読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

冬物に飽きたときに使える春らしさUPの3つのテクニック

小技 着こなし術

f:id:boochifashion:20170321081314j:plain

どうも、まひろ(@mahiro_bmf)です。

 

最近やっと暖かくなってきましたね。

とはいえまだトップス1枚というわけにもいかず、まだ冬のアウターを着ている人もいるのではないでしょうか。

夜もまだ寒かったりしますからね。

しかし冬の格好に飽きている人もいると思います。

そこで簡単に春らしさを出せる方法をご紹介します。

 

春らしさアップテクニック

インナーを明るく

まずは以前もご紹介しましたが、インナーを代える方法。

 

www.boochifashion.com

 

インナーを柄物や薄明るい色にするだけで春っぽくなります。

特に今年はメンズでもピンクが今年のトレンドで、春らしい色であるピンクを取り入れやすいです。

もちろんピンクでなくてもアイスブルーなどでもOK。(いわゆるパステルカラーってやつですね)

アイスブルーならUNIQLO UのインディゴTの62BLUEあたりがインディゴで春らしくていい感じです。

冬物はどうしても暗い地味な色に傾倒してしまいますので、インナーを代えるだけでも気分が変わってきますよ。

 

ロールアップ・足首見せ

次はロールアップしたりアンクル丈のパンツで足首を見せるテクニックです。

たかがロールアップをするしない、足首を見せる見せないだけの違いなのですが、全く違った印象になります。

 

 

例えばこのコーデ。

使っているアイテムは特に明るい色を使っているわけではないのですが、軽やかに見えるはずです。

それがこのロールアップして足首を見せることによる効果です。

 

欠点はロールアップしすぎると足が短く見えることですかね。

試しに指で上の写真の足首部分を隠してみてください。

隠したときと隠してないときでは、隠してないときのほうがぱっと見で足が短く見えるんじゃないかと思います。(実際は変わってないので「ぱっと見」ですよ)

それはボトムスの面積を足の長さだと認識してしまうからですね。

このUNIQLO Uのデニムジーンズはもともとアンクル丈なのでロールアップするとかなり露出面積が大きくなってしまうのですが、ロールアップしたほうががシルエットがきれいなのでそっちを優先しています。

 

ちなみにソックスは履いていないのではなく、インビジブルソックスを履いています。

ソックスは見せるときには見せる、見せないときには見せないと徹底したほうがコーデがごちゃっとしません。

ユニクロだとベリーショートソックスとして売られています。

「脱げないインビジブルソックス」で検索すると真っ先に挙げられてたりするくらい、まさに隠れた良品アイテムです。

ただ人にもよるとおもいますが自分は普通にパカパカ脱げます(笑)

 

腕まくり

3つめのテクが腕まくり。

腕まくりといってもシャツとかではなく、コートです。

 

f:id:boochifashion:20170320145726j:image 

http://wear.jp/より

 

このように特に重たくなってしまうロングコートに最適です。

ウール生地とかだと傷めてしまいますしイメージ的にもナンセンスですが、このようなコットン地のトレンチコートなどには効果抜群です。

このコーデの場合、オレンジの差し色やレザーバッグ、スウェードの靴を使っていたりするのでややもすれば秋っぽくもみえてしまうかもしれませんが、腕まくりすることで春らしさを出すことができます。

(素足の足首見せの技を使えば春らしさを出せますが、どうも地味だったのでオレンジのソックスを使っています。それにシンプルさでいうなら素足を見せたほうがいいですが、トレンドや気分的にシンプルよりファッショナブルな方向で着こなしたかったので…)

ちなみに腕まくりすると手首のくびれが強調され色気もでます。

ただ強調される分、手首周りのスカスカ感が気になることも多いのでこのように腕時計やブレスレットをするとgoodです。(これは夏でも使える技ですよ)

 

まとめ

最後に上のテクをすべて組み合わせたコーデをお見せします。

 

 

まずインナーは明るいデニム生地のシャンブレーシャツを使用。

そして短靴にインビジブルソックスを履いて、足首見せ。

おまけにモッズコートを腕まくりしています。

ほぼ同じアイテムを使った冬コーデを以前していたのでそちらとも比較してみます。

 

 

インナーと小物以外のモッズコート、スラックス、革靴は同じアイテムを使用しています。

でも印象はまるっきり違いますよね?

マフラーもシャンブレーシャツと同じ「青色」ではあるのですが、マフラーの青は色が濃く暗いのでより冬っぽい印象を受けます。

あと上のテクには載せてないのですが、上の春の方のモッズコートコーデではキャンバストートバッグを使用しています。

キャンバストートバッグはコーデに軽さや柔らかさを出してくれるアイテムで、重たくなりがちな冬にも、モノトーンでまとめてしまい無機質でつまらないときにも、春夏らしい軽さをほしいときにも使える意外と万能なアイテムなの一つ持っていて損はないですよ。

 

以上、冬物に飽きたときに使える春らしさUPの3つのテクニックでした。

まだ冬に格好から抜け出せないというときや、せっかく買った冬物をまだ使いたいというときに試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。