとネイビーに関しては黒色に近く、生地の恩恵があまり受けられてない感じ。
正直、ネイビーだけは売れ残るだろうなぁ…

 

気になるサイズ感ですがかなり大きめ。

自分の場合(178cm/60kgくらい)…

・Sサイズ→この手のものにしてはややオーバーサイズ感が物足りず着丈も中途半端だが普通に着れる

・Mサイズ→袖丈は手の付け根くらいでジャスト、ゆったり感が気持ちいい

・Lサイズ→袖丈が手の平を覆うくらい普通にオーバーサイズ、トレンド的にはこのくらいでもなくはない

という感じでした。

なので背がないと厳しい感じもしますね。(背が低い人がロングコート着こなすのもある種の雰囲気があって僕はカッコいいと思ってますが)

そんなわけで自分はMサイズ買いました。

春のロングコート探してる人は選択肢に入れても十分いいんじゃないでしょうか。

 

ポケッタブルコート+E

f:id:boochifashion:20180126010434j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
09 BLACK・56 OLIVE・74 PURPLE
・Fabric
本体: 100% ナイロン/ メッシュ部分: 100% ポリエステル
・Price
¥7,990(税抜)

ユニクロのポケッタブルパーカーに見られる柔らかくツルッとした光沢感のあるナイロン生地を使ったコートです。

確か去年の初夏に同じ生地使ってダウン仕様で出して、かなり売れ残ってたような記憶がありますね笑

下手すると悪趣味にも見られかねないパープルの色味などぶっちゃっけ売れ残りそうだな〜と思っているんですが…

いや、これ着てみたら案外悪くないんですね。

元はミリタリーのモッズパーカやモンスターパーカあたりをサンプリングしてるのだとおもいますが、ディテールは去年の春夏のコットンパーカーと似ていてます。

前立てがジップ+スナップボタンの仕様になっているんですが、ジップを全開してボタンを上2つ溜めたときのスタイルがカッコいいんですよ。

あと袖口が引っ張って絞れるようになっているのでシルエットにも変化をつけられます。

サイズは思いっきりあげた方がかっこいいかと思いますね。

フレアのないストンとまっすぐなシルエットはミリタリー調ながら大きくスリットも入っておりどこかモード的で、黒はオールブラックコーデの主役にもってこれそう。

これコットン生地でモッズコートっぽく作ってほしかったなぁ…

ある意味この生地・素材だからこそ面白いのであって、ないものねだりかもしれませんが。

でもどうせポケッタブル仕様にしても持ち歩いては使う人いないんじゃないかなと思ってしまうのは自分だけ?

 

ウルトラライトダウンコンパクトブルゾン+E

f:id:boochifashion:20180126010747j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
05 GRAY・09 BLACK・24 ORANGE・56 OLIVE
・Fabric
表地: 100% ナイロン [中わた] 本体: 90% ダウン,10% フェザー/ ポケット部分: 100% ポリエステル/ 裏地: 100% ナイロン
・Price
¥6,990(税抜)

ユニクロお得意のウルトラライトダウンのブルゾンをキルティング仕様にしたアイテム。

おそらく一番売れ残るであろうアイテムだと思っているのがこれですね。

スタンドカラーのブルゾンでキルティングとかなりおじさん感が強めなアイテム。

シルエットも特筆するべき点がなく、カラーもあまり発色が良くないですし。

コートの中に入れて着たりするのが良さそうですが…そこまでして着こなしたいとは個人的には思えないですね。

思えばUのアイテムって通常ラインのアイテムに毛を生やしたようなやつはとにかくユニクロの素材を使おうとしている感が強くてどうもイマイチな印象が強いですね。

ユニクロとしては独自の素材を謳って売り出したいのかもしれませんが…

 

コットンパーカ+E

f:id:boochifashion:20180126010831j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
05 GRAY・09 BLACK・35 BROWN・74 PURPLE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥5,990(税抜)

前回の春夏でもコットンパーカーは出ていましたが、あれは上でも述べたようにポケッタブルコートの方がどちらかというデザインを踏襲していて、今回のコットンパーカーは通常のポケッタブルパーカーに近い感じですね。(ややこしい)

