ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

UNIQLO・GU新作チェック&レビュー【2017/8/21〜】

f:id:boochifashion:20170713221819p:plain

この記事では主に毎週発売されるユニクロの新作アイテムを当ブログ管理人のまひろが軽く紹介、レビューしていきます。(たまにGUも)

一つの記事にするほどではないなというアイテムや万人におすすめはできないけど良さげなアイテム、はたまた買ってはいけない地雷アイテムといったようなものも全て取り上げるので参考にしてみてください。

まひろが実際買ったようなアイテムなどおすすめできるものはこの記事でも取り扱いますが、別途の1つの記事として取り上げる場合もあります。

できるだけ全部アイテムを取り上げますが、UTやユニクロロゴ付スポーツ用品、ビジネスアイテム、ルームウェア、その他オンライン限定商品等は割愛させていただく場合もあるのでご容赦を。

 

イネス、アンダーソン、Uの3大コラボを控え熱が高まってきた今、秋物も順調に揃え得てきており、テンションもあがってきますね。

今回は先週見逃していたアイテムを中心にチェック&レビューを行っていきます。

それではさっそく見ていきます!

 

ラムウールニットシリーズ

エクストラファインメリノと対をなすような毎年定番のウールニットです。

薄手のメリノウールとはちがい、ラムウールは厚手のタイプのニット。

エクストラファインメリノは色もよくツヤがあるので目で見て高級感が分かりやすいのですが、こちらはケバケバのゴワゴワで安っぽさを感じやすいのであまり取り立てられることも少ないような…

が、今年は円安の影響で原価率が上がりユニクロでも質の低下が感じられるアイテムが多い中、このラムウールは去年に比べ良くなっている印象を受けました。

前は本当に毛むくじゃらなイメージだったんですが、今年はラムウールらしいふわふわ感はありながら目が詰まってガッシリと厚手で密度があり毛羽立ちが少なく感じました。(というか正直去年はあんまり見てなかったというのもある汗)

あともっさりしたデザインなんですが逆にそれが今年のトレンドの潮流とあっているかなと。

なにより色が良いですよね。

糸が単色では同じ色でも白っぽい糸など混じった杢糸で編まれており、エクストラファインメリノでは感じられない暖かみのある色に仕上がっています。

個人的に気になったのがカーディガンのオリーブやダークオレンジ。

ラムウールニットシリーズ

オリーブは知的さと可愛さを感じられる色。

メガネ男子におすすめしたいです笑

白シャツやギンガムチェックシャツと合わせたいですね。

ダークオレンジはいい意味で「ダサい」。

レトロ感のあるおじくさい感じが逆に今っぽいですよね。

決して高級感があるわけじゃないんですが、古着やビンテージのような優しさ・ぬくもりを感じる風合いになっています。

逆に言えば貧乏くささやおじくささのあるアイテムで羽織れば簡単におしゃれできるようなアイテムでもないんですが、個人的には好印象でした。

ボタンが妙に浮いて感じるのだけがマイナスポイント。

ラム独特の匂いもあるので苦手な人もいるかも。

超おすすめ!っていうほどでもないんですが、ベーシックな雰囲気が好きな人は是非。

 

トラックジャケット(長袖)+E

トラックジャケットはようはハイネックのジャージです。

春のUでも出ていましたが、こういった首元までジップがあるトラックジャケットはトレンドの1つ。

トレンチコートなどのインナーに挟むとなぜかカッコいいんですよね。

ただこのトラックジャケットは素材がユニクロお得意のドライEX系の素材で生地や色が安っぽいので、本当にスポーツ店に売っているようなランニング用のやつにしか見えないです。

ユニクロ的にはトレンド要素も盛り込んでおしゃれな人にもスポーツする人に需要を見込んで作ったんでしょうが正直中途半端かなと。

デザイン性があればアウターとして着ても「ダサかっこよさ」があるんですが、これは本当にダサいとしか。

 

フリースフルジップジャケット(長袖)

もはやユニクロのダサいイメージの代名詞の一つのフリース。

色展開は豊富ですが素材もペラペラで安っぽいし、世間のイメージ的におしゃれに見せるのは難しいでしょう。

杢柄のやつはマジでアウトです。

小学生やおじいちゃん、はたまた服に無頓着な人が着てるイメージしかないです。

僕も子どものころはお世話になりましたし、暖かくて軽いので便利なのは認めますけどね笑

 

シルキーフリースジャケット(長袖)

こっちは新作のフリースをもっとモコモコのボアにしたバージョン。

フリースってユニクロのせいでダサい感じになってますけど、実は元々ミリタリーやアウトドア系にルーツのあるかっこいいアイテムなんです。

(ここの古着屋さんミリタリーアイテムやリーバイス501とかの古着をモダンなシルエットにリメイクして売っていたりして、ビンテージや古着の趣がありながら今っぽく着れるかっこいいアイテムが揃っているのでおすすめです。)

アウトドアだとパタゴニアのフリースとか有名だったりしますよね。

このシルキーフリースジャケットは古着っぽさがありそういう流れを汲んだようなアイテム。

最近はレトロな雰囲気がトレンドということもあり、ハイネックでアウターとしてサマに見せやすい(どんなアイテムでもノーカラーは難しいんです)し意外とアリなんじゃないかなとおもっていたんですが…

実物は思った以上に毛足が長くジップが安っぽいので、ビンテージというより本当にただ貧乏くさい感じになりそう。

前にモコモコアウターを着た女子を「ドフラミンゴ系女子」なんて揶揄されてましたが、これはまさにそんな感じでバカにされかねない感じ(笑)

カーキとか色は良いんですけどねぇ…

 

