ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

シンプルだからこそ難しいボーダーT選び!おすすめ3選

f:id:boochifashion:20170624170127j:plain

柄物なのにシンプルでさわやかなボーダーTは無地好きでも1枚は持っておきたいアイテム。

ミニマリストでもワードローブに取り入れている人が多かったりしますよね。

ただシンプルなだけにピンとくるのを選ぶのが難しいアイテムでもあります。

そんなわけで初夏にぴったりなボーダーTを探して最終的に気に入ったものを3つ買ったのでおすすめとしてご紹介します。

 

無印良品

ボーダーといえば外せないのが無印良品。

ボーダーTも数多く展開してますが、特におすすめなのが「太番手」のタイプ。

太番手は太い糸で縫われた厚手の生地でできているんですが、この値段だとは思えないくらいガッシリと肉厚。

硬い生地だと着たときにヨレずにストンと落ちてくれるのでシルエットをきれいに見せてくれます。

あと硬いと着画のようにニットのようにレイヤードもしやすいです。

 

とにかく安くて良いやつと言われたら無印しかないですね。

というか有名どころのセレクトショップは大体回りましたが、この無印を上回るものを探すのがむしろ難しかったくらいです(笑)

3〜4千円以下のボーダーTなら無印で十分だと思います。

5千円くらい出すと無印を越えてくるかなという感じ。

例えばアーバンリサーチやジャーナルスタンダードあたりは良かったですね。

ジャーナルスタンダードは特に見た中でも1番生地が硬くしっかりしてました。

たしか5千なんぼくらいの値段の半袖のボートネックのTシャツで白×ネイビーと白×黒の2色展開みたいなやつだったはずなんですが、ネットのオンラインストアで見つからず…

ここまでくると値段なりの良さが分かりやすいんじゃないかと思います。

 

薄手の生地ならツヤのあるものを選ぶのがポイント。

薄手のはヨレやすく安っぽく見えたり子供っぽく見えやすいんですが、ツヤのあるものなら大人っぽさが出せます。

例えばユナイテッドアローズのこちらは普通のボーダーTながらコットンらしい滑らかでツヤのあるものになっています。

ボーダーの色や幅が無印のやつと被っているので買いませんでしたが、これもおすすめ。

シルエットもクラシカルでゆったりしてるのが今っぽい。

 

あと無印の太番手のやつはボーダーだけでなく無地のもおすすめですよ。

 

ただこの前の無印良品週間で在庫が一気に減ってしまったようです…

といっても無印の店舗在庫検索はあまりあてにならないことが多いので、実際に足を運んで確認してみてください。 

あと色や個体によって生地の柔らかさとかが結構違う気がするので、実物を触って気に入ったものを選ぶのをおすすめします。

 

ABAHOUSE

ボーダーTはどうしても似たり寄ったりになってしまって決め手に欠けてしまい「無印でいっか」という風にどうしてもなってしまったりするんですが、このABAHOUSEのボーダーTは素材で差をつけています。

前回の記事でも素材で差をつけるみたいな記事を書きましたが…

 

www.boochifashion.com

 

シンプルで飽きやすい夏は素材を意識することで簡単に変化をつけることができます。

これは素材がテンセルでできており、サラサラっとしたシャリ感と上品なツヤ感があるアイテムです。

最近流行りのオープンカラーシャツでよく使われているような素材ですね。

さっきも書きましたがどうしてもボーダーTはカジュアルで子供っぽくなりやすいのでこんなドレスのようなツヤのある素材だとそれをカバーしてくれます。

 

ちなみにもう一つ特徴的なのが首回り。

バスクシャツ型のボートネックなんですが、後ろ側から肩にかけてにだけリブ襟がついているんです。

それで肩の部分がフェイクレイヤード的に見えるようになっています。

上のモデルの着画もインナーに黒のTシャツを着てるように見えますよね。

レイヤードを楽しむのもボートネックの良さではありますが、逆にこれはインナーを気にしなくてよいのもポイントです。

どうしてもボートネックはインナーに気をつけないといけないので、下手にエアリズムとか着れないんですよね。

これなら下もエアリズムとかでも気にせず着れますし、これ自体生地が薄手なので真夏でも着やすそう。(まあ化繊は変な汗かきやすかったりしてむしろベトベトで不快ということもありますが…)

本当はこれを見たとき「あと2千円くらい安ければ買いだな」なんて思ったんですが、カーキの色も良くて、こういうのは他に見当たらなかったので思わず買ってしまいました。(今見たらセールかかってる!!泣。というか僕が買ったときは定価で税抜きで8千円くらいだったと思うんだけどな…)

