ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

UNIQLO・GU新作チェック&レビュー【2017/7/31〜】

f:id:boochifashion:20170713221819p:plain

この記事では主に毎週発売されるユニクロの新作アイテムを当ブログ管理人のまひろが軽く紹介、レビューしていきます。(たまにGUも)

一つの記事にするほどではないなというアイテムや万人におすすめはできないけど良さげなアイテム、はたまた買ってはいけない地雷アイテムといったようなものも全て取り上げるので参考にしてみてください。

まひろが実際買ったようなアイテムなどおすすめできるものはこの記事でも取り扱いますが、別途の1つの記事として取り上げる場合もあります。

できるだけ全部アイテムを取り上げますが、UTやユニクロロゴ付スポーツ用品、ビジネスアイテム、ルームウェア、その他オンライン限定商品等は割愛させていただく場合もあるのでご容赦を。


気づけば今年も8月もなりましたね。

僕も学生として楽しめそうな夏休み最後なので、今まで更新できていなかった分テンポよくあげれていければなと思います。

先週はテストで全く更新していなかったので、先週の新作発売分も含めてガンガンチェック&レビューしていきますよ~

それでは見ていきましょう!

 

ソフトタッチT(長袖)

毎年秋冬に出している定番のTシャツです。

今年は例年より起毛感が減って普通のTシャツぽさが強くなった気がします。

1500円くらいのイメージだったけど前から1000円でしたっけ??

なめらかな肌触りが特徴で秋冬に使えるインナーとして特にハイネックは一枚は持っておいて損はないかと。

このシリーズは洗濯するとヨレヨレになるのでワンシーズンしか使えませんが、その分毎年だしてくれるので僕も毎回買いなおしています。

ただこのシリーズは袖が緩くつくられていて一枚だとサマになりにくいので、アウターの中にインナーとして使うのが吉です。(ユニクロの公式のモデル着画でさえ腕まくりしてるのはそういうこと)

ハイネックは今までリブ袖で一枚でも着やすくインナーにも干渉しにくくてよかったんんですが、去年から他と合わせて普通のだらんとした袖口になってしまっています。

今年もやはり元には戻らず…残念。

ただでさえ洗濯するとビロンビロンになりやすいのでこれはなんとかしてほしい。

 

ウォッシュボーダーT(長袖)

こちらも定番のウォッシュボーダーT 。

ウォッシュTは春夏と秋冬で生地感が異なっており、春夏は薄手でなめらか、秋冬は中肉でガッシリとした生地。

全然悪くはないんですが、ガシガシとした生地だと今年の無印の太番手のカットソーの出来が良かっただけにそれと比べてしまうと、やや劣ってしまうかなという感じ。

どこがって言われると難しいんですけど…無印の方がパキっとすっきりしていて、ユニクロのはゆったりとリラックス感が強いというか。

といってもユニクロの中だと良い方のアイテムですし、パネルボーダーやワイドボーダー、クルーネックにボートネックと展開が豊富なことから、そこを決め手に選んでも良いかもしれませんね。

 

フランネルシャツ(長袖)

ユニクロお得意のフランネルシャツは今年もカラーや柄が豊富に展開されています。

肌触りのいいなめらかな起毛感のある生地がこの値段で出せるのだから驚き。

まあとはいってもユニクロのチェックシャツは毎度のごとく長めの着丈でヨレッとしやすく、中学生やオタクが着ているようなイメージになりかねないので難しいんですが…

あとなぜか今年はスタンドカラーはオンライン限定になっちゃいましたね。

これ去年見たときはキャメルとかボルドーとか色も良くて悪くなかった気がするんですけど、そんな売れなかったのかな。(売れ残りが多かったアイテムはオンライン限定に回されてる印象)

しかも色展開がイマイチになっているし…汗

ところで2017AWはユニクロもJ.W.アンダーソンとのコラボしたり、H&Mもアーデムとコラボしたりと実はいずれもロンドン発のデザイナーだったりして、今年の秋冬はブリティッシュっぽいクラシカルな格好が流行りそう。(もっと根本的なことをいうとコレクションショーのアイテムをぱっと見てもクラシカルなデザインのアイテムが多いです)

というわけで今年はこんなフランネルのチェックシャツもいつも以上に流行るかもしれませんね。

 

コットンカシミヤケーブルクルーネックセーター(長袖)

