読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

メンズファッション雑誌のおすすめは?

f:id:boochifashion:20161120222341j:plain

どうも、こんにちは。

今回はメンズファッション雑誌について取り上げたいと思います。

僕も今でこそ暇があればコンビニで適当なメンズファッション雑誌を手にとって買ってますが、昔はそもそもどう読めばいいのかもちんぷんかんぷんで「どうやっておしゃれになれるんだ?」とか思ってました。

実際そう思う人たちもたくさんいると思うので今回はどの雑誌を選ぶべきかをご紹介したいと思います。

あらかじめ言っておきますが僕はきれいめなコーデが好きなため、それを基準におすすめを選定しているので悪しからず。

どれを読めばいい?

まず雑誌はどれを読めばいいかですが…

僕はすべてのありとあらゆる雑誌を読んできたわけではないのですが、少なくとも僕が読んできた中での話をしますね。

そしてその読んできた中でもとりあえず読めば初心者でも着こなしを1から教えてくれるみたいなのはないですね。

まあ月刊雑誌という特性上常に同じことやるわけにはいかないですしね。

 

基本を知りたいならファインボーイズ

それでもたまに「おしゃれの基本」と題してやっている月号もあったりします。

特にファインボーイズはそういうことをよくテーマに取り上げてくれるので、そういった意味ではおすすめですね。

FINEBOYS(ファインボーイズ) 2016年 12 月号

FINEBOYS(ファインボーイズ) 2016年 12 月号

 

ファインボーイズは若者向けですが比較的落ち着いるというか、クセのない服装も多いのでとっつきやすいと思います。(悪くいえば大学生っぽいともいえますが)

 

代表的なメンズファッション雑誌といえば「メンズノンノ」みたいなところはありますけど、逆に流行の最先端を狙いすぎてるせいか個性が強いので人の好みが分かれます。

僕個人の感想はおしゃれだけどかっこいいかと言われると…?みたいな感じですかね。

Men's NONNO(メンズノンノ) 2016年 12 月号 [雑誌]

Men's NONNO(メンズノンノ) 2016年 12 月号 [雑誌]

 

 

またファインボーイズは取り上げるアイテムもファストファッション〜低価格セレオリ(セレオリとはユナイテッドアローズといったセレクトショップのオリジナル商品のことです)くらいの価格帯で比較的安めです。

大学生でも手の届きやすいという意味で現実的なアイテムを使ったコーデは参考になるんじゃないかと思います。

流行も拾いつつ着こなしやアイテムについての具体的な説明も多く理解しやすいとです。(逆に雑誌の厚さの割にボリュームがありすぎて読むのに疲れます笑)

 

ただそれはどうなんだ?みたいなものもあるので取捨選択をする力も必要です。(流行だからとゴリ押ししてるのとか)

自分の中でこれは良いと思ったものをピックアップするのが吉かと。

まあそれはどの雑誌でもそうですが。

 

大人っぽさならメンズジョーカー

ファインボーイズは大学生っぽすぎるという人にはメンズジョーカーがおすすめ。

Men's JOKER12月号

Men's JOKER12月号

 

読者層も30代を想定して作られているため雰囲気も大人っぽいです。

またその分参考商品も高級セレオリ〜ドメスティックブランド(ラウンジリザードのような国内ブランドのこと)で具体的にはコートで5万円〜みたいな価格帯になってきます。(一般的に見たら高いがおしゃれ的にみたら普通〜やや高めくらいの価格帯)

 

特徴としては社会人として相応しいような「無難」なコーデが多いこと。

攻めたおしゃれではなく、服に気を使っていておしゃれみたいな(伝わるかこれ?)

