ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

UNIQLO・GU新作チェック&レビュー【2017/8/14〜】

f:id:boochifashion:20170713221819p:plain

この記事では主に毎週発売されるユニクロの新作アイテムを当ブログ管理人のまひろが軽く紹介、レビューしていきます。(たまにGUも)

一つの記事にするほどではないなというアイテムや万人におすすめはできないけど良さげなアイテム、はたまた買ってはいけない地雷アイテムといったようなものも全て取り上げるので参考にしてみてください。

まひろが実際買ったようなアイテムなどおすすめできるものはこの記事でも取り扱いますが、別途の1つの記事として取り上げる場合もあります。

できるだけ全部アイテムを取り上げますが、UTやユニクロロゴ付スポーツ用品、ビジネスアイテム、ルームウェア、その他オンライン限定商品等は割愛させていただく場合もあるのでご容赦を。

 

お盆も過ぎていかがでしょうか。

今年は例年より雨が続く日も多く涼しかったですね。

これから暑くなるなんてことも聞きますが…。

ですが長い夏ももう少し、頑張りましょう。

先週、今週とあまり変わり映えしないようなライナップだったので今回はちょいと少なめですが、それでは見ていきます!

 

SPRZ NYコーチジャケット

これ書きたいがためにこの記事を書き始めたようなところはあります。

UT系シリーズの中にさらっと新しくコーチジャケット出てるんです。

ユニクロU以外でコーチジャケットを出すのはここ最近だと初めてかと。(昔あったのがどうかまでは把握してませんが…)

ストリート系が最近のトレンドでしたから、その代表的なアウターをユニクロもワンテンポ遅れて出してきたというところでしょう。

 

今回はストリートのイメージが強いニューヨークのSPRZシリーズのデザイナーとコラボすることによって、コーチジャケットのストリートらしさをうまく出せてるのがいいところです。

変にワンポイントつけたりするとダサくもなったりするんですが、ここはうまくデザイナーを起用できてますね。

 

アンディウォーホルのやつが個人的には好き。

バックのデザインが花のような柄なんですが…

最初画像で見たときどうかな〜と思っていたんですが、実際見ると黒でシックにまとめられているのでそこまで悪目立ちせず適度なアクセントになっているので案外悪くないと思いました。

生地も安いやつによくある透け透けのペラペラなやつではなく、普通のコーチジャケットです。

シンプルな無地な方がいいと好みが分かれるかもしれませんが、僕は好きですね。

ただユニクロが柄物作るとユニクロだとバレたり被ったりするのは必至ですね。

コーチジャケット被るって反骨精神のストリート出自からいってもあれな気がしますし(流行ってる時点でアウトだけど)、そもそもユニフォームみたいになるので避けたいところ…悩ましい(笑)

 

ストレッチウールジャケット(オールシーズン)+

これは「Super 110's」というこの価格ならありえないほどの高級ウールを使ったユニクロ定番の本格派テーラードジャケット。

ちなみに「Super」は糸の細さを表す指標のことです。(厳密には「原毛1キログラムでどれくらいの長さの糸を作ることができるか」らしいです。デニムの生地の厚さをオンスで考えるのと似たようなものですね。)

そしてその数値が大きいほど糸が細いことを表します。

糸が細いほど何がいいかというと、ツヤが強くなったり生地が滑らかになってドレッシーになります。

ただ細すぎると脆くデリケートになり、日常使いに適さなくなってくるので、ユニクロで買うレベルであればSuper 110'sくらいが適当というでしょうね。

 

ちなみにこのストレッチウールジャケットはスリムタイプも出ています。

まあスリムといってもめちゃくちゃ細身で形がよくなっているわけでもないんですけどね。

ユニクロの中で「ちゃんとした」テーラードジャケットはこのラインナップだけなんですが、ビジネス用途の印象が強く、この値段ならセレショでも買えてしまうな価格帯なので、わざわざ買うかといわれると(汗)

しかも前より質落ちた…?

こんなポリ感強かったけかな~。

じゃあジャケットはどこのがいいのかっていうのはまた秋に有名セレクトショップ中心に紹介しようかなと考えてるところです。

 

ウールブレンドコンフォートジャケット

これは今まで展開していたコンフォートジャケットの生地がウールブレンドとなった新作。

画像だとわかりにくいですが、ウールブレンドなので見た目はかなりもっさり。

イメージ的にはピーコートに近いかな。

今までのコンフォートジャケットの秋冬版というより完全に別物ですねこれは。

もっさりしていておじさんくさいうえに(流行的にはそういうのもありかもしれないけど)、生地もかなりケバケバのゴワゴワで安っぽさが否めないかと。

 

ウールカシミヤチェスターコート

すっかり定番のチェスターコート。

というかウールコートなのに出すの早くないですか。

別にユニクロだし早くに売り切れるわけでもなさそうだし今から買う人いるのだろうか…。

まあ夏も飽きたのでアウター見れると気分的にはテンション上がりますけど(笑)

去年は割とよかった記憶あるんですが、今年もよさそう。

なめらかなカシミヤ混でこの値段なら特に文句はないはず。(画像だとつやつやですけど実物はそこまでではありません。)

