ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

ユニクロのウルトラライトダウンでおしゃれはできるのか

f:id:boochifashion:20161015205500j:plain

こんにちは、つい前までは暑いくらいだったのに最近一気に寒くなりましたね。

この寒暖差で体調を崩す人も増えているようなのでみなさん風邪にはお気をつけください。

僕は風邪ではないですが絶賛秋花粉中で鼻水を大量生産しています…

 

さてこの時期になってくるとダウンが恋しくなってきますね。

防寒着としてはトップクラスの暖かさを誇るので手放せない人も多いのではないでしょうか。

しかし、ダウンというのは保温性とともに価格も高いのが一般的です。

 

そこにユニクロのウルトラライトダウンが登場しその常識が覆しました。

ダウンの「重くて高い」はずが「軽くて安い」ために一気にユニクロの看板アイテムとなりました。

今では老若男女問わず冬になると着てる人をよく見かけますよね。

 

f:id:boochifashion:20161015205647j:plain

しかしこのモコモコでテカテカデザイン はお世辞にもかっこいいとは程遠い…(笑)

前置きが長くなりましたが、そこで今回はそんなユニクロのウルトラライトダウンをおしゃれに着るには?というテーマで記事を書いていこうと思います。

 

脇役として使え!

まずウルトラライトダウンにも様々な種類が出ています。

ジャケットからベスト、パーカー、ブルゾン風のアイテムまでこんな沢山あったんだっていうくらい種類があります。

 

そして今回おしゃれという観点から言えば主役のアウターとしてこのアイテムを使うのはNGです。

先ほども言いましたが老若男女着ており着てるだけでユニクロと「バレる」アイテムです。

ユニクロが決してダサいわけではないのですが、世間的なユニクロのイメージとこのアイテムのイメージ(おしゃれに興味がない人でも着ている)のダブルパンチでバレるのはよろしくないでしょう。

 

ではどうすればいいのか、それはこのアイテムを脇役としてさりげなく使うのが正解です。

すなわち、数種類あるタイプの中から使えるのはインナーとして使えるベストです。(ジャケットタイプもインナーにできなくはないですが腕周りが着膨れするおそれがあるので)

 

選び方

さてウルトラライトダウンはベストをインナーとして使うべきと分かったところで、ひとえにベストといっても次のよう2種類もあるのでそれぞれのアイテムを買うときにどう選んで着るときにどう使い分けるべきかです。

www.uniqlo.com

www.uniqlo.com

通常版とコンパクト版のファッション的な主な違いは襟があるかどうかです。

たかが襟の違いだけですが、襟があるなしで見え方が変わってきます。

f:id:boochifashion:20161015210636j:plain

コンパクト版の着画の方は何となくのっぺりした印象を受けませんか?

ノーカラーの方がトレンド感はありますが襟がある方がサマに見えやすいんですよね。

上の画像はノーカラーのベストに加えシャツもスタンドカラーのためそのような印象を与えてしまうわけです。

 

というわけで基本的には通常版のベストをおすすめします。

ですが、この上に着るアウターよってもそれは変わってきます。

例えばしっかり立った襟のあるアウター(ステンカラーコートなど)なら襟が干渉してしまうのでベストの襟はない方がすっきり着れます。

逆にチェスターコートなど襟が寝ているコートならば襟があった方がいいでしょう。

 

また色に関してですが、基本は黒がいいでしょう。

というのも前提として目立たせてはいけないというのがあるので、色も比較的目立たないものを選ぶべきです。

色味があるものを選ぶにしてもいかにもユニクロ的なものは避けましょう。

f:id:boochifashion:20161015211030j:plain

これとか。

画像のは2015年ですし2016年は全体的に落ち着いた色展開ではありますが…

www.uniqlo.com

まだ2015年版のも残っているようなので注意ですね。

www.uniqlo.com

 

ちなみにそういう意味ではコンパクト版の方が赤がワインレッドだったりとダークトーンな展開なので色は良いです。

 

着こなし

このウルトラライトダウンを使うことのメリットはまずカジュアルダウンできることです。

冬のアウターはチェスターコートやトレンチコートなどのカッチリしたものが多いので、コートの中でチラ見せすることによりそのカッチリさを崩すために着ましょう。

ここでウルトラライトダウンの色が派手なほどカジュアルダウンされます。

アウターの色が地味だとかカッチリしすぎてるとかを念頭に色を選ぶといいでしょう。

 

また2つ目の大きなメリットとして秋用の薄手のアウターも冬に使えるようになることです。

例えばテーラードジャケットはなんかは明らかに冬に着るには寒すぎますが、下にウルトラライトダウンを仕込むことでギリギリしのぐことができるようになります(とは言っても限界はありますが)。

秋用に折角奮発して買ったのに着る時期が短くてもったない!という場合にもってこいです。

 

まとめ

今回はウルトラライトダウンをおしゃれに着るには?というテーマでお届けしましたが、ここまで書いといて個人的には積極的に着る必要はないかと思います(おい)

述べてきた通りウルトラライトダウンを目立たせない方向へ着こなしてるので、そもそも見せたくないなら使うなって話ですし。

それでも防寒性とコンパクト性という点では優れたアイテムなので「このアウターじゃ寒さが不安」というときにこそ使うべきだと思います。

おしゃれを崩さずに防寒のためにウルトラライトダウンを使うと言った方が正確かもしれませんね。

 

というわけで今回はこのへんで。

いくらおしゃれは我慢といえど無理せず暖かい格好をして風邪にお気をつけて!

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。