ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

襟立てしたGジャンをコートにイン、リラックスムードにピリッとしたキメ感を。<オーバーコート×デニムジャケット>

f:id:boochifashion:20171119212011j:plain

どうも、まひろです。

気がつけば11月、嘘でしょと思いながら少しずつ寒くなっていく日々。

マフラーや手袋が必要になってきて、なにかと秋が過ぎていくのを実感します。

寒暖差があるのでみなさん風邪にはお気ください。

ですが、重ね着を楽しめるのも今の時期だけ。

今日はアウターは何にしようか、インナーは何をレイヤードしようか天気の様子も伺いながらコーデをビシッと決められると朝から良いスタートが切れて毎日がちょっと楽しくなります。

そんなこんなして朝の時間を浪費してしまい遅刻しそうになるのは何とかしたいところですが…笑

 

Style & Points

f:id:boochifashion:20171119150010j:image

 

Gジャンもインナーに

最近はシャツ×ニットという定番のインナー使いばかりで飽きていたので今日はニットのかわりにデニムジャケットをコートにインしたコーデに。

いわゆるアウターオンアウターという着こなし。

たまにやると着こなしに変化がでていいですね。

秋冬になると暗いトーンのアイテムが多くなるので、デニムように明るくて生地に表情のあるアイテムは差がつけやすくて貴重です。

 

襟立てはさらっとがかっこいい

襟を立ててるのは中にもシャツの襟、コートにも襟があってくどかったから。

窮屈そうに見えたので襟立てをしたところすっきり。

f:id:boochifashion:20171119151636j:image

横や後ろからみても首元のアクセントにもなり、オーバーサイズで気の抜けた感じのコートに対してキメ感を加えられて意外といい感じ。

リラックス感とキメ感の両立というのが最近の気分で、何気なくできるインナーの襟立てはマイブームです。

襟立ては作為的でホストやチャラいといったようなわざとらしい印象があるのであまりしないのですが、インナーで何気なくやるくらいが好きですね。

「よく見たら襟立てしてた」くらいの感じで。

 

シャツできちんと感を演出

実は今日の主役は一見アウターのコートに見えますが、コーデを決めるに当たって最初から着ようと思っていたのが今回の裏の主役となるが、白シャツ。

やはりパリッとした白シャツを着ると気分が違いますね。

きれいめなのに普段から着れて、暗くなりがちなメンズコーデに白を差せてハッとした印象を与えられる数少ないアイテム。

白シャツを入れるだけで優等生感というかナチュラル感が出るというか。

f:id:boochifashion:20171119145144j:image

今回のようにオーバーサイズのコートにデニムジャケットを襟立てしてインするなんていうわざとらしい・だらしないスタイルも白シャツでならまとまってくれる気がします。

ちなみにシャツの第1ボタンは基本閉める派です。

たまに着こなしによっては開けたりもしますが、今回は襟立てもしてますし、開けてしまうとワイルドさが強くなりすぎてしまうかなと。

 

Items

ルーツを楽しむコート

f:id:boochifashion:20171113171701j:image

▲US Army / COAT, ALL WEATHER, MEN'S

使用したトレンチ型のオーバーコートはアメリカ海軍のオールウェザーコート。

トレンチコートといえばバーバリー、アクアスキュータムがいわば元祖。

ですがこれはそれからさらに遡ってトレンチのルーツともいえるべきアイテムです。

生地はバーバリークロスのような高級感があるものではありませんが、軍の厳しい環境にも耐えられるようにガシガシっとした生地で作られています。

またミリタリーらしいベージュとカーキとも言えないグレーがかったアンニュイなカラーも雰囲気抜群。

買ったときはオーバーサイズ過ぎて持て余していたんですが、ビッグシルエット全盛期の今見るとこれがまたいい感じ。

f:id:boochifashion:20171115220141j:image

▲背中のベルトは外して使っている

取り外し可能なライナーも入っているので見た目以上に防寒性もあります。

着させられた感が強くて袖丈や袖幅もお直しに出そうと思っていたんですが大振りに着るならこのくらいでもいいかなと思って結局直してません。

 

アメカジはGAPが強い

f:id:boochifashion:20171113171717j:image

▲GAP / 1969 icon stretch denim jacket

中のデニムジャケットはGAP。

1、2年前にたまたまGAPを通りかかったら50%オフセールやってたので入ってみたらこのGジャンを見かけて買ったもの。

これが良いという前情報は持ってはいたんですが、実際、多色展開でユーズド加工も本格的な作り。

ファストファッションにしては手が込んでいます。

まあ元値が1万弱なら当たり前かもしれませんが、Gジャンの場合古着以外で探すとなると結構苦労するので。

ただあとから知ったんですが、GAPってユニクロ以上に殺人的なセールを頻繁に行ってるみたいですね。

たまにのぞいてみてもいいかも。

関係ないですが個人的には最近アメカジ、アイビーファッションが気になっていたりします。

アメカジ全開のGAPもまた行ってみようかしらなんて思ったり。

 

端正なカジュアルシャツ

f:id:boochifashion:20171113171732j:image

▲ADAM ET ROPE' / BASIC STANDARDシャツ

白シャツですが、今回使用したのはアダムエロペのスタンダードシャツ。

洗いざらしではなくキメの細かいドレッシーなシャツを探していたのですが、ようやく見つけたのがこれ。

ビジネスシャツのように硬くしなやかな高白色の生地ながら、着丈が短めでタックアウトできカジュアルの中でも使えるアイテムです。

ですが襟も小ぶりで品が良く、クリーンな印象。

なのでジャケットに入れてノータイスタイルにも適しています。

しかもアンダー1万円で普段使いに遠慮がいらないと(←重要)

自分はシャツをよく着るんですが、そのせいか消耗が早いんですよね汗

安心してヘビーローテーションできますし、イージーケア仕様でアイロンに精を出さなくて済むのもかなり嬉しいところ。

またアダムエロペにしては珍しく3サイズ展開で万人におすすめです。

 

Epilogue

僕はコーデを撮って数日経ってから見直すと「ああこのコーデダメだな」ってことが実はほとんどです。

後から見直して良いと思ったコーデは本当に数える程度だったりします。

音楽やデザイン作ったりするときそうなんですけど、作ったりしてる最中は最高だななんて思ってるのに、一晩寝かせるとイマイチに感じるこの現象、なにか名前ないのでしょうか笑

御多分に洩れずこのコーデもイマイチまでとはいかずとも全体的に色が淡くなってしまって春っぽくなってしまったのが今回の反省点かなと。

f:id:boochifashion:20171119151636j:image

▲アイテムの素材、色の春感が強すぎたか…

コートが普通のベージュと比べても暗く、ロング丈でシルエットももっさりしてるので明るい色のアイテムを多めにいれて軽やかさを出そうしたのが裏目にでてしまいました。

そもそもニットを使わないと秋冬は難しいですね。

より秋冬らしくするためにマフラーやボトムスをトレンド感のあるツイーディーなチェック柄にしたり、コーデュロイなどの秋冬らしい素材や色、柄を使っても良かったかもしれませんね。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。