ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

2枚目のワイドパンツとして挑戦すべきは?3000円のコスパ最強ワイドチノをゲットする方法!

f:id:boochifashion:20170521142450j:plain

今年の1大トレンドといえばワイドパンツ。

おしゃれ好きならもうゲットしている人も多いと思います。

ですが、手に入れたのは「黒」の「スラックス」タイプのワイドパンツという人、多いんじゃないでしょうか。

確かにスラックスならきれいめな印象なのでカジュアルなワイドパンツでも簡単におしゃれに見せやすいというメリットがあります。

しかし、モノトーンや黒一辺倒では飽き足らないという人や2枚目にも挑戦したいという人にオススメしたいのが「ベージュ」の「チノパン」タイプのワイドパンツです。

というのも黒でない色付きボトムスはコーデ全体で見たときに浮いてしまって難しいことが多いですが、ベージュはアースカラーであり人の肌の色に近いので見慣れた色のため馴染みやすいからです。

だからこそチノパンの定番色になったり、今の黒スキニー的な立ち位置で一昔前の量産大学生と揶揄されるくらいに履かれていたのだと思います。

やはりベージュのチノパンというと量産大学生だとかのイメージがありますが、ワイドパンツならむしろあえて感が出しやすくなります。

たしかに難易度はグッと上がりますが、コーデの幅も広がります。

 

3000円で買えてしまう!?

実はワイドチノを色々ショップを回ってみてきたのですが、最終的に買ったのは結局いつものユニクロ。

それが「イージーケアツータックチノ」

今までこういう系のチノパンは全スルーだったのですが、このイージーケアツータックチノはコットンらしい上品なツヤがほんのりあり、タックとセンタープレスの入ったドレスパンツのトラウザー(スラックス)のようなチノパンです。

スラックスのワイドパンツと同じ理屈できれいめのパンツの方がワイドパンツは履きこなしやすくなります。
ただし履きこなしやすさの問題なので他のドカジュアルなワイドパンツがいけないということではないです、悪しからず。

 

ちなみにディッキーズのチノの方がもっとツヤが強くて(こっちのツヤはコットンというよりポリエステル的な光沢ですけどね)、ハリもあったりしてよかったんですが、お値段も1万円近く。

まあそれでも十分安いとは思うんですが…

しかし、他のセレショのチノパンみてから見たせいもあって3000円でこの質のチノパンがあることに驚きました。

最近、ステマ的になるのが嫌で気持ち悪いのでむやみやたらとユニクロを持ち上げたくないのですがタックの入り方もきれいだし本当に良いと思います。

 

ワイドチノにする裏ワザ

そして最大のポイントがこのチノはタックが2つ入っているおかげで腰回りがゆったりしたシルエットになっています。

裾もストレートシルエットでユニクロのメンズの中では最も太め。

ただ普通に選んでしまうとおじさん用のただの中途半端にゆったりしたチノパンです。(スルーしてた理由もシルエットがどうせイマイチだろうからとおもっていたからです。)

そこでサイズを思いきってあげてみると、今風のワイドパンツに大変身します。

旬のオープンカラーシャツと合わせてみました。(アイテムはUNIQLO Uのオープンカラーシャツ。今ユニクロで買える中で最もおすすめできるアイテムです。在庫もあるみたいなのでまだチェックしてない人はぜひ。)

ワイドパンツと開襟シャツというとガラが悪くも見えてしまうので品のある時計やキャンバストートのようなポップなアイテムを取り入れたりするといいですね。

 

普段ボトムスは下のサイズ(73〜76)を選ぶ自分でも今回は上から数えたほうが早いくらいのサイズ(88)を選んでいます。

88サイズなんてもう腰がガバガバ。

でもそこはベルトをすればOK。

元々タックが入っていることもあり腰で多少寄せて絞っても違和感はあまりありません。

いつもの腰位置より少し下目のローライズ気味で履くとツータックを強調できてよりワイドぽくなりやすいです。

あとストレートシルエットということもあり裾は少し足元で溜めるとよりボリュームを演出しやすくなります。

ただクシャクシャにしてしまうとセンタープレスの良さがなくなってきてしまうので、靴を履いてワンクッションからツークッションぐらいが適当だと思います。

 

