ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

チェスターコートの着こなし方

f:id:boochifashion:20161010162741j:plain

こんにちは、秋にもなり涼しい日が続いておりコートを使いたい時期になってきましたね。

そんなわけで今回は最近のメンズでよく見かけるようになったチェスターコートの着こなし方を紹介しようと思います。

 

チェスターコートはキメ感に注意

まずあるアイテムを使いたいときにはそのアイテムの要素を確認するのが大事です。

例えばフォーマルなアイテムなのかカジュアルなアイテムなのか、などですね。

そしてその要素を元に全体のコーディネートのバランスをとっていく必要があります。

 

バランスとは何かというと、仮にミリタリーアイテムだったとしたら他をミリタリーアイテムで固めたらそれはただの軍人かサバゲーオタクですよね。

その要素に対して同じベクトルのアイテムと組み合わせてしまうと「私服」ではなく「コスチューム」になりかねません。

そこでその要素を崩していくようにバランスを取る必要があります。

 

というわけでチェスターコートについてチェックしていきましょう。

チェスターコートはテーラードジャケットを細身のロングコートにしたようなデザインです。

テーラードジャケットはメンズアイテムの中でも指折りでドレスなキメ感の強いアイテム。

そして細身のロングコートも同様にフォーマルなアイテムです。

 

ということはチェスターコートは極端にフォーマルでキメ感の強いアイテムということになります。

そのためにロングコートやチェスターコートが無意識に苦手という人が多いのではないかと思います。

そういうわけでチェスターコートのコーディネートを考える上で重要なのはそのキメ感をいかに削いでいくかです。

 

それにも関わらずつば広ハットと相性バツグンなんて書かれたりしてますが、それこそキメキメのコーデになりかねません。

もちろん、ちぐはぐなのも考えものなので(例えばロングコートにショートパンツとか)相性も大事だとは思いますし、その他のアイテムとの組み合わせ次第だったりで決して合わせてはいけないわけでないですが、短絡的に「相性が良さそうだから」と合わせるのは避けた方がいいでしょう。

 

というわけでチェスターコートと合わせるのはカジュアルなアイテムにすると意外とすんなりハマってくれます。

ただしいくらチェスターコートでもカジュアルで崩しすぎると逆にだらしなく見えてしまうので、他にもう1つドレスアイテムを入れるくらいのイメージがいいですね。

チェスターコートのフォーマルなキメ感のカッコよさを楽しむのも一つだと思うので。

 

Y(V)ラインシルエットを意識

次に考えるべきはコーデ全体のシルエットです。

ロングコートなのでボリュームがあることから、上半身にボリュームを持ってくるYラインシルエットにするとカッコよくまとまります。

 

そのためボトムスはスキニーなどの細身がベスト。

これはロングコートでは鉄板の組み合わせです。

チェスターコートやロングコートのコーディネートを見ていると大体が細身のボトムスのはずです。

上で短絡的に考えるなと言っておきながらなんですが、シルエットをつくるという明確な理由があるのでここは「ロングコートだから細身のパンツ」と第一に考えて問題ないです。

(ロングコートのキメ感を削ぐために下にワイドパンツを持ってくる方法もありますが少々ファッショナブルな着こなしになるので難しいです)

 

ただ細身にした分そこでもキメ感が出てしまうので、そのボトムス自身でもトップスや小物でも構わないのでカジュアルアイテムにしましょう。

ボトムスならデニム、トップスならスウェット、靴ならスニーカーとかですね。

 

コーデ例

f:id:boochifashion:20161010120831p:image

コーデ解説

今回は黒のチェスターコートを使いました。

チェスターコートは他にも代表的な色にネイビーやグレー、キャメルなどの色もありますが、黒>ネイビー≧グレー>キャメルの順でキメ感が強いと考えてよいです。(ネイビーは青味による)

というわけで今回の黒のチェスターはかなりキメ感が強いアイテムです。

 

まずトップスはグレーのパーカーというドカジュアルなアイテムを持ってきて一気にカジュアルダウン。

フードのおかけでカジュアルに見せる面積が大きくなり、またYラインシルエットを形成するのに一役買っているのがポイント

キメ感は十分中和できたので他のボトムスと靴は黒の「カジュアル感が薄いカジュアルアイテム」を使用することでバランスを崩しすぎないようにしています。

 

いくらトップスがグレーでも全体の黒の面積が大きかったため、白のマルシェバッグや足首見せで「コーデの重たさ」を軽減し抜け感を出しています。(細かいところですがYラインシルエットのためにバッグは手で提げるのではなく肩に掛けています)

 

若干カジュアルに寄せすぎた感はありますが私服として普段使いするなら(特に大学生)このくらいやってしまってもいいと思います。

もしもう少しカッチリさせるならパーカーではないほうが良いと思いますしTPOに合わせた格好が大事ですね。

 

使用アイテム

参考までに使用アイテムのご紹介。

チェスターコートはユニクロU(サイズS)

www.boochifashion.com

パーカーはユニクロのスウェットプルパーカ(サイズXL)

www.boochifashion.com

パンツはユニクロのスキニーフィットテーパードカラージーンズ(サイズ28)

www.boochifashion.com

スニーカーはナイキのインターナショナリスト(サイズ28cm)

www.boochifashion.com

バッグはToday's Specialのマルシェバッグ(大きい方)

www.boochifashion.com

まとめ

いかがだったでしょうか、今回は例として典型的な1パターンしかお見せしていないですが、他に考えられるパターンとしてはボトムスを思いっきりカジュアルなアイテム、例えばスウェットパンツにしてトップスをギンガムチェックシャツやケーブル編みセーターなど「カジュアルめのドレスアイテム」(スウェットパンツはパーカーよりも部屋着感が強いため)を組み合わせたり、他のカジュアル要員としてニット帽やキャップなんかもいいですね。


ぜひこれを参考にチェスターコートと自分の好きなアイテムでおしゃれな着こなしをしてみてください。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。