ケチをつけるならボタンが安っぽいことかなと。

あと着丈が短くなった?と思ったらやっぱり3cm短くなってるみたいです。

今までおじさんくさいとか言われてましたからね…。

だいぶチェスターコートも成熟してきて持ってる人も多いでしょうし、この値段ならキャメルやチェック(08 DARK GRAYだけチェック柄になってます)も挑戦するのにはちょうどいいかもしれませんね。(もはや今年はもう気分じゃないなんて人もでてきそう。メンズアウターの定番アイテムなので恥ずかしくて着れない、なんてことはないとは思いますが。)

 

スウェードタッチリブブルゾン

これたしかMA-1の流行りの流れで去年も出てましたね。

去年はあんまり良かったという記憶はないんですが今年のは結構いいです。

フェイクレザーですが合皮と気になるようなことはなく、スウェードらしい白っぽさのあるぬめっとした質感がグッド。

ややもっさりしたシルエットで色も相まっておじさんぽい感じですがそれはそれで今っぽい。

ただ商品説明に「ハリ感を持たせ、シルエットが流れない素材にアップデート」とありますが、ハリ感というよりゴワゴワというか。

表地はさらっとしているんですが、裏地が硬く、そのせいでゴワゴワしていてディスプレイの時点で表地がそれに負けてシワがついちゃっていました。

そのせいで逆に安っぽさが。

個人的には全体的になめらかな生地にした方がよかったんじゃないかと思いますね。

 

ファインクロスストレッチスリムフィットドビーシャツ(長袖)

久しぶりにユニクロのビジネス系のシャツみたんですが、こんなレベル高かったっけていうくらいびっくりしました。

ツヤたっぷりで色味や襟周りの形もきれい。

秋冬に向けてドレッシーなシャツ1枚欲しいなと思っていたんですが、「あれ、これでよくない?」とまで思ってしまいました。

 

特にこのオックスフォードシャツは、オックスフォードなのに同シリーズのブロードシャツよりキメが細かく光沢がありなめらか。(ロイヤルオックスってやつですね)

オックスフォードなので生地も厚く、この値段でいいの?というレベル。

 

ただ欠点があって色がビジネスっぽいこと。

個人的にはサックスブルーを狙っているんですが、どれも色がやや青みが強くて…

ブロードシャツだけは色が良かったんですが、オックスフォードやドビーのほうがレベルが高くて、う~ん(笑)

それにドレスシャツにポケットがついているのもビジネスっぽいですよね。

というかそれ以前に最大の欠点が着丈。

完全にタックイン前提の作りなので着丈が長く、裾周りの形もタックアウトして着ると仕事終わりのごとくだらしなく見えるので、私服に着るには厳しいですね…

着丈も補正できるようになるといいと思うんですけどね~(マイユニクロなるサービスだとできるらしい?できるのが主に東京のお店にしかないっぽいのであんまり実用的ではなさそう。)

ドレスシャツってやはりこの価格帯だとビジネス向けなので、カジュアルに着れるドレスシャツとなると探すのが大変。

実は今度のイネスコラボのシャツがまさにそんな雰囲気のシャツなんじゃないかとこっそり期待しているんですが…

それはまた実物を見てからまた評価したいとおもいます。

都合で発売日には見れなさそうなんですが、イネスもアンダーソンもUももちろんすべて全アイテムレビューするつもりですのでお楽しみに。

 

(GU)デニムジャケット

相変わらずペラペラなGUのデニムジャケット。

この値段だすならユニクロのほうがデニムジャケットとして形を成しているので特段お金がなくて買えないということ以外ならあまり価値がないかなと。

唯一あるとしたらユニクロにはないブラックデニムがあることくらいかな。

前はユニクロにもないハイブリーチデニムがあってそっちは加工感的にも悪くなかったんですが今回はないので価値も半減といったところ。

 

(GU)レザータッチバイカーブルゾン

ユニクロに続いてGUも出してきましたライダースジャケット。(GUは去年も出してたけど)

今年はライダースジャケットの盛り上がりが最高潮になりそう。

このライダースジャケットはGUのアウターらしく(?)びっくりするぐらいペラペラなんですけど、フェイクレザーの質感はシボ感やヴィンテージライクなシワがはいっていてこなれ感があり、ラムレザーのようなトロッとした感じもあり(ペラペラなせいか)結構よさげ。

やはりGUはフェイクレザー強い。

ユニクロのライダースは生地はしっかりしてるけど合皮感が強かったので、ユニクロとGUのいいところ足して2で割ったら、フェイクレザーのライダースとしてのレベルは高かったかもしれない(笑)

う~んなんで両極端なんだ。

 

(GU)MA-1ブルゾン

格安のMA-1としてGUの中でも人気の高い定番ブルゾン。

ただこんな生地がポリ感強かったっけかな…?

例えるならウィンドブレーカーみたいな生地です。

ただ皮肉にもこの生地から生み出される色味と光沢感が案外良かったりして。

特にブラウンは実物はピンクっぽい色味が入ったような感じでちょっと今っぽさを感じます。

遠目からみたらモード系のショップにありそうなブルゾンの雰囲気です。

イメージ的にはレディースに売ってるサテンブルゾンに近いかな。

生地は触ると正直安っぽいですけど、MA-1としてではなくこういうブルゾンだと思えば悪くないと思います。

 

おわりに

今回は少ないですがこのくらいで。

新作は全部チェックしたつもりがGUの方結構抜けてたのでまた次回に回します…!

やっぱり秋冬はテンション上がりますね。

僕もテンションあがって散財気味…

買い物は計画立ててしましょうね!

みなさんも物欲にはお気をつけて(笑)

それではまた次回。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。