(GU)マウンテンパーカ

定番のGUのマンパ。

GUのアウターってペラペラなイメージしかないんですが、これ結構ハリがあって良いです。

ドローストリング機能や手首周りを絞れるベルクロがちゃんとついていたり本当にベーシックな作りです。

バイカラーなのが唯一微妙なところ。

色がちょっと子どもっぽいかな。

単色だったら良かったかも。

 

(GU)アクティブスウェットフルジップパーカ(長袖)

これは上のマウンテンパーカのスウェットバージョンです。

正直言って生地の切り替えがダサいし、生地やデザインがかなり子供っぽいのでこれはないです。

 

(GU)中綿ベスト

同じくアウトドア系のアイテムであるダウンベスト。

去年は中綿もスカスカで、生地もかなり安っぽい印象でこれはないな~って感じだったんですが、今年は中綿もボリュームアップし生地もマットな質感にバージョンアップしており、安っぽさが薄れてかなりいい感じです。

シルエットもスッキリしていて安いダウンベストならユニクロに引けをとらないと思います。(ユニクロは去年のやつの記憶とくらべてですけど)

ユニクロは首周りがハイネックでGUのはフードなので、GUのほうが若々しくスポーティな印象ですね。

GUの中では良品だと思いますが、今年もユニクロからも出るとは思いますし、着れる時期を考えても買うのはそれと比べてからでも遅くないかも。

 

(GU)フランネルチェックシャツ(長袖)

GUのシャツって縫製が甘くてちょっと着るには抵抗あるようなアイテムばっかりだったんですが、最近は襟周りも形もきれいでデザインも良くなっていますね。

特にGUのシャツはポケットの安っぽさが気になるんですがこれは及第点といったところ。

フランネルシャツって元々厚手のシャツではあるんですが、厚すぎると野暮ったいし、ペラすぎつとヨレっとして安っぽいしでこれまた難しいんですが、生地がペラペラになりがちなGUが作ると今年はたまたまうまい具合にちょうどいい厚さに仕上がっているんですよね。

あと去年は生地感も毛羽立っていて安っぽいなという印象だったんですが、今年は程よいさらっとした起毛感でいい感じ。

シルエットもユニクロのような中途半端に緩くて裾が長くよれっとした感じではなく、今っぽさのあるややゆったりしたビッグシルエットの作りながらGUのシャツらしく着丈短め、タックアウトしやすい緩やかなラウンドカットで使いやすいです。

特に今年はブリティッシュなグレンチェックがアツいんですが、久しぶりに僕もGUでこれ1枚買ってしまいました。

カジュアルなフランネルシャツもグレンチェックだとシックに。

柄物は手が出しにくいところではあるんですが、GUだと手軽に試せていいですよね。

 

(GU)ストレッチコットンクライミングパンツ

ウェビングベルトや開脚しやすい股下のマチがグラミチを彷彿とさせるクライミングパンツ。

最近、グラミチのパンツはセレショなどでも別注をかけたりしていてよく見ますね。

GUのクライミングパンツはシルエットは普通。

試しに足も広げてみましたがまあ普通のパンツよりは広げやすいかな、程度。

生地は悪くはないんですけどね。

これは上の画像はチノパンですがデニムタイプもありますね。

まあこれはいかにもイージーデニムという感じでちょっといただけないかな。

プラの部分も強度がちょっと不安。

そういえば春のユニクロUでも似たのがありましたね。

あれの下位互換みたいな感じですね。

 

(GU)ダービーシューズ

革靴に手が出せないなんて人におすすめしたいのがこちらのダービーシューズ。

すっきりしたシルエットで案外使いやすく、スウェード風で革質も合皮だとバレにくいのが特徴。

今まではブラックでも中がキャメルだったんですが、今年から全てブラックになり、よりシックになりました。

足を入れてもこのキャメル色の部分が微妙に隙間から見えて安っぽさが出てたりしたのでこれは嬉しいですね。

あとコバの部分も白いステッチも隠れてますね。

ただフォルムが前より丸くなりましたね。

↓これが前の。

f:id:boochifashion:20170827220230j:plainこれらは2015-2016AW(左)と2016-2017AW(右)のときのもの

↓これが今年の。

f:id:boochifashion:20170827175340j:plain2017ver つま先を見るとより丸くなっているのが分かる

個人的にはこのラストは好きですけどね。

シュッとしたほうが好みの人はイマイチかも。

 

ローファーもありこっちもいい感じ。

ローファーは市場にスウェードタイプも多いので使いやすいですね。

 

そしてダービーシューズ、ローファーの他に今年からUチップが登場しました。(記憶違いでなければたしか去年はなかったはず…あったらごめんなさい)

Uチップは今年トレンドですしね。

正直、スウェードではなくスムースレザーの方は合皮感丸出しだったのですが、今年のはイケるんじゃないと思ってしまいました。(画像だとテカテカしてますが実物の方がむしろマシな印象でした)

前は本当にツルツルっていう感じだったんですが、前よりムラのあるマットな仕上げでこの値段ならかなり健闘してるんじゃないかと思います。

まあブラウン系はモロに分かってしまうのですが、色が潰れて分かりにくい黒に関しては及第点だと思います。

Uチップといえばパラブーツのシャンボートなどが有名ですが、あれ数万円の世界ですからね。

これはその10分1以下の値段…

本当は縫製などの仕上げうんぬんあるんですが、この値段でケチをつける気になりません。

もちろん買えるならちゃんとしたやつを買った方がいいのに越したことはないのですが、中高生など本当に厳しいという人もいるでしょうしいいんじゃないでしょうか。

そういう意味でおすすめです。

 

まとめ

今年もGUはデザイン面でかなりレベルアップしてきている印象を受けました。

一方、ユニクロは原材料の高騰などの影響にちょっと苦しんでる印象。

来週はイネスコラボの発売ですので期待したいですね、

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。