読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

UNIQLO U 2017SS全アイテムレビュー!カットソー編【3月発売分追加】

f:id:boochifashion:20170216233014j:plain

3/24:3月発売分のアイテムを追記

どうもまひろです。

 

去年から始まったUNIQLO Uですが、2シーズン目となる2017SSのUNIQLO Uが2/17に発売されました。

というわけでさっそく観に行ってきたので、前回と同様に全アイテムレビューしたいと思います。

アイテム数が多いので端折り気味なのはご容赦ください。

長くなるので前回と同じくアウター、セーター、シャツ、カットソー、ボトムス、グッズで記事を分けています。

 

 

www.boochifashion.com

www.boochifashion.com

www.boochifashion.com

www.boochifashion.com

www.boochifashion.com

 

 

 

ビッグシルエットポロシャツ(半袖)

 

去年のユニクロアンドルメールでも人気だったポロシャツですが、今回はビッグシルエットになって登場しました。

ただ去年はスーピマコットンでしたが今回は普通のガサッとした生地です。

台襟になっており大人っぽさはありますが、生地がカジュアルなカットソーなので特に可もなく不可もなく。

これならユニクロの通常ラインのものでもいい気がします。

 

スウェットシャツ(半袖)

 

こちらも普通のスウェットシャツ。

可もなく不可もなく、買ってもいいけど特別な何かがあるわけでもありません。

 

スーピマコットンボーダーT(半袖)

 

画像では確認しにくいくらい細いボーダーのTシャツ。

スーピマコットンなのでなめらかでツヤを感じられる上品なボーダーTシャツです。

また首周りがモックネックというほどではないけど微妙に立ち上がっています。

 

ただボーダーの色が個人的にいまいちピンとこないんですよね。

色がグレーでぼやっとしてしまっているというか。

ストライプシャツは白とネイビーのようにキリッとしててよかったんですが…

他では見られない上品なアイテムなだけに気に入る色があればおすすめ。

 

クルーネックT(半袖)

 

こちらユニクロお得意のスーピマコットンではありませんが、前回のTシャツが良かったので密かに期待していたアイテム。

ですが、試着してみた感想としては「ビッグTじゃん」ということ。

生地はポロシャツと一緒でガサッとしたヘビーウェイトのコットン。

ビッグシルエットとは冠してませんが首周りのリブも太く、まさに生地ちょっと薄くしたようなビッグTです。

ヘインズのパックTとユニクロのビッグシルエットTの中間みたいな感じです。

特におすすめというわけではありません。

 

ビッグシルエットインディゴポロシャツ(半袖)

 

インディゴ染めされたポロシャツ。

インディゴの色によってボタンが目立ってしまい全体的に安っぽさを感じるアイテムです。

おすすめしません。

 

ビッグシルエットインディゴT(半袖)

 

上と同様にインディゴ染めされたビッグシルエットのTシャツ。

こっちはそこそこおすすめ。

ビッグシルエットとついていますがめちゃくちゃ大きいわけではありません。

特にアイスブルー(62 BLUE)は普通のTシャツ感覚で着れて春っぽさも出せるのでおすすめ。

逆に64 BLUEと66 BLUEに関しては微妙。

この2色はスウェットの方がおすすめです。

 

インディゴスウェットプルパーカ(長袖)

 

こちらもインディゴシリーズですがインディゴのパーカーってなかなか珍しいんじゃないでしょうか。

実はこのアイテムだけ売切れていて見れていません。

全アイテムとか謳いながらタイトル詐欺になってしまいました、すみません…!

また後日入荷したら見てきます!

 

インディゴスウェットシャツ(半袖)

 

上のインディゴTシャツで64 BLUEと66 BLUEならこちらの方がおすすめと書きましたが、その理由としてこっちのほうがガシガシっとした雰囲気がこちらの方がより本物ぽかったのからです。

あとスウェットのほうが洗ってもへたりにくいので色落ちも楽しめますし。

といってもこのインディゴスウェットシャツ自体はカジュアルすぎて使いにくいのでおすすめアイテムというわけではありませんが。

 

スウェットプルパーカ(長袖)

 

前回も人気だったパーカー。

今回は普通の3色展開。

違いとしてはまず首元の紐先がセルチップになっていること。

またガゼットやカンガルーポケットでなく脇に見えにくい斜めのポケットになっておりミニマルな雰囲気になっています。

前回より薄手になっている分、シルエットもきれいになりました。

ただ、色や生地によるアドバンテージもないし、通常ラインのと大差ないんですよね(こっちのほうがややモッチリしてます)