カシミヤ混で生地も良くていいんですが、いかんせん着ている人が多いのが難点のアイテム。

ですが今年は発色も良く、特に注目したいのがイエローとピンク。

イエローはたまごのような色味で今年らしい大胆な差し色として活躍しそう。

メンズでもピンクは今年のトレンドですが、ややくすんだ色味で男でも使いやすいですね。

人との被りが気になるアイテムですがこの2枚はチェックしといてもいいかもしれません。

 

エクストラファインメリノニット

ユニクロの中でも圧倒的なコスパを感じられるのが「エクストラファインメリノニット」シリーズ。

去年はなぜかクルーネックがオンライン限定だったんですが、今年はちゃんと店舗販売されるようになりました。

これはありがたい。

色もクルーネックのオレンジやVネックのパープルなどトレンドカラーも展開されているのもうれしいですね。

ただ昨今の原材料費の高騰の影響か今年はツヤがいつもより控えめな感じも受けます。

インナーの2枚入りだったスーピマコットンフライスTも何気なく普通のコットンの4枚入りに切り替わってますし、今年は特に厳しいんでしょう。

以前変に高級志向化して失敗してるので、値上げはせずにやりくりする方向性なんだと思います。

レディースのエクストラファインメリノは遠目から見ても分かるほどのツヤを有しているので、ツヤ感を求めるならそっちもアリ。

そのかわりメンズより着丈が短く薄手なのが欠点ですが…

あと注目したいのが今年からニットポロが出たこと。

今年はポロシャツがじわじわきているので(ニットポロは特に)、結構よさそう。

さすがに変わり種なだけにユニクロも弱気なのかオンライン限定ですが。

そういえばエクストラファインメリノのニットポロといえば去年のUniqlo Uでも出ていましたね。

これUNIQLO Uの中でも個人的に当たりの商品で、ポロが苦手な自分でも使いやすくてよかったんですね。

こうして写真見比べてみてもほぼ一緒。

リブがあるかないかくらいでしょうか。

個人的にはもっとオレンジやパープルの色展開があってもおもしろそうだと思うんですけど、オンライン限定で色も無難なダークトーン中心なのでユニクロも慎重な様子ですね。

 

ネオレザースタジアムジャンパー

今年からメンズでも展開始めたネオレザーシリーズ4種類目のアウターですね。

ライダースは全体にフェイクレザーを使っていたせいか安っぽさが否めませんでしたが、スタジャンは腕だけなのでこちらはまだマシかな。

そもそもライダースは革ありきみたいなところありますが、スタジャンは革だけが主体というわけでもないので。

胴回りは毛羽立ちのあるウール混仕立てでこの値段なら意外と悪くないんじゃないかなと。

スタジャンでもラインやワッペンが入っていたり、切り替えの色差が大きいものだと少年ぽくなりますが(それもそれでスタジャンらしくていいんですけど)、これはシンプルで男っぽく無骨に着れますね。

そうそう、こういうイメージ。

ウールで厚みがあるので着れるのはライダースに比べてもずっと先になると思いますが…。

 

(GU)スエードタッチバイカーブルゾン

GUも今年もライダース出してきました(去年も出してたけど)

GUのほうが合皮に力を入れているせいか合皮のスエードに関してはユニクロより意外と良かったりするんですけど、これは合皮うんぬんの前にステッチが悪目立ちしており、縫製の雑さなど安っぽさが目立ちます。

本物のスエードのライダースだとなかなか手に出しにくいという点で、挑戦しやすい価格帯なのはいいんですが…

 

(GU)デニムライクシリーズ

このGUのデニム、レベルが上がりましたね。

「デニム」としてというより「デニムライク」としてのレベルですけど。

前はのっぺりした感じだったんですけど、複雑な色味になり色もよくなりツヤもあります。

同様にデニムのセットアップも出ていますが、こちらも以前春先に出ていましたが、かなりアップデートされてます。

このデニムのセットアップはZARAとかにありそうな雰囲気です。

普通のデニムライクのスラックスも出てますが上のジョガーパンツと合わせても良さそう。

 

(GU)カットソージャケット&トラウザー

セットアップの話が出たので、今度はカットソータイプのこちら。

今季はかなりセットアップに力を入れている雰囲気があって、めちゃくちゃレベルが上がってます。

さすがにジャケットは仕立てがファストファッションっぽいんですが、ボトムスに関しては本当に頭が上がらないレベル。

このカットソートラウザーは柔らかい生地で流行りのイージースラックスとして申し分なく使えます。

裾にかけて細くなるテーパードシルエットですっきり履けます。

GUの中の黒のスラックスではこれがおすすめ。

 