生地もコットン?という感じでナイロンやポリエステルっぽいキメの細かい光沢感がある薄手の生地になっています。

マウンテンパーカーのようなガッシリ厚手の生地を想定していただけに、そのポケッタブルパーカー的な実際の見た目と手に取ったときの薄手の感触でこれはダメだな〜と感じたんですが、羽織ってみるとこれが意外や意外カッコいい。

ちょっとフワッとしたシルエットなので後述のジャケットやロング丈シャツとレイヤードしたりすると一気にファッショナブルな装いに変化します。

アイテムによって微妙にカラーのアクセントが違うので似たニュアンスのカラーで合わせていくとまとまりのあるコーデながらのっぺりせず奥行きが出るのでおすすめ。

見に行った時点でブラウンは既に完売していて見れなかったのが心残りですが…

無機質なグレーも良かったですね。

買うか迷ったアイテムではあるんですが、ただやはりぱっと見たときの「ユニクロのパーカ」感が拭いきれなかったのでパス。

もし安くなったら買うかもくらいのアイテムでした。

自分はLサイズでアウターとしてちょうどいいくらいでした。

 

コットンジャケット+E

f:id:boochifashion:20180126011043j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
05 GRAY・09 BLACK・56 OLIVE・68 BLUE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥5,990(税抜)

前の秋冬でも出ていましたが、ワーク調のテーラードジャケット。

前回のはストレッチ感が好みじゃなかったんですが、今回のは綿100%。

襟の部分はテーラードジャケット的ですが、大きなパッチポケットやステッチワーク、ワークジャケットという方が近いかもしれません。

前回のものはウールできれいめだったせいか裏ポケットのステッチがそこだけ中途半端にフロントから見えていて、「縫製ミスってる?」感が出ていて失敗していた印象でしたが、今回のは泥臭さのあるコットン素材かつ全面的にステッチを出したことにより、ワーク的ディテールとして昇華出来てきますね。

綿、といっても厚手のガサガサしたものではなく、コットンパーカー同様、薄手ながらハリとツヤのある高密度なナイロン的な雰囲気でただのワークジャケットとは違うのがポイント。(逆に好みは分かれそう)

多分秋冬でこの生地だったら評価高くないですが、春夏なら全然アリですね。

ステンカラーコート同様にボタンもちゃんとしてますし。

Uのジャケットってあんまり良い印象なかったので期待はしてなかったのですが、今回初めて良いと思えましたね。

とはいっても着丈や身幅が大きく、泥臭いおじさん感が強いのでニードルズやエンジニアドガーメンツあたりのワークミリタリーが好きな人にはぜひ見てほしいアイテムですね。

コンクリート的なグレーはこの生地を一番活かせた雰囲気があって良いんですが普段使うには結構クセが強いので…

ワーク調のオリーブや海軍的なさわやかなブルーの方がすんなり着れますね。

サイズは下げるとテーラードジャケット寄りに、あげるとワークジャケット寄りな印象になるのでそちらもぜひ試してみてください。

ジャケットとしては着丈が中途半端と言わざるをえない長さですが、ワークアウターとして考えるならバブアーのようなハーフ丈も今の気分にあってるという人多いんじゃないでしょうか?

着丈の普通の丈のインナーと合わせると野暮ったくなるので、試着するなら後述のロング丈シャツがおすすめ。

特にスタンドカラーシャツとTシャツにあるダークグリーンやネイビーブルーの色味は他のグリーン系のアウターを持ってくることでその青味のニュアンスを引き立たせることのできるカラーになっているので、これはぜひこのオリーブで試してほしい組み合わせですね。

あ、あと襟を立てるとスタンドカラーのミリタリーブルゾン的にもなります。

ジャケットの襟立てはわざとらしいので少なくとも自分はしないですが、元々ラペルが小ぶりで寝た作りになっているので立てても自然に着こなせますね。

この場合コートのようなアウター的要素が強くなり、ちょっと印象が変わって面白いのでこれもぜひ。

 

セーター・カーディガン

コットンカシミヤカーディガン(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126011338j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
09 BLACK・16 RED・56 OLIVE・68 BLUE
・Fabric
95% 綿,5% カシミヤ
・Price
¥3,990(税抜)

