ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

ショートパンツで乗り切る夏コーデ!おしゃれに着こなすコツ

f:id:boochifashion:20170721152952j:plain

梅雨も明けていよいよ夏本番、ということで今回は暑いこの夏を乗り切るためにショートパンツを使ったコーデを紹介します。

かっこよくみせるのが難しいショートパンツですが、合わせ方のコツも載せていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

トップスは長袖シャツで安定

まず合わせるべきトップスはTシャツではなく断然長袖シャツがおすすめ。

というのもショートパンツのトップスは基本ディテールの多いアイテムの方が合わせやすいからです。

というのもショートパンツは足がスカスカなので上は装飾性やボリュームなど主張のあるアイテムを持ってきた方がメリハリのバランスが取れます

例えばただの白Tなんかと合わせると全体的にのっぺりしすぎてしまうことが多く、ショートパンツが悪目立ちしてしまいます。

なのでTシャツよりもボタンや襟などディテールの多いシャツの方がおすすめというわけです。

そしてショートパンツは子どもっぽく見えてしまいやすいので、大人っぽく見えやすい長袖のシャツなら全てカバーできます。

さらに上のコーデではストライプシャツを着てますが、ストライプなら装飾性も上がり、知的さもプラスできるので実は最適。

 

リネンなら快適

でもさすが夏に長袖は暑いので半袖でもいいんですが、半袖は子どもっぽさが出やすいのでどうせ夏用のシャツを買うならなら長袖のリネンシャツの方が吉。

リネンは夏向けの素材で薄手で風通しの良く汗をかいてもベタつかないので長袖でも比較的快適です。

そして手軽にゲットできるリネンシャツなら無印良品のが個人的にはおすすめ。

リネンと一言で言ってもガサッとしたものから光沢のあるきれいめなものまで様々です。

リネンって本当はお高い素材なので安いと前者の感じになってしまうのですが、無印良品のはどちらかというと後者のに近く滑らかで微かに光沢を感じられる出来になっています。

実はユニクロも似た感じで値段の割に質が高いんですが、無印のヌメッとした光沢感に対し、ユニクロのはどちらかというと擦れてできたようなテカリに近い光沢感なんですよね。

 

ネイビーが1番分かりやすいので見比べてみるといいかもしれません。

あとユニクロのレギュラーカラーって形が個人的に好きじゃないというか…第一ボタンを開けたときの形がイマイチなんですよね。

といっても価格的に考えても、どんぐりの背比べ程度で本当にどっちでもいいくらいの差なんですが…

無印のリネンシャツはベージュが白に近いナチュラルな色味で、白ほどパキッとしてないので色んな色に馴染みやすいのが特長。

なかなかファストファッションにはない雰囲気なので個人的にはおすすめです。

ただ腕回りが緩いのが欠点ですが…(これは安いからシルエットが悪いというより元々ナチュラル系のリネンシャツはリラックス感の強いゆったりした作りが多い)

腕まくり前提なら使えます。

 

シャツの第1ボタンは開ける?

細かいところですけど、シャツの第1ボタンを開けると男っぽくラフでリラックスしたイタリアンな印象に。

f:id:boochifashion:20170721143436j:image

閉めると中性的できっちりとしたフレンチな印象になります。

f:id:boochifashion:20170721154234j:plain

ショートパンツとリネンシャツを合わせる場合、第1ボタンを開けるとリラックス感が強くだらしなくなりすぎることもあります。

まあそれが良いって人もいるので個人の好みにもよりますけど…

開けた方が色気は出ますし。

一般的にシャツの第1ボタンは開ける人の方が多いので個人的には閉めた方がちょっと差もつけやすいしスマートに見えるので好きです。

 

カットソーの前にニット

シャツじゃ暑い!ってときにはどうするか、やはりカットソー(Tシャツ)ではなく半袖のニットがおすすめ。

どうしてもショートパンツとTシャツを合わせると全体的にメリハリがなくのっぺりしてしまうのですが、ニットは編んで作られている分立体感があるので、メリハリがでます。

ニットは色やデザインも豊富で、ニットを使えばちょっとファッショナブルになるのでシャツだとありきたりすぎて…なんてときにおすすめです。

 

合わせやすい靴

今回靴を革靴にしましたが革靴でも案外いけます。

革靴はショートパンツの子どもっぽさをカバーするのに使えます。

ただショートパンツで合わせる靴で気をつけたいのは「色が足に馴染むもの」ことと「フォルムが薄くて細い」ことです。

逆に例えば白スニーカーとかと合わせると顕著なんですが、足元が目立ちやすいショートパンツだと、ただでさえボリューム感のある白スニーカーが余計にボテっとしやすくスタイルが悪く見えやすくなります。

f:id:boochifashion:20170721143611j:image

まるで小学生のように…

ショートパンツに白スニーカーはかなり難易度が高くなります。

では目立ちにくそうな黒の靴はどうかというと…

f:id:boochifashion:20170721143629j:image

実は黒もやはり足の色との差が大きいので目立ちやすく、違和感を覚えやすいです。

白スニーカーよりかはマシですが、足元に黒い物体がくっついているように見えてしまうのが気になります。

そのため靴は足とのコントラストが低い色、例えば茶色やベージュ、グレーなどがベターです

あるいはサンダルはそういった意味で一番合わせやすいアイテムです。

ほとんど素足みたいなものですからね(笑)

f:id:boochifashion:20170721154234j:plain

素足の見える面積が大きくなるためサンダルが一番スタイルがよく見えやすいのでサンダル×ショートパンツという鉄板の組み合わせは合理的なんですね。

どうしても足元に白の抜け感がほしいというときは白のサンダルを使うと吉です。

 