やや値段が高く変化球的なアイテムですが他にないのでおすすめ。

 

変化球的な意味で他におもしろいのがEDIFICEのバスクレイヤーボートネックT。

これは首周りや袖の裏に別布が重ねて縫われており、腕まくりすると裏地が現れてレイヤードを楽しめる、という1枚です。

このレイヤード仕様は好きずきだと思いますが、この裏地の布がシルキーな高級感あるものになっており、裏地を見せても安っぽく、子供っぽくみえないというのがおもしろいところです。

もちろん腕まくりしなければ普通のバスクシャツとしても使えます。

ボーダーTの生地自体もそこそこ厚みのながら滑らかな生地でグッド。

最初触ったときこの厚みでこの生地感はヤバイなと思ったんですが、触ったのが袖の部分で実際は裏の布で二重になってたからでした…汗

そりゃ二重なら厚くもなるでしょうね、と。

いや、十分良いんですけどね、お値段もそこそこですし。

エディフィスは定番の形だけどユニクロ以上の値段を出そうと思ったときにその出した分だけの良さを直接実感しやすいアイテムが多い気がしますね。

 

SAINT JAMES

最後はバスクシャツの大定番のセントジェームス。

定番で紹介するまでもないようなアイテムで申し訳ないんですが、良いものは良いので…(笑)

セントジェームスのバスクシャツはいくつか種類があって、ウエッソン(ギルド)、ナヴァル、ピリアックの3つのラインナップがあります。

夏の時期によく置いてあるのは薄手のピリアックなんですが、今回のおすすめはウエッソン。

全身がボーダーで肉厚な生地が特徴。(ナバルは胴回りだけボーダー)

ちなみにウエッソンは日本で売られているモデルでギルドはヨーロッパで売られているモデルだとかなんとか。(あんまり情報がない…)

ギルドの方が安めな傾向にありますね。

 

問題は1万前後もする値段で無印とどう違ってくるかというところですよね。

もちろんおすすめするからこその理由はあります。

まず、大きなアドバンテージなところが色が豊富なところ。

無印のはネイビーやグレーしかありませんが、セントジェームスのはベースの色が白や生成り、黒といった上にボーダーの色が赤や黄色、青、オレンジ、緑…とかなり豊富。

自分は青のボーダーが欲しくて色々物色したんですが、結局セントジェームスに落ち着きました。

もちろん色だけでなく、レザーの経年変化のように使い込むほどにアジが出る生地らしく、たしかに生地もかなりガシガシしています。

中には10年以上着ているという人もいるらしく、この値段を考えたら逆におそろしいコスパ…笑

 

ちなみにサイズ表記が独特でT1とかT4というように数字で表されます。

なおユニセックスなので0〜3が主にレディース、3以上が主にメンズのサイズ感になっているようです。

自分は178cm/60kg(そういえば最近測ってない汗)で、T4着てます。

肩幅ぴったしでややタイトめ。

セントジェームスは縦に大きく縮む傾向にあるらしく、身幅はジャストめで着丈は長めになるように選ぶのがいいそう。

実際どうなるかは使い込んだらまた報告しようと思います。

 

あとセントジェームスを取り上げたらオーチバルも取り上げざるをえないわけですが、個人的にセントジェームスのほうが好みでした。

というのもオーチバルも試着してみたんですが、サイズ感がどうも自分の体に合わなくて…

4だと肩幅がきつくて、5だと肩も落ち気味で着丈も長く全体的にゆるい感じで。

オーチバルのほうがシルエットが細いなんてこともチラホラ見ますが、肩や胸回りは確かにオーチバルのほうがタイトかもしれません。

ただ、身幅や腕回りはオーチバルのほうが大きい印象でした。

肩幅が大きい人は僕みたいにセントジェームスのほうがしっくりくるかもしれませんね。

オーチバルは横に縮むらしいので使っていけば変わるのかもしれませんが。

いずれオーチバルも買って比較とかしてみたいですね。

 

まとめ

以上2017SSで僕が見たなかでおすすめボーダーTでした。

すでに夏物もセールとか始まって在庫が少なくなってきてるのでお早めに。

本当はもっと早く記事にしたかったんですが、納得のいくものを探すのに手間取ってしまって…

まだ本格的な夏来てないないのにこういうアパレルの早すぎる季節感、どうなんですかね(笑)

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。