一昨年くらいの秋冬のUでニットポロが出ていましたが、それと似た形のカーディガンですね。

カーディガンというより襟がついているためフルオープンのニットポロといった方がニュアンスとしてわかりやすいかと。

クルーネックのように首元までボタンのあるカーディガンはレディース的な感じもあるので、どうかなと思っていましたが、意外とすんなりハマってくれますね。

生地はユニクロ定番のコットンカシミヤを厚手に仕上げたもの。

カシミヤ入りにしてはやや荒い気がしますが、カラーの発色が良いのはさすがというところでしょう。

袖と裾にリブがついていますが甘めに編んであるので、キュッと絞られずふんわり着れます。

これは、圧倒的に人気アイテムになりうるだろうと予想していたんですが…

このカーディガンに限ってなぜかボタンが安っぽいんですよ。

厚手で大きくで色がキツくて目立ちますね。

特にレッド。

レトロ感のあるいい赤なだけにちょっと残念。

生地が厚いのでしょうがないのかもしれませんが…

あとシルエットがちょっと半端な印象でしたね。

リラックスシルエットには仕上がっていますが、他のUのアイテムと合わせてもバランスがあまり良くないというか。

自分の場合Lサイズでもゆったりめのジャストくらいでしたからね。

せっかく他のインナーが着丈が長く、身幅が大きく作られているのだからもう少しオーバーサイズでも良かったんじゃないかなと思いました。

もちろん今のシルエットも上品なので普通に着る分には悪くはないんですけどね。

 

コットンカシミヤクルーネックセーター(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126011550j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
01 OFF WHITE・03 GRAY・09 BLACK・11 PINK・47 YELLOW
・Fabric
95% 綿,5% カシミヤ
・Price
¥2,990(税抜)

こちらもカシミヤ混のコットンニット。

やはりやや厚手で柔らかく編まれており、トレーナーのような印象。

03 GRAYもスウェットライクな杢グレーで、白もオフホワイトですしね。

シルエットは普通です。

今回のキーカラーともいえるレトロでビビットなピンクやイエローも取り揃っているのが特徴という特徴ですかね。

スウェットライクなうえにこれらのカラーはスポーティな印象ですが、カシミヤ混で上品な印象にまとめてあるので、Tシャツの粗野感が苦手ならこっちの方が良いという人もいるかもしれませんね。

でもそのバランスが中途半端な感は個人的には否めないかな…

 

コットンモックネックセーター(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126011722j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
03 GRAY・16 RED・47 YELLOW・68 BLUE・74 PURPLE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥2,990(税抜)

モックネック名称ですが、どちらかというとボートネックの首を少し詰まらせた感じでした。

メランジ感が特徴的な薄手の切りっぱなしようなカットソーライクのニットです。

前回もウール素材でほとんど同じアイテム出てましたね。

そのときは裾にスリットが入っており薄手の落ち感を活かした絶妙なミニマルシルエットで僕も気に入って買ったのですが、今回はスリットがなくなってしまいリブで腰回りに溜まってしまうように…

でもこちらは大きくドロップショルダーの仕様になっているので、リブで裾をブラウジングすることにより余裕のある印象をつくることを想定して作ったのかも。

f:id:boochifashion:20180127140926j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲このゆとり感はワイドパンツと合う

でもそれならもう少し着丈を長くしても良かったのでは…?

メランジ感のあるデザインも好みが分かれそう。

今回のラインナップ唯一パープルがいいなと思ったのはこれですが、自分はどうも苦手です。

 

コットンクルーネックセーター(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126011857j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
01 OFF WHITE・04 GRAY・09 BLACK・35 BROWN
・Fabric
100% 綿
・Price
¥3,990(税抜)

そういえば今回のニット類には全部「コットン」と名前がついていて紛らわしい笑。

これは度詰めしてあり、リブが厚く比較的硬めの生地感が特徴。

前回のときも似たようなのありましたね。

素材が変わっただけでほぼ一緒ですね。

時期的にはさすがにもうニットは食傷気味な人も多いでしょうしなかなか食指が動きにくいですが、基本的な平均点は高くニットとしてそつなく仕事こなしてくれそう。

着丈は短めに設定されており、ワイドパンツとも好相性。

画像だと分かりにくいですが一見無地のように見えて実際は独特の霜降り感があるため注意。

f:id:boochifashion:20180127141140j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲グレーが分かりやすい