前はフードがすごい立つイメージだったんですが、今回は生地が薄くなったせいかそこまででもないですし。

ベーシックなプルオーバーパーカー持ってない人は買ってもいいかなという感じ。

 

 

ドライEXクルーネックT(半袖)

 

ここから3月発売分のアイテムレビューです。

これはユニクロ独自の素材であるドライEXの半袖Tシャツ。

肩から袖がメッシュになっており、スポーティなアイテムです。

 

が、正直これはUNIQLO Uで出す意味が分からないアイテム(笑)

普通のユニクロにも同素材の同じTシャツがありますし、ただただ色のバリエーションがUNIQLO U仕様になっただけ。

もはやネイビーとか普通のほうでも売ってますからね。

しかもメッシュ仕様になっている分、こちらのほうがスポーティさが強いですしカジュアルで使いにくい。

まああえてこのメッシュの模様を着こなすのも面白いかもしれませんが、わざわざUNIQLO Uで買うことに意義を見出せないですし、おすすめしようとは思いません。

 

ドライクルーネックT(長袖)

 

こちらも同じくスポーツ系素材のTシャツ。

やはりこちらも全く期待していなかったのですが…

半袖とは異なりメッシュがあるわけでもなく、こちらのほうがわずかに光沢が強いような気がしました。

スポーティな光沢ではあるのですが、色のおかげか上品にみえます。(特にカーキ)

というか帰ってからこれを書いているときに気づいたのですが、てっきりこちらもドライEXかと思ったら名称がただの「ドライ」なんですね(笑)

ドライEXのポリエステル100%に対してこちらはわずかにポリウレタンが含まれているようです。

袖もリブでできており、手首でキュッと絞られるおかげでUNIQLO Uらしいゆとりのサイジングながらそこまでだらしない印象もうけません。(ポリウレタンはもしかしたらこのリブ部分に使われてるのかな?)

 

というわけで買うなら個人的には半袖より長袖です。

色が気に入れば買ってもいいかなと。

ただロンT自体そこまで有用性が高いとも思わないんですよね。

長袖のトップスを1枚で着るならシャツのほうがサマになりやすいですし腕まくりで気温にも適応しやすいですし。

中にレイヤードするにしても、春はニットのほうが気温的にちょうどいいですし、Tシャツを着るにしても半袖のほうが夏にも1枚で着れるという点で長く使えますし。

というか個人的にロンTが苦手なだけなんですけどね…(笑)

ドライ素材の長袖は通常ラインにないという点でも優位性がありますし、ツヤのあるカラーTシャツとして案外悪くないアイテムではありました。

 

ドライスウェットフルジップジャケット(長袖)

 

個人的に結構期待していたアイテム。

見ての通りただのジャージなんですが、昨今のスポーツMIXスタイルの流行りでコートの中にこのような襟の立ったジャージをタートルネックのごとくインしたスタイルがおしゃれな人たちの間で散見されます。

 

 

実際ユニクロUのLOOK BOOKにも同ラインのオーバーサイズコートと合わせたスタイルが提案されていますしね。

 

 

いやユニクロもこんなアイテム出すのかーと思いましたね。

ただ見る前に一つ不安があって、それが素材。

ドライという文字を見てもしかしてペラペラなんじゃないかと思っていましたが、杞憂でしたね。

普通にほどほどの厚みのジャージでした。

ただ通常ラインにドライストレッチスウェットはありますが、あれともちょっと違う気がしました。

 

色は断然カーキがコートの中で映えますし、おすすめ。

ただ問題がこれを1枚で着るとなると途端にじじくさくなります(笑)

ネイビーならまだしもカーキやオリーブは正直イメージ的に難しい。(着る人にもよるとは思いますが)

またジップの色も同色してあるため、カジュアルになりすぎないというところはいいんですが、ネイビーだと映えにくいという欠点が…(上の画像参照してみてください、ジップが白になっていることでコートの中でもジャージとして主張できます)

しかもこれの発売がもうコートを脱ぎ始める人が大多数であろう時期で、なぜ3月に発売なのか…

納品の関係上2月に回らなかったのかもしれませんが、ちょっともったいないというか、疑問なところはあります。

値段もアディダスなどと比べれば安いので上の画像のようなスタイルをしてみたい人にはおすすめです。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。