ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

GUのデニムジャケットが良くなってる!?よりシルエットを良くする方法も紹介します

f:id:boochifashion:20170224210122j:plain

どうもこんばんは、まひろです。

 

最近UNIQLO Uでもインディゴアイテムが多かったせいと、春が近づいてきていることもあり、自分の中でデニムに熱が入ってきています。

UNIQLO Uのデニムジーンズもどうコーデしようかと試行錯誤中です。(UNIQLO Uのコーデはまた暖かくなってから出します笑)

そしてGUで気になるデニムアイテムを見つけたのでレビューします。

 

GUのデニムジャケット良くなってる?

たしか去年の夏ごろに一回ユニクロとGUのデニムジャケットのレビューしているんですよね。

 

www.boochifashion.com

 

そのときはGUのはペラペラでとても使えるようなものではなかったと記憶しており、上で書いた記事でもそう書いてあります。

それからGUのGジャンは全くスルーしていたのですが、多分この前の冬春に新作としてもう1回出してたのかな?

 

 

本当にたまたま手に取ったら、生地が厚手で普通に良くなってるんですよね。

襟や前たてのディテールの安っぽさこそ否めないところはありますが、十分使えるレベルになっていました!

 

しかしユニクロでもかなりコスパの高いGジャンが展開されています。

 

 

しかもユニクロでは老舗コーンミルズ社のデニム使用していたりと生地にこだわりがあったり(別に驚くほど良い生地とも思いませんが…笑)、色落ちも数種類用意されていたりと、正直いって安いGジャンならユニクロで十分です。(もちろん上を見ればいくらでもありますよ)

なのでGUのGジャンを選ぶ理由が特にないんですね。

 

しかしそこはGU、狙ったのかは分かりませんがユニクロとちゃんと差別化してきています。

それは色です。

ユニクロにはないブラックとアイスブルーが展開されているんです。

ブラックのGジャンは子供っぽくなりがちなデニムでも大人っぽく着回しやすいので、ユニクロでも展開してほしいくらい欲しいアイテムでした。

まあブラックに関しては前にも展開されていましたが、特にアイスブルーです。

ユニクロにも薄い色はありますが、ここまで完全にブリーチした色はありません。

デニムの色が薄いと着にくいようにも思えますが、逆に色ムラがない分カジュアル感も大きくならず、色ムラがあるアイテムより案外着やすかったりします。

GUのこのGジャンのブリーチの加工具合も別に安っぽすぎるようなこともありません。(画像だと安っぽくみえますけど実際はそこまでではないように見えました)

 

アームホールに難あり

十分使えると書きましたが、実際着てみると一つだけ欠点がありました。

それが腕周りの太さです。

Gジャンは元々アメリカンなアイテムのためアームホールが太いアイテムではありますが、このGUのデニムジャケットも長く太めにできています。

特に手首周りがブカブカ。

 

マネキンでも手の甲に覆いかぶさるほどの余裕があることが見てとれるのが分かると思います。

身幅や着丈ははちょうどいいのに、このせいで全体的に野暮ったさが出てしまっています。

 

なので普通に着るとあまりかっこよく見えません。

逆に腕まくりしたり、ポケットに手を突っ込むと手首周りがごまかせるので、そこそこ良くは見えるようになりますが四六時中そうするわけにもいきません。

一番いい解決策はお直しやさんに持っていって細くしてもらうことですが、わざわざ安いGジャンに同じような値段までかけてするかと言われると…悩んでしまいます。

そこで、お直しやさんに持っていくよりは安く、そして腕まくりなどせずとも着たままで(わずかですが)シルエットを良くする方法をご紹介しちゃいます。

 

ボタンの位置を変える

まあなんともすごい方法があると思いきやただ手首のボタンの位置を変えるだけです。

すごい方法を期待していた方はに申し訳ないですが…

でもそんなことでと思うかもしれませんが、袖がキュッと絞られるだけでも全体の印象が本当に変わってきます。

実際腕まくりやポケットに手を突っ込むと太さは変わっていないのに気になりにくくなるのも手首周りがごまかされるからです。

それくらい「首」周りの詰まり具合というのは印象変えます。

 

具体的な方法としては、まずジャケットを着てみて袖のボタンを外した状態で絞れるだけ絞ってみます。

そして、そのボタンの穴の位置を確認してそこが新しくボタンをつける位置になります。

 

f:id:boochifashion:20170224194250j:image

 

ボタンですが気にならなければ普通のボタンでもいいですし、こだわる人はジーンズ用のタックボタンでつけましょう。(タックボタンはトンカチだけでつけれますが付ける場所を失敗すると1個無駄になります)

特にブラックデニムはGUの白っぽいボタンが目立つので前立てのほうも全部替てしまってもいいかもしれませんね。

 

 

ちなみに元々ついていたボタンを取るときですが、ボタンの裏側の方をニッパの刃の部分で挟み込めば引きちぎれます。

結構力が必要なので刃こぼれしないよう大きいニッパがおすすめです。(やる場合は自己責任でお願いします。)

あと元々ついてた物をまた流用することは残念ながらできません。

付け替えるばあいは新しくボタンを買いましょう。

 

実際付け替えたビフォーアフターを見てみましょう。

左がビフォー、右がアフターです。(色が違うのは撮った時間のせいです…)

 

f:id:boochifashion:20170224202600j:plain

 

確かに見比べてみると左の方は腕が太いですが右のほうがまだすっきりしてるようにみえませんか?

ちなみに前たてのボタンも替えているんですが、タックボタンだと思って買ったら間違えてスナップ式のボタン買ってしまったせいでこんなデザインになってしまっています(汗)

一番下のボタンをつけたときに失敗したのに気づきまして…

まあ袖の検証なのでここは気にしないでご愛嬌ということにしといてください笑

 

というわけでこんな失敗もあるので(笑)、本当はお直しやさんに持ってくのがベストなんですが、できるだけお金を掛けずにGUのデニムジャケットを良くする方法として参考にしてみてください。

それではまたノシ

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。