モックネック同様、自分はこのメランジ感、杢感は苦手ですね…

 

シャツ

ヒッコリーオーバーサイズシャツ(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126012304j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
35 BROWN・65 BLUE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥2,990(税抜)

去年の春夏はデニム生地で似たようなワーク系のストライプシャツ出てましたね。

そのときはオーバーサイズではなく、自分はわざと2XLを買ってオーバーサイズにして着てるんですが、今回は元からオーバーサイズという表記になりました。

オーバーサイズ と書いてありますが、肩幅や身幅は極端には大きくありません。
「リラックス」くらいの表現のほうがしっくりくるかもしれませんね。

襟や前立て、ポケットの大きさを大きくすることでワークテイストを出しつつ、ピシッとしたレギュラーカラーで小ぶりなボタンを使いきれいめにまとめてあり、バランスのとれた1着になっています。

また袖先のプリーツタックが多めにとられているのも今回のシャツの特徴。

f:id:boochifashion:20180127141255j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲内側のボタンで閉めるとプリーツが美しく出る

アームホールにゆとりがあることもあり、キュッと袖を絞ったときに優雅な印象になります。

 

オープンカラーシャツ(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126012506j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
00 WHITE・35 BROWN・68 BLUE・74 PURPLE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥2,990(税抜)

去年大きくトレンドとなったオープンカラーシャツ。

前は半袖だけでしたが、今回は長袖も出してきましたね。

シルエットは結構大きめ。
オープンカラーなのでヒッコリーストライプのレギュラーカラーと比べてもゆったりした印象がかなり強くなりますね。

着丈は長めに設定されていますがちょっとだらしない印象が強いので短くてもよかったんじゃないかな〜。

あと生地は硬めのブロード生地。

去年はリセヨル(テンセル)を使ったとろっとした生地で、他のブランドもそういった生地を多く出していただけに、どうやらそういうのを期待して肩透かしを食らった人も多いようで…汗

実際、なんというか「制服(ユニフォーム)」みたいな印象が強いですね。

f:id:boochifashion:20180127141638j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲マットな質感はアンファッショナブルな印象

特に白は白衣みたいで…

でもあえて長袖だからこそこの生地なんだと思いますね。

長袖なだけにとろっしたものだと形が崩れやすいですし、ハリのある生地なのでワークシャツ的な感じで上から羽織れることも想定して作ったんじゃないかなと。(羽織るにしても着丈が長すぎる感はありますが)

実際3月に発売する半袖の方はレーヨン混ですし。

f:id:boochifashion:20180127141849j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲オープンカラーシャツ(半袖)

いずれにせよ、あまりUで買う必要が見出せないアイテムではありますね。

アーバンリサーチとかの安価なセレショでも似たやつで良いのがありそうな感じですし。

逆に今回のキーカラーであるパープルだけは人気みたいですが…

トレンド色とはいえ自分はあんまり良い色だとは思わないんだけどなぁ笑

個人的にはこの生地で普通のシャツ出して欲しかったですね。

今まで展開していてレギュラーカラーのベーシックシャツがなぜか今回はありませんでしたし。

 

ストライプオープンカラーシャツ(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126012648j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
30 NATURAL・35 BROWN・68 BLUE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥2,990(税抜)

上と柄違いのアイテムですね。

柄が入ってるだけまだ生地のことは目をつぶれますね。

Uらしい優位性という点でいえばこっちの方がいいです。

カラーもフレンチテイストでルメールらしさがありますし。

ただ自分にはこの柄が合いませんでした汗

柄が好きな人、合う人は手に取ってもいいかもしれないですね。

 

スタンドカラーシャツ(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126013047j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
00 WHITE・35 BROWN・54 GREEN・68 BLUE
・Fabric
50% 綿,50% レーヨン
・Price
¥2,990(税抜)

