ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

きれいめに履きたい人のための本格派ミリタリーパンツなら『orSlowファティーグパンツ』で決まり

f:id:boochifashion:20170707030506j:image

どうもこんにちは、まひろです。

 

ワーク・ミリタリー寄りのナチュラル系なファッションな気分の今日このごろ。

そこでふとカーキのストレートパンツが欲しくなったので探していました。

そして個人的にドツボなパンツを見つけてしまい購入したのでご紹介します。

 

【orSlow】SLIM FIT FATIGUE PANTS

それがorSlowというブランドのファティーグパンツです。

orSlowはデニムを中心にワーク・ミリタリーベースの定番服を作っている日本人デザイナーのブランドです。

国産ブランドということでワークミリタリー系でも古き良き感じを保ちつつモダナイズされたシルエットにアレンジされているので抵抗なく着やすくなっています。

 

セレショだとBeamsなどでも扱っているようですね。

僕はBshopというセレクトショップで買いました。

ビショップは無印あたりが好きな人は多分ハマるんじゃないかと。

無印と似たフレンチ系なんだけど無骨なアメリカンっぽいテイストも混じっているような雰囲気の印象です。

値段帯としてはTシャツで5千円〜、シャツやボトムスで1万円〜、アウターで2万円〜、くらいでそりゃ無印と比べたらお高めなんですけど良質なベーシックアイテムを取り揃えています。

 

それで本題のファティーグパンツなんですが、これは名前から分かる通りミリタリーパンツです。

カーキのミリタリーパンツといえばカーゴパンツが代表的なところですが…

カーゴパンツはディティールがゴテゴテしててミリタリー色がかなり強めですよね。

しかし、ファティーグパンツは生地こそ完全にミリタリーなんですが、デザインとしてはすっきりしていてそこまで主張は強くありません。

なので「カーゴは無骨すぎてちょっと…」なんて人も試してみてもいいんじゃないかと思うのがファティーグパンツです。

 

そしてその中でも特にorSlowのスリムフィットファティーグパンツは米軍のデッドストックにあるような変に太すぎすぎるということもなく、かといって趣がなくなってしまうほどスリムすぎるということもなく使いやすいシルエットになっています。

緩くテーパードがかかったストレートシルエットなのでロールアップしたときのシルエットなんか絶妙です。

分かりやすいところでいうとユニクロのヴィンテージチノパンがシルエット的に1番近いかな。

これを思うとユニクロも侮れないなと思ってしまうわけですが、ビンチノと違うのは生地ですね。

横シマが特徴的なバックサテン生地が使われています。

これが普通のチノパンとは違った雰囲気のあるミリタリー色を生み出してくれます。

グッと度の詰まった肉厚な生地なのでデニムのようにガシガシ使い込むほどに味が出そうです。

色味もやや薄めのオリーブなんですがこれも着こなしやすい色です。(僕の撮った写真だと暗く写っちゃってますけどもう実際はもう少し黄緑です汗)

ミリタリーのカーキなんかでよく鉛色が混じったようなものとかあって着こなしにくかったりするんですよね。

あと他にもファティーグパンツは元来、社会の窓の部分がボタンで留めるタイプ(ボタンフライ)なんですが、これは現代的なジッパーフライになっているので抵抗なく使いやすいですね。

 

上で貼ったコーデではTシャツを使いましたが、メンズ定番の白シャツなどシャツとも相性抜群できれいめにまとめることができます。

無印のくたっとしたシャツと合わせると雰囲気が出ますね。

僕はサイズをMで履いてます。

自分は普段ユニクロでボトムスをS~Mで履きますが、いつもと同じサイズ感で大丈夫でした。

Sサイズのほうがお尻まわりのたるみとかもなくシルエット的にはそっちでよかったんですが、今回はやや緩めのパンツがほしかったのでMにしてみました。

 

ユニクロのボトムス3~5本分と考えるとちょっとお値段は張りますが 、カーキのミリタリーパンツを探していて、特にきれいめに履きたい人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。