 

ファインボーイズほどではないですが説明も比較的多いです。

ただコーデよりアイテム紹介の方が多くカタログ的な要素も強いですが「普通なのにおしゃれ」の参考になる雑誌です。

 

あと付録もついてきますね。

個人的に雑誌に付録は要らないと思ってるんですが…

2016年の12月号ではラウンジリザードとファクトタムのコラボデニムバッグがついてきます。

バッグというよりはポーチくらいの大きさなんですが、財布とか荷物がちょっとだけのときクラッチバッグ的に使うのに便利です。

 

シンプルなコーデの参考にするならメンズファッジ

最後に僕の1番のおすすめの雑誌を紹介します。

それがメンズファッジです。

men's FUDGE 2016年12月号 雑誌 (メンズファッジ)

men's FUDGE 2016年12月号 雑誌 (メンズファッジ)

 

この雑誌はコーデの写真ばかりで文字も少ないので初心者にはとっつきづらいと思いますが、このコーデが秀逸なんですよね。

メンズジョーカーよりはファッショナブルなんですがそれでも上手くまとまっているというか、おしゃれなのに奇をてらった雰囲気がないんです。

まあモデルが外国人というせいもあるんでしょうが…

シルエットや色使いが絶妙で個人的に理想的なコーデが多く載っています。

無骨なアメカジより小綺麗なヨーロピアンなシンプルなおしゃれが好きな人にはおすすめです。

 

ちなみに紙面の構成とか雰囲気も全く瓜二つのクルーエルオムという雑誌もありますが、よく見るとコーデもメンズファッジとまたどこか違うんですよね。

CLUEL homme(13) 2016年 12 月号 [雑誌]: CLUEL(クルーエル) 増刊

CLUEL homme(13) 2016年 12 月号 [雑誌]: CLUEL(クルーエル) 増刊

 

クルーエルオムの方がより尖っているというか、メンズファッジより無難の一歩先を行ってる感じですね。

まあ微々たる差ですけど。

個人的にはメンズファッジのバランス感の方が好きですね。

 

メンズファッジの読み方はとにかくコーデを見ること。

僕の場合好きなコーデがあればチェックをつけています。

そしてできればそのコーデがどうして良いのか自分なりに解釈したりして〜という感じですかね。

なので初心者には難しいかもしれませんが、おすすめです。

 

気に入ったコーデはスクラップ

そして全体的なファッション雑誌の読み方というかおすすめなのが気に入ったコーデをチェックしていくこと。

そしてそのコーデをスクラップしていくこと。

こうすると自分の好きな服装とかというのも分かってきますし、服装で悩んだ時にヒントを得るのに役立つ辞典的な役割も果たしてくれます。

こうすれば雑誌も溜め込まずに本棚も整理できて一石二鳥です。

 

特に上で紹介したメンズファッジは1ページに1つの写真がドーンと載っかっている構成が多いのでこのスクラップにも最適だったりします。

ちなみに無印のA4ワイドのクリアホルダーならマガジンサイズでも入りますよ。

www.muji.net

 

ちなみにパッと見て気に入ったコーデを決める時一回モデルの顔を指で隠してみるといいですよ。

実は顔がいいからよく見えるということもありますし、顔を隠してもよく見えるコーデならそれは良いコーデと判断して良いでしょう。

 

まとめ

今回自分のおすすめの雑誌を紹介しましたが、とにかくコンビニに行って適当な雑誌を開いてパッと見て自分の好みかどうかを確認するのがおすすめの雑誌の選び方ですね(笑)

好みが分からなければ、とりあえず上で挙げたのは無難な服装が多いのでそれから攻めるのもありだと思います。

 

確かにネットで何でも調べられる昨今雑誌を買う意義も薄れてきましたが、それなりの水準があり、テーマが決まったコーデをすぐ見れたりするのが雑誌の強みです。

おしゃれするのに雑誌が必須だとは決して思いませんが少なくともおしゃれな服装というのを知るということで目を養うのに役には立つと思います。

 

ただ思ったのがやはり初心者向けに完璧におすすめできるファッション雑誌はほぼほぼないということ。

このブログでもそのあたりも補完できていければいいなと思いました。

 

ではでは今回はこのへんで。

何か参考になれば幸いです。

 

最後に記事とは関係なく私事で申し訳ないですが風邪だと思ってたのが実は軽く病気にかかってしまって、入院するほどではなかったんですが外出できる状況ではないのでしばらく更新ペースが落ちるかもしれません…

普段このブログを読んで下さっている人には申し訳ないです(´・ω・`)

できるだけ早く治したいと思います。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。