今回の長袖シャツの中で唯一のレーヨン混。

コットンベースなのでしなやかさはありますが、レーヨンらしい落ち感があります。

レーヨンなので素材的に脆いため、使えるのはワンシーズンだけかなという感じはしますが、シャツの中でいったら一番良さを感じられるのではないでしょうか。

スタンドカラーで超ロング丈というモード感が強いアイテムですが、この着丈がオーバーサイズのアウターの中に合わせたときや今回展開されているようなワイドテーパードパンツと合わせたときのバランスがいいんですよね。

ビッグシルエットのアイテムに対して中途半端に普通のサイズ感のアイテムを合わせると間違ってる着てる感が強くなるのですが、一方でオーバーサイズ ×オーバーサイズだとだらしなさが強く出てしまいやすいんですね。

その点このシャツは身幅はちゃんとしてますし、スリットが入っていることでだらしなさが出にくくなっています。

また今回のUで個人的に最も良色だと思っているのがこのシャツの68 BLUE。

f:id:boochifashion:20180127142051j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲ドレープ感がきれいに出る68 BLUE

ブルーというか、先行発売された半袖Tシャツの58 DARK GREENに近い色味ですね。

青と緑の中間色でこれぞルメールらしいニュアンスあるカラーになっています。

これ、単体でも良い色ではあるんですが、他のグリーンやブルーのアイテムと合わせると真価を発揮します。

グリーン系と合わせるとその青味が、ブルー系と合わせるとその緑味が映えてきて、アウターによって違う表情になりコーデに奥行きが生まれます。

あとブラウンのテラコッタカラーも良いですね。

f:id:boochifashion:20180127142314j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲トレンド感ある35 BROWN

主張性が高いですがテラコッタって意外と馴染みがいいんですよね。

ブラウンほど地味でなくイエローほど明るすぎない、そんなバランス感があります。

しかも春夏にブラウン系というとあまり「らしさがない」ようにも思えますが、このレンガのようなカラーはどこか南欧州的でカラッとしているので、しつこさがありません。

インナーに挟むことで春夏に新鮮なカラーを持たらしてくれるはずです。

なおサイズ感はいつもユニクロの通りです。

自分はMサイズだと肩が変に突っ張ったので、綺麗に肩落ちしてくれるLサイズにしました。

 

ストライプスタンドカラーシャツ(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126013436j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
35 BROWN・68 BLUE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥2,990(税抜)

同じスタンドカラーなのにもかかわらずこっちはなぜか綿100%なんですよね。

よくわからない…笑

オープンカラーシャツと同様にハリのあるブロード生地です。

ストライプもかなり細めであまり柄的な主張性もなく、無地のスタンドカラーと比べてしまうとあまり優位性が感じられないアイテムですね。

今では店頭から姿を消してしまったエクストラファインコットンブロードスタンドカラーシャツに毛が生えた程度なので特におすすめできるアイテムではないですね。

 

カットソー

スウェットプルパーカ(長袖)+E

f:id:boochifashion:20180126013457j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
03 GRAY・10 PINK・14 RED・47 YELLOW・59 DARK GREEN・68 BLUE
・Fabric
本体: 100% 綿/ リブ部分: 95% 綿,5% ポリウレタン
・Price
¥3,990(税抜)

毎度のごとく出しているパーカで毎回評価の高いアイテムですが…

なんか今回のやつ普通のユニクロっぽくなっちゃいましたね。

なぜかは言葉でうまく説明できないんですが…

前回のはムラのないクリーンでモダンな印象があって、それにプラスしてビンテージ感の融合が良かったわけなんですが、生地の粗野感、ムラ感が強くなっていて中途半端な出来な印象を受けましたね。

あと春夏なので生地が薄いのはしょうがないとしても(春夏用にしては厚手ですが)、生地の厚さに対してフードの大きさがデカすぎて重みに負けてしまってヘタっちゃうんですよね。

あと平紐が安っぽいのが…笑

f:id:boochifashion:20180127143303j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲メタルの部分も悪目立ちやすい

細い丸紐にした方が雰囲気的にも合ってると思うんですけどね。

前回のパーカもそうですが、そのあたりでユニクロ感が出てしまっているのがもったいなと思ってしまいます。

 

