読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

シルエット別解説付きコーデ集<Yライン編>

f:id:boochifashion:20170112231152j:plain

1/19追加:チェスターコート×スポーツMIXコーデ

この「シルエット別解説付きコーデ集」では僕がファッションコーディネートアプリWEARにて投稿したコーデをシルエット別にまとめたものです。

そしてその1つ1つのコーデについてどのようにそのコーデを構築したのか、なぜそのアイテムを使ったのかを自分でコメントをつけて解説しました。

自分の備忘録もかねており半分自己満足みたいな記事ですが、少しでも参考になれば幸いです。

まだコーデは少ないですが随時更新します。

 

この記事は「Yラインシルエット」をまとめたものになります。

他のシルエットは下のリンクからどうぞ。

Aラインシルエット↓

www.boochifashion.com

 

Iラインシルエット↓

www.boochifashion.com

 

「シルエットってなんぞや?」という人はこちらから↓

www.boochifashion.com

 

目次

ステンカラーコート×ストリートミックス

 

ビジネスマンが着るような仕事着にみえてしまいがちであるステンカラーコート。

それををいかにして「私服」として見えるように着るかを考えてコーデしたものです。

結果としてストリートスタイルをミックスすることによってカジュアルに落とし込むことにしました。

 

まずトップスにつかっているのはパーカーですが、これはフードが重要な役割を果たしています。

ステンカラーコートの最大の特徴といっていいのが襟。

その襟をフードが軽く隠してくれることによってステンカラーコートのフォーマル感を緩和してくれます。

 

 

またフードやキャップ、リュックといったアイテムがトップスにボリュームをもたらしてくれ、Yラインシルエットを強調する効果をもたらしてくれます。

見る人の目線を上にあげることができるので背を高くスタイルよく見せることができます。

 

 

見ての通りカジュアルづくしなんですが、ポイントはコート以外のアイテムをモノトーンにまとめ、さらに細身のアイテムを使用しているので、カジュアルアイテムでもやんちゃすぎない印象に

 

またパンツと靴の色を黒で統一することで足の始まりを誤魔化し脚長効果も生み出しています。(ソックスも黒のレギュラーソックスを使用)

黒は収縮色でもあるので足を細く見せる効果があり、Yラインのシルエット作りにも一役買っています。

スタイルよく見せる鉄板ワザなので知らなかった人はマストで覚えましょう。

 

さらにパーカーの下に白のロング丈のインナーを入れることにより、わずかな面積ながら白を差し色することによって全体の暗い印象を払拭し抜け感を演出しています。(画像を指で白い部分を隠してみると違いがわかりますよ)

スニーカーのアウトソールの白い部分もコーデを横から見たときに同じような効果を発揮します。

 

普段の自分なら革靴を選択するところですが、 ストリートテイストを意識したためあえてスニーカーにしてます。

個人的にはちょっとカジュアルに寄ってますがスタイルの幅を広げるのに試してみました。

アウター:UNITED TOKYO ギャバステンコート

パーカー:UNIQLO スウェットフルジップパーカ

インナー:RAGEBLUE ワッフルロングタンクトップ

パンツ:UNIQLO ストレッチスキニーフィットカラージーンズ

スニーカー:NIKE インターナショナリスト

 

オーバーサイズトレンチコート

 

アメリカ軍のオーバーサイズなトレンチコートを着たコーデです。

コートについてはこちらの記事から。

www.boochifashion.com

 

上のリンクの記事にある通り、オーバーサイズのビッグシルエットなコートを着るにはYラインシルエットを意識すると簡単です

そこで分かりやすいよう今回はボトムスには黒のスキニーパンツを着用。

これだけですぐにYラインシルエットが作れます。

 

しかしトレンチコートというとよく着ているのが中年のサラリーマン。

しかもサイズがデカい。

世間的にも「刑事」のイメージもあります。

となるとこのままではおしゃれにみせるのが難しいです。

 

 

そこで対処法としてまず1つがYラインを強調すること。

メリハリを徹底することによって「あえておしゃれで着ているんだぞ」という雰囲気を出すことができます。

もちろん黒スキニーだけでも強調はできますが、ここではタートルネックとリュックを使用。

特にYラインシルエットにおいてリュックの効果は大きいです。

 

もう一つの対処法がカジュアルアイテムを使うこと。

サラリーマンや刑事の場合、下は仕事着ですのでカジュアルには着ません。

なので「分かりやすいカジュアルアイテム」を使うことによって私服ということを強調します。

 