(GU)テーラードジャケット&テーパードトラウザー

続いてこちらはウールライクのタイプ。

こちらもやはり仕立てなどの安っぽさは否めないんですが、シルエットも細身で好印象。

そして特に注目すべきはチェックタイプ。

フランネルシャツのときにも述べましたが、今年のAWは英国風なものが流行りそうで、やはりGUでもレディースを今までから刷新し 「THE GENTLE WOMAN」というテーマでグレンチェック、ダブルブレストというアイテムを使ってクラシカルな雰囲気を押し出しています。

その流れがメンズにもきてるのかどうか分かりませんが、上のチェック柄のジャケットを出したり、ストライプのセットアップも出ています。(前も出てたけどいつもより押し出してる気がする)

柄物はちょっと手が出しにくい人も多いと思いますが、この値段なら挑戦しやすいのでは?

 

そしてボトムスですがGUのスラックスの中でも特にこのテーパードトラウザーはおすすめです。

毎回同じ名前のボトムスを出していますが今回のは断トツで良いです。(同じ名前でも全然素材感が違う)

今までのはポリエステルの化繊スラックス感はどうしても出ていたんですが、毛羽立ちや光沢感、落ち感のウールっぽさが今までで一番近くなっています。

明るすぎないネイビーや渋さのあるブラウンなど色味もグッド。

ただし相変わらずグレーだけは安っぽいので避けた方がいいかも(GUはグレーが鬼門だなとつくづく)

 

(GU)ストレッチトラウザーCL

こっちは同じトラウザーでもチノパン系のトラウザー。

GUのジーンズやチノパンは生地はペラペラで安っぽさが否めないんですが、これはなぜか力が入ってます。

ユニクロのチノパンに近く、白みがかった起毛感のある肌触りの良いヌメッとした生地。

良い意味でGUっぽくないですね。

シルエットがテーパードトラウザーなどと比べてやや太めなのが欠点なんですが、秋らしいカラーがそろっているのでカラーパンツとして投入するのに良さそう。

カラーパンツってトップスに比べてお金かけにくいところですからね。

 

(GU)ワイドパンツ

そうそうチノパンといえばこちら。

ついにGUのメンズでもトレンドのワイドパンツが出ました。

これはユニクロのワイドチノのようにテーパードがかかった「ワイド(?)」パンツではなく、下までストレートのドカンと太い正真正銘の「ワイド」パンツです。

まあ逆にここまでの土管シルエットのバギーパンツはメンズの場合着こなしにくいんですけどね…

このパンツはハイライズで履いてロールアップしてきれいめに着こなすというより、ローライズでクッションをつけて履いて着こなすようなアイテムだと思います。

 

ちなみにこのチノパン、鬼門のグレーでさえダークトーンで安っぽさがなく「見た目の」質感は上々の出来。

ただ触ってみると笑っちゃうくらいペラペラ。

落ち感のある素材ならペラペラでもストンときれいなシルエットが出ますが、逆に硬いチノ素材の場合、変にペラペラだとただシルエットが崩れてシワクチャになるだけですのし安っぽさも強調されてしまいますしね。

ですが今回チノの他に柔らかめのデニムタイプも出ておりこっちのほうが良さげ。

こっちもデザインのこだわりが感じられ、白ステッチでワーク風のネイビーと古着のように色落ちしたブルーの雰囲気のある2本の展開です。

ウエストもでかめの作りなのでベルトを持っての試着推奨です。

 

(GU)シェルパーカ

今までGUでたびたび似たようなデザインのウィンドウブレーカは出ていましたがさすがにペラペラで素材もデティールちゃっちくて(ユニクロのポケッタブルパーカ未満の印象)スルーしてたんですが、今回ポケッタブルパーカ以上ブロックテックパーカ未満くらいにはレベルアップしたかな。

まだペラペラではあるもののラミネート加工で強度が増しており、フード周りの形もかっこいいです。(地味に止水ジップだったのか…)

マスタードやネイビーの色も良いですね。

GUバレしそうですけど(笑)

 

(GU)ニットスポーツスニーカー

出ましたGUの格安パ〇リスニーカー(笑)

ニット素材のスニーカーといえばナイキのフライニットでしょう。

プラ部分やソールの安っぽさに目をつぶれば黒に関しては案外悪くないですね。

なにせ一桁値段が違いますし。

 

今回はこんなところですかね。

結構新作アイテム多くて書き忘れてるものもある気がしなくもないけど…

それではよいUNIQLO・GUライフをノシ

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。