ウルトラストレッチドライクルーネックT(長袖)

f:id:boochifashion:20180126013703j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
00 WHITE・08 DARK GRAY・09 BLACK・24 ORANGE・57 OLIVE・68 BLUE
・Fabric
本体: 93% ポリエステル,7% ポリウレタン/ 脇部分: 97% ポリエステル,3% ポリウレタン
・Price
¥1,990(税抜)

ユニクロのドライEX系のやつを使ったロンT。

去年も出てましたが、通常版のやつの色がU仕様になっただけみたいなやつです。

一応首回りのリブラインを細くしたりしてて、ミニマルにまとめてはいますが、本当に通常ラインに毛が生えただけのやつやめた方が良いと思うんですよね。

ルメールがアイデアしてデザインしたというより、ユニクロからこの素材を使って作ってくれと言われて作ったような気がしてならない。

いや真偽は分からないですけど…笑

 

ロング・アンクルパンツ

ワイドフィットタックパンツ(インディゴ)+E

f:id:boochifashion:20180126014012j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
68 BLUE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥3,990(税抜)

タックが特徴的なジーンズですね。

テーパードシルエットですが、ややテーパードが弱いかな。

悪くはないですがこれなら後述のワイドフィットテーパードジーンズの方がシルエットが良いのでおすすめ。

 

ワイドフィットタックパンツ(コットン)+E

f:id:boochifashion:20180126014146j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
09 BLACK・32 BEIGE・68 BLUE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥3,990(税抜)

ワイドテーパードのチノパンは前回の秋冬では良シルエット、良色だっただけに即完売してしまい、惜しんでいたので嬉しいところ。

これは多分その後継種ですね。

最厚のストレートチノに比べると薄手ですがその分ツイルなのでそれに劣らずハリがありガッシリとしています。

色ノリもよいですね。

まるでディッキーズのワークパンツにセンタークリースをつけたような印象。

ただ裾先が厚いせいでテーパードした裾が最後外ハネするんですよね。(それ含めてディッキーズっぽいと表現したわけです)

f:id:boochifashion:20180127143559j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲裾が外に向かってしまう

これが個人的に嫌いでして…

割と人気なようですが個人的には正直微妙でした。

 

ワイドフィットテーパードジーンズ+E

f:id:boochifashion:20180126014259j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
62 BLUE・65 BLUE・69 NAVY
・Fabric
62 BLUE, 65 BLUE]100% 綿 [その他カラー] 65% 綿,35% ナイロン
・Price
¥3,990(税抜)

前にもアンクルテーパードジーンズ出ていましたが、ロールアップしなくてもいいくらいテーパードが強くなりシルエットが良くなりました。

リーバイスのシルバータブのようなこんな色落ちの強いジーンズが今気分という人多いのでは?

f:id:boochifashion:20180127145826j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲ユーロストリート的なきれいな色落ち

春っぽくていいですしね。

サイズは下げめの方が裾幅がきれいです。

チープ感のあるデニム生地ですが、むしろそういう雰囲気として捉えるべきかと。

デニム生地にこだわりがなければおすすめ。

 

ワイドフィットテーパードパンツ+E

f:id:boochifashion:20180126014501j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
05 GRAY・09 BLACK・56 OLIVE・68 BLUE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥3,990(税抜)

コットンジャケットと同素材でセットアップにできるパンツです。

ジャケット同様にコットンながら薄手でナイロンっぽい質感です。

ジャケットはまだしもパンツの生地でないなと最初は思ったんですが、これ試着したら、ワイドフィットタックパンツのようにフレアせずきれいなテーパードしてくれるんですね。

これぞまさにワイドテーパードで求めていたシルエット。

シルエットでいえば前から見ても横からみてもきれいでワイドフィットパンツより断然こっちの方がいいですね。

あとコンクリートのような無機質なグレーがいいんですよね。

この生地のツヤ感を引き出せてますし、履くとミニマルモードな印象になります。

サイズは元から大きめなのでワイドパンツだからといって上げずに下げめでいいかと。

自分は普段なら73だとキツメなんですが、73でちょうどでした。

 