またいくらサイズが大きくてカジュアル的になろうとも、もともとトレンチコート自体キメ感の強いアイテムです。

特にこのコートは本物の軍物ですのでエポーレットなど当然ちゃんとついてるので余計にキメ感が強いです。

そのためカジュアルアイテムを使うことによってそれを緩和する必要もあり、いずれにしろカジュアルに寄せる必要があります。

 

上の1つ目の対処法と被りますがリュックもその1つ。

目で見てカジュアルだと分かりやすいアイテムであり、しかもキメ感や無骨さを与えるエポーレット(ミリタリーアウターによくついている肩の上の輪っか上の部分のことです)も適度に隠してくれるので一石二鳥です。

 

 

ただリュックは前から見たときに背負っているのが分かりにくい。

あえて「分かりやすいカジュアルアイテム」と「」でくくったのはそういうことです。

こいういうコートだとトップスは隠れて見えにくいですからいくらカジュアルであろうと目に見える範囲が小さければ効果も薄くなってしまします。(逆にそれを活用することもできます)

そこで靴は白のスニーカーにしています。

白のスニーカーは前後左右どこから見てもカジュアルアイテムだと認識できますからね。

 

 

しかし本来Yラインシルエットをつくるなら白のスニーカーは足に重心がいってしまうのであまりよろしくありません。

ただ既にコートにタートルネック、リュックと十分ボリュームを出せていることや、さらに全体に色が暗かったので白色で抜け感の軽さを出せることから判断して白スニーカーを選択しました。

 

余談ですが白スニーカーが苦手な人は1つ上のステンカラーコートで履いているような黒がベースに底だけ白みたいなスニーカーでも白の抜け感を取り入れることができますよ。

あと白スニーカーの場合黒のパンツだと浮いてしまいやすいです。

特に黒のソックスを履いたときに顕著ですね。

そこで今回のようにくるぶしの肌の部分を見せるとそこが緩衝材の役割を果たしてくれて馴染みやすいです。

もちろん素足ではなくベリーショート丈のソックスなどを履いていますよ笑

冬は寒いので他の赤などのカラーソックスを履いたり、パンツの下にヒートテックタイツなどを履くといいです。(今回は色をこれ以上取り入れたくなかったのでくるぶし見せにしています)

 

アウター:米軍 COAT ALL WEATHER MEN'S

インナー:UNIQLO スーピマコットンタートルネックT

パンツ:UNIQLO ストレッチスキニーフィットカラージーンズ

スニーカー:adidas SUPERSTAR 80's

 

チェスターコート×スポーツMIX

 

チェスターコートをスポーツテイストのアイテムで崩したコーデです。

 

まずインナーのトップスに使用しているのはユニクロのブロックテックフリースパーカ。

このパーカーの特徴はフードの襟が首元まできていること。

そしてそれによって受けられる恩恵が2つあります。

 

1つはYラインシルエットを強調できること。

上にボリュームを持ってくることでYラインシルエットは形成できます。

そのためフードがへったてしまうようなパーカーではNGです。

このパーカーは襟が立っていることでフードが自然と立ってくれるためボリューム感を出しやすいです。

ちなみにリュックを背負っているのもYライン強調です。

 

もう1つが小顔効果。

八頭身なんて言葉がある通り、身体に対して顔が小さいとスタイルがよく見えサマになりやすいです。

とはいえ整形手術でもしない限り顔を小さくすることは無理なので(笑)、首周りにボリュームが持ってくることで相対的に顔を小さく見せることでスタイルを良く見せます。

このパーカーは後ろだけでなく前の顎の下までボリュームがあるので小顔に見せやすいです。

 

ボトムスにはサイドラインの入ったジョガーパンツを使用しています。

このアイテムが最も重要だったり。

というのもコーデを見て分かる通り、使っているアイテムはほぼ黒です。

黒を主体に使うことでスポーティなアイテムでもカジュアルな印象を軽減できるのでいいのですが、オールブラックままではちょっとのっぺりと地味な印象になってしまいます。(別に悪くはないのですが)

そこでサイドにラインのはいったパンツによってそれを払拭しています。

今の世の中では黒のスキニーが蔓延しているため「チェスターとスキニー」なんていう量産型からこれによってちょっと変化をつけることができます。

 

ここまでパーカーにジョガーパンツ、リュックとカジュアルアイテム揃いなので最後に足元は革靴で締めています。

このことによってカジュアルで子供っぽいのを大人っぽい印象に。

黒のパンツに黒の靴で脚を長く見せる効果も狙っています。

 

アウター:UNIQLO ダブルフェイスウールブレンドチェスターコート

インナー:UNIQLO ブロックテックフリースパーカ

パンツ:yan&yans サイドラインジョガーパンツ

靴:DEDEsKEN:日本製本革レースアップシューズ

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。