ロールアップすればすっきりときれい目に見せることもできます。

トップスはGUのプルオーバーシャツ

上に明るい色を持ってくると全体的にボヤッとしてしまうので、暗い色を持ってくると締まりが出ます。

特にベージュ×黒の組み合わせは今っぽいですね。

ちなみにベージュのパンツの場合は黒靴は色差があって馴染みにくいのですが 、ソックスを挟むことでワンクッションおいたり他に黒色のアイテムを使って散らばせたりすると馴染みやすくなります。

 

バッグは前に掛けていますが、これも1つのトレンド。

分かりづらいので正面からの写真ものせときます。

f:id:boochifashion:20170521135230j:image

ワイドパンツだと下にボリュームが出るためコーデを見たときに視線が下にいきやすいので、バッグを胸の前に掛けて主張することで視線を上に誘導できるメリットがあります。(視線を上に持ってこさせると背を高くみせやすくなります)

こういったのによくあるのがトートバッグとかサコッシュのようなキャンバス生地やナイロン生地のものが多いのですが、このようにポシェットのようなレザーのショルダーバッグだと子供っぽくなりすぎず品よくまとまります。

 

他のチノパンではいけないの?

ここでサイズをあげるだけなら他のチノパンじゃいけないの?と思う人も、もしかしたらいるかもしれないので補足しておきます。

 

まずそもそもユニクロは「ワイドフィットチノ」というワイドチノそのものをアイテムとして出しています。(一部店舗限定らしいですが超大型店でもみたことないので実質オンライン限定?)

これがいけないということもないんですが、このワイドフィットはヴィンチノのようなカジュアル系のチノパンなので粗野感が出やすいので履きこなしにくいということがあげられます。

 

また同じトラウザー系でセンタープレスもツータックも入った「ドライツータックパンツ」というのもあります。

これは生地がスポーティで安っぽさが出やすいのとベージュの色がやや薄いんですよね。

ベージュの色が薄すぎると服に興味がなく何年も履いて色あせしたおじさんのパンツにも見えやすく、またそもそも白パンに近くなるので履きこなすのも難しくなります。

 

「イージーケアツータックチノ」ももう少し色が濃いほうが好みなんですが、ツヤがある分のっぺりせずにコックリした色合いにも見えるのでちょうどいいくらい。

ただこのイージーケアツータックチノはドライパンツとともにユニクロから半分消えかけているようで…

超大型店にいったらひっそりおいてあるのを見つけたくらいなので、ほとんどの店舗にはもう定番棚のほうには置いていない可能性が高いです。(あるとしたらチノパンツの棚のところではなくビジネス系のところです)

近年のスリム化の流れでおそらくツータックは人気がないんでしょうね…

ユニクロとしても同じ系統のパンツなら新作の感動パンツを推したいところでしょうし。

オンラインでも昨年までの売れ残りでサイズ欠け・色欠けしているものがほとんどです。

この商品ページが今のところサイズ切れが少なく、商品番号からしても一番新しいものだと思います。

自分が買ったのは冒頭に張ったリンクのやつですがあまり変化はないと思います。

 

まとめ

チノパンは生地が硬いのでその大きさを出しやすいというメリットもあり、レギュラーフィットだと万人が着ているためにもおしゃれにみせにくいことからも、ワイドパンツに意外と適していたりします。

あとなんとなくこれからはスラックスよりデニムやチノパンのワイドパンツのほうが流行っていく気がします。

最初にも言った通り、決して難易度は低くなく万人におすすめできるアイテムでもないんですが、難しいアイテムをいかにしてかっこよく見せるかも醍醐味です。

別にユニクロのこのチノパンでなくてもいいですが、ちょっと試してみたいとかいうアイテムにドンとウン万円も出すのも厳しいと思うので…

そういう点でユニクロのは試すのには最適です。

値段が高い方がなんとかして履こうとできるだけ試行錯誤しようするのでそれもそれでアリですけどね。

いずれにしてもレパートリーが少なくなる夏にコーデの幅を広げるためにも、2枚目のワイドパンツとして、あるいは黒のパンツ以外もほしい人など、ワイドチノパンツにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。