ワイドフィットカーゴパンツ+E

f:id:boochifashion:20180126014636j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
09 BLACK・56 OLIVE・68 BLUE
・Fabric
60% 綿,40% ナイロン
・Price
¥3,990(税抜)

コットンとナイロンを6:4で混紡した薄手のリップストップ生地でできたカーゴパンツです。

ユニクロのリップストップ生地って個人的には好きじゃないんですよね。

どうも小中学生が履いてそうな生地感というか…

イージーパンツ仕様なのもそれに拍車をかけてる印象。

しかも他のワイドフィットパンツと違い、テーパードというよりストレートに近いシルエット。

ロールアップすればいけるか?と思いましたが、軽くてハリのある生地なのでロールアップすると変にシワが寄ってしまい汚いシルエットに…

f:id:boochifashion:20180127144044j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲ロールアップしても中途半端

このシルエットなら普通の軍モノでも安くて良いのが手に入るし、せっかく作るならもっとモダナイズして欲しかったなぁ。

ディテールや色味はカッコよく、実は期待していただけに残念。

 

ストレートアンクルジーンズ+E

f:id:boochifashion:20180126015334j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
00 WHITEK・09 BLACK・65 BLUE・68 BLUE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥3,990(税抜)

トレンド的にはこんなストレートジーンズもありですが…

シルエットは中途半端と言わざるを得ないですね。

これも微妙にフレアした感じで裾がちょん切られてる感じになってしまっていますね。

ストレートシルエットだしアンクル丈じゃなかったらよかったかも…

ちなみこの白はUらしい青味がかったやつです。

そういえば今回のUは普通の白ばかりでこの白が少ないですね。

 

ストレートアンクルチノ+E

f:id:boochifashion:20180126015537j:plain

Photo by f:id:boochifashion:20170831191044p:plain

▲Spec
・Color
05 GRAY・09 BLACK・32 BEIGE・74 PURPLE
・Fabric
100% 綿
・Price
¥3,990(税抜)

今回のチノパンでは最も肉厚。

それでいて上品でコットンらしいなめらかさやほのかにツヤ感があります。

硬めの生地から得られるストンときれいにしたに伸びるシルエットがきれいですね。

おかげでセンタークリースもピシッと決まってますし。

イメージ的にはユニクロのアンクルパンツをストレートシルエットにした感じですかね。

ワイドフィットタックパンツ同様に裾がややフレアしてしまいますが、これはストレートシルエットなのでそこまで気にならないかなと。

自分の場合他のパンツは73でよかったですが、これは73だとゆとりがなく裾のフレアが顕著に現れてしまったので、76にすることでやや腰回りにゆとりのあるワイドめなシルエットになりました。

でも今回のラインナップの中では一番細く感じますね。

パープルがなぜか人気みたいですが個人的にはこの黒に黒ソックス、黒靴を合わせたモードストリート感あるスタイルが今っぽくておすすめです。

 

 

✳︎

以上UNIQLO U2018SSレビューでした。

グッズはおまけみたいなものなのでレビューは割愛(レディースコーナーの方にあって見るのがめんどくさかったというのは内緒)。

みなさんは今回のUはどんな印象でしたでしょうか。(ツイッターやってるので感想や意見があればそちらでぜひ。)

振り返ってみると全体的に甘く評価してしまったかな〜と反省。

実は期待値よりは満足度は低かったんですよね。

原点回帰とは言ったものの、ルメールコラボからUという名目の企画になってしまった以上ユニクロクォリティの範疇からは抜け出せないのかなと。

あといつもユニクロコラボはニットやシャツに良いものが多い印象なんですが、今回はニット、シャツがイマイチでしたね。

一方でパンツ類は今まで使えるものがほとんどなかったのですが、今回はワイドテーパードに徹底して展開することで成功してて豊作な印象でした。

あと今回は柄物も多くトレンドやモードに振り切ってるのでベーシックなアイテムが欲しい人には合わなかったかもしれないですね。

せめてオープンカラー以外のシャツも出して欲しかったなと。

今後、2月、3月にも出てくるので発売されたらまた追記していきます。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。