でも実はさっきのシャツとのコーデで黒の靴を使っていました。

ショートパンツのためだけに使うベージュなどの靴を買うというのもあまり経済的ではないので、汎用性の高い黒色でもショートパンツに合わせやすく、他にも着回しが効きやすい靴として、このコーデで使っているような「ソールが薄い細身の靴」です。

そのような靴は主張が小さいので変に悪目立ちすることもありません

スニーカーにしてもオールスターのようなローテクスニーカーの方が合わせやすいです。

またスニーカーにしても革靴にしてもスリッポン型なら比較的合わせやすいものが多いですね。

紐がない分簡素になり主張が抑えられるので。

例えばローファーだったりデッキシューズだったりエスパドリーユだったり…(ただしスリッポンでもソールが分厚いもあったりするのでそこは注意)

そして上のコーデで僕が使っているのはオペラシューズ。

見ての通りぺったんこで主張が薄く、革でできているのに軽くて夏の革靴の代用品として便利。

ちなみにこれなんですがスエードではなくスムースレザーの方もあります。

 ただそっちはレディースのパンプスのようでオカマぽく見えやすくなるので、個人的にはスエードのほうが抵抗なく使いやすいと思います。

それにオペラシューズに限らずスムースレザーの革靴は革特有の光沢によって目立ちやすいので(特に黒は)、ショートパンツと合わせにくいですし。

 

Tシャツなら素材・色・形で変化を

ニットも暑すぎて限界!となってしまったらそこはもうTシャツになってしまうんですが…(笑)

定番の白Tはどうしても少年っぽさが出やすく、そもそもおしゃれに興味のない人もしているような格好のため、おしゃれに見せにくいので、トレンドカラーを取り入れたり落ち感のある生地素材を使うと普通のTシャツ×ショートパンツのコーデに差をつけやすくなります

あとネックの形がボートネックやモックネックなどで差をつけるのもいいですね。

スモーキーカラーなら落ち着いて見えるのでおすすめです。

あとバッグなどうまく小物を取り入れるのがコツ。

まあ子供ぽくなってしまうのはしょうがないので割り切ってコーデしたほうがいいかもしれません。

 

ショートパンツなら秋物も先取りできる

夏物に飽きはじめるこの頃ですが、すでに秋物も立ち上がりはじめ、秋冬のアイテムを買ってしまって早く使いたくてうずうずしちゃいますよね。(しないか笑)

そんなとき、実はショートパンツが役に立つことも。

例えば、半袖のトップスでも色が落ちついたブラウンやワインレッドは秋の印象が強めなので、フルレングスのボトムスと合わせると秋感が強すぎて、夏真っ只中に着てるとちょっと暑苦しさが出てしまいます。

着てる本人が我慢できても季節感は大事。

そんなときショートパンツと合わせると…

秋を先取りしつつ季節感は残したコーデになります。(もう少し夏っぽさを出すのにサンダルにすればよかったと撮ったあとちょっと後悔…晩夏くらいならサンダルで初秋くらいならで革靴でいいかも)

ショートパンツなら無理矢理に夏っぽさを引き出してくれるので、夏っぽくない色でも案外まとまります。

 

まとめ

最後にコーデで使ったショートパンツを紹介しておきます。

2つともユニクロで、今買えるユニクロショートパンツの中でおすすめの2つです。

一つ目が以前も紹介した「イージーユーティリティショートパンツ」。

これ今までのユニクロにはなかった生地でできていて、シワ感のある細かい微光沢のあるナイロンなのですがこれがレベルが高い。

色も使いやすく全色おすすめ。

ただこれ素材のせいかサイズの個体差が大きいようで試着して確かめた方がいいです。

 

もう一つが「チノショートパンツ」。

最初はスルーしてたんですが、改めて見てみると意外といいことに気が付きました。(本当にユニクロのチノパンが侮れない)

生地はユニクロのビンテージチノに近く、スエードのようなやや起毛感がある肌触りのいいなめらかな生地です。

そして特におすすめなのがグレー。

グレーのショートパンツってスウェットのような色の薄いものが多く、安っぽいものが多いんですが、これはネズミ色に近く大人っぽさがあります。

そもそもグレーってそのアイテムの値段と安っぽさが直結しやすい色だと思っているんですが、むしろこのチノショートパンツの中なら一番いいと思えました。

ボタンがチープなのが最大の欠点ですが、まあ一応ベルトやトップスで隠れて見えないのでいいかな。

ちなみにやや裾幅細いのでサイズはワンサイズ上がいいかとおもいます。

するとウエストがぶかぶかになりますがベルトをしてウエストの位置を調整すればOK。

 

以上のショートパンツを履くときのポイントをまとめると、「トップスを主張させ、足元はすっきり」、これにつきます。

Yラインシルエットを作るイメージに近いですね。

あとすね毛はボーボーにならない程度に処理しておきましょう

これ一番大事かもしれませんね(笑)

というわけで以上ショートパンツのコーデのコツでした。

暑い今年の夏もショートパンツでもおしゃれに使って乗り切ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。