読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

おしゃれにつかえるユニクロポロシャツって?発売中の4型を解説

f:id:boochifashion:20170427225924j:image

どうも、まひろです。

 

今回はユニクロで発売されているポロシャツについて。

毎年ユニクロではポロシャツの数種類ラインナップしており、どれを買えばいいのか迷いますよね。

おしゃれに使えるのはどれなのか、買うべきアイテムを解説していこうと思います。

 

ユニクロのポロシャツラインナップ

2017年4月現在、ユニクロには4種類のポロシャツが販売されています。

 

ドライカノコポロシャツ

まず1つめがドライカノコポロシャツ。

 

 

毎年発売されているユニクロの定番アイテムです。

カノコ(=鹿の子)というのは鹿の子供のまだら模様のようなデザインの編み方のことでブツブツした表面が特徴です。

決して鹿の子供の革とかではないですよ。

シンプルで定番なだけにカラーバリエーションもユニクロの中でもかなり豊富。

ちょっと昔のダサいイメージが先行していたころのユニクロの服の色というと真っ赤、真っ青みたいな原色なイメージもありましたが、最近は力をいれていて普通に使えるトーンを抑えた色味のものも展開してます。

定番品とは言え毎年微妙にシルエットなどの形がマイナーアップデートされているのですが、特に今年は大きく広告を打ち出しているほど力を入れているようで、たしかに形がきれい。

ベーシックなポロシャツや色のあるポロシャツがほしければ悪くないでしょう。

 

リラックスフィットポロシャツ

二つ目がリラックスフィットポロシャツ。

 

 

これは今年の新商品ですね。

写真だとわかりにくいですが、ニット素材でできたポロシャツです。

ミラノリブに近く、ややハリのある硬めの生地になっています。

最初店舗で見たとき、「UNIQLO Uでこんなアイテムあったっけ?」と思ってしまったくらい、UNIQLO and LEMMALEやUNIQLO Uで展開されていそうな雰囲気のアイテム。

 

今のトレンドらしくゆったりとしたシルエットで一見悪くなさそうではあるんですが…

オーバーサイズのポロシャツって難しいんですよね。

元々ポロシャツ自体、童顔で華奢な日本人が着ると子供っぽさが出てしまうアイテムなので、それに加えてオーバーサイズに着るとなるとカジュアルさが加速してしまいより子供っぽく見えてしまいます。

硬めの生地を使うことによってビッグシルエットでもシルエットが崩れないようにしている点は評価できますが、ややハリがあるとはいえ夏用なため薄手なのでヨレッとして形が崩れやすく、ワッフル編みのようなザックリした編み目なのでカジュアルさが出すぎてしまいます。

ニットするならもっとツヤのあるドレス感の強いものであったり、肉厚で強烈にハリのあるもののほうが良かったんじゃないかなと思います。

まあ春夏にそういった生地を使うのは難しいですし、この値段でこれ以上求めるのも酷ですけど。

しかもユニクロなんかは全国の老若男女が買うわけで、「夏にこんなの暑くて着れるわけないだろ!おしゃれは我慢だ?くそくらえ!!」みたいな声も絶対出てくるので特に…(笑)

 

でも、そういったもろもろの壁を取り払ったのがUNIQLO Uなどのデザイナーズコラボであって、実際「ミラノリブクルーネックセーター(半袖)」はその肉厚感というのを再現してしまっているんですよね。

 

 

通常ラインの「ミラノリブクルーネックセーター(長袖)」と比べてもらうと特に分かると思います。

この普通のほうのも悪くないんですが、着てみるとヨレッとしやすいんですね。

一方、UNIQLO Uのほうはもとから大きめなつくりであるながら、ストンと落ちてくれてシルエットが崩れにくくなっています。

(別に普通のが悪いわけではなく、ゆるっとした雰囲気をだすならそっちのほうが向いてます)

 

かなり脱線していまいましたが、ユニクロとしてはあまり見ないアイテムだったものあと一歩という感じ。

特にボーダーはイケメン外国人モデルが着てるとかっこよく見えますがカジュアルすぎて子供っぽくなってしまうのでおすすめしません。

 

 

 

 ドライEXポロシャツ

ドライEXはユニクロが独自開発したスポーツ用の素材です。

かの織選手も着用しているということでポロシャツはスポーツ用の需要も多いためかドライEXポロシャツはデザインの種類が豊富です。

しかしそれがおしゃれにつかえるかというと…(汗)

一方でドライEXの中でも気になるアイテムもありました。

例えば、ドライEXポロシャツ(ジップ・半袖)。

 

 

これはポロシャツのボタンがジップになっているタイプ。

最近のスポーツMIXの流行を受けて去年あたりからハーフジップがそこそこトレンドになっています。(アノラックパーカーとか)

そういったスタイルにこれ使えるんじゃないかと思ったんですが…

実物を見てみると、肩に切り替えが入っており、胴の部分はメッシュのようなドットのプリントが入ってしまっていて、もろにスポーツアイテムでした。

 

 

商品の説明には「タウンでのスポーティな着こなしにも◎」とは書いてはあるんですけどね(笑)

全部無地でできていたら、普通におしゃれにも使えてたかもしれないですね、残念。

 

逆におしゃれにも使えそうだったのは「ドライEXポロシャツ(エリライン・スタンドカラー・半袖)」

 

 

なんとスタンドカラーのポロシャツです。

スタンドカラーもずいぶんと浸透した感じがありますが近年のトレンド。

ラインも入っていることからベースボールシャツのような雰囲気があります。

 

おしゃれに使えるとは言いましたが、「うまく着こなせれば」の話。

一般に襟があるほうが着たときにサマになりやすく、襟がないほうが着こなしが難しくなります。

つまりぱっと着ただけでおしゃれになるアイテムではありません。(だからこそ工夫して着こなしたときおしゃれに見えるのですが)

これを見てこんな着こなしをしてみたいというイメージが沸いて挑戦したい人にはいいですが一般にはおすすめしません。

 

ドライコンフォートシャツカラーポロシャツ

最後の4種類目がドライコンフォートシャツカラーポロシャツ。

 

これはスポーツ用のドライEXとは打って変わってビジネス用のポロシャツ。

他のポロシャツとの大きな違いとして、このポロシャツに台襟があることです。

 

 

図解がイマイチで申し訳ないですが…

上の画像の赤線で囲んだ第一ボタン周りの襟の下の固くなっているバンド状のところです。

スタンドカラーの立ち襟部分というとわかりやすいでしょうか?

これのおかげでデザイン的にシャツに近くなり、素材もスラックスのごとくややツヤのあるテロッとしたものでカッチリとした雰囲気があります。(記憶が正しければ去年はエアリズム感が強く特有のテカリと肌触りでしたが今年はいい意味で普通の感じになってるような気が)

前にも書きましたがポロシャツはどうしても子供っぽくみえてしまうので、こうしたかっちりとした要素があるほうが着やすくなります。

 

そして上のボタンダウンのものでもいいんですが、特におすすめしたいのが小襟タイプの方。

 

 

これはユニクロ中でも秀作のアイテムだと思います。

これの何が良いかというと比翼仕立てになっていることです。

つまりボタンが表から見えない仕様になっています。

ボタンダウンのほうの画像と比べてみてほしいんですが、ボタンがあるとポップでカジュアルに見えませんか。

実際、比翼仕立てはフォーマルなシャツに使われるデザインですし、よりカッチリに見せられるということです。

 

実は個人的にポロシャツやヘンリーネックって苦手でして…

それらを着こなしやすいのって外国人のようにガタイのいい人だと思うんです。

自分は華奢なほうなので、似合いにくいんですよね。

しかしドライコンフォートシャツカラーポロシャツ(小襟・半袖)は比翼仕立てのおかげでモードで中性的な雰囲気もあって苦手な自分でもまだマシに着れます。

 

まとめ

というわけで、ドライコンフォートシャツカラーポロシャツ(小襟・半袖)が今のところユニクロの中で最もおすすめできるポロシャツです。

もちろん苦手な人にも手を取ってほしいですが苦手とか関係なしに、Tシャツ以上シャツ(長袖)未満の夏のアイテムとして使えます。

 

f:id:boochifashion:20170427222625j:image

 

ユニクロを使って夏のスタイルを作るならこんな感じ。

こういうポロシャツはビジカジっぽくもなってしまうので、今回はカジュアルめに崩しすぎない程度に黒の細身のリブパンツを使ってみました。

アイテムはユニクロのドライストレッチスウェットパンツです。

 

www.boochifashion.com

 

今年らしさを出すためにタックインしてますが、タックインが苦手な人はタックアウトしてシンプルに着てもOKです。

 

f:id:boochifashion:20170427222853j:image

 

欲を言えばもうちょっとカラバリが豊富だと嬉しいんですけどね。

 

以上ユニクロのポロシャツ解説でした、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。