ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

季節感を出すには?着こなしやすい色とは?色物の服は明度と彩度を意識するべし

f:id:boochifashion:20161007224438j:plain

こんにちは、気づけば10月ということで肌寒い日も出てきましたね。

(それでも例年より暑い気がします…汗)

 

おしゃれの秋ということでまさに「いろいろな」色の服が出てくる季節ですが、色物の服というのは注意すべき点もあります。

ということで今回は色物に関して書きたいと思います。

 

色の基礎知識

まず同じ色と括られるものでも全く印象が違うものがあります。

例えば同じ赤でも、バラのような真っ赤な赤や赤ワインのような黒に近い赤、ピンクに近いような薄い赤などと様々です。

f:id:boochifashion:20161007151228p:image

この違いは色の明度と彩度の違いです。

それぞれ読む字のごとく明度は明るさ、彩度は鮮やかさです。

違いが分かりづらいですが、高いほど明度は白い膜がかかっていく感じ、彩度はビビットになっていく感じですね。

逆に低くなると明度は黒く、彩度はくすんで黒や白に近くなります。

 

着こなしやすい色とは?

それを踏まえて服の色に関して着こなしやすい色とは何かを考えていきます。

 

大人っぽさ・こどもっぽさ

一般的によく言われるのが全体のコーディネートで色数を3から4に抑えるみたいなことをよく見ますよね。

なぜそうするのかというと色がたくさんあるとごちゃついてしまい、まとまりがなくなるからです。

 

ここで意識したいのが子どもっぽさと大人っぽさです。

まとまりがないと大人っぽさがない、つまり子どもっぽくなります。

大人っぽい方がかっこいいのは明白ですよね?

外国人がカッコよく見えるのは彼らが日本人より大人っぽく見えるから(逆にいうと日本人が幼く見えるから)というのが1つの理由だと思います。

すなわち「おしゃれ≒かっこよくみせる」ということで大人っぽく見せていくことが基本です。

 

モノトーン=大人っぽい

そして大人っぽい色とはモノトーンです。

モノトーンとは黒と白ですね。

なぜかというと「大人っぽい」というのは「フォーマル」というのと近しい関係にあります。

フォーマルな場では黒のジャケットとパンツに白のシャツといったようにモノトーンが基本です。

 

またモノトーンの性質として色として意識しにくい(目立ちにくい)というのがあります。

つまり色数として数えなくてよくなるわけです。

そういうわけでよく言われる3から4色ではなくモノトーンを基本に他の色1から2色を加えていくコーディネートを考えると簡単にまとまりやすいです。

 

ペールトーンとダークトーン

話がとびとびになりましたが、最初の着こなしやすい色という話に戻すとモノトーンに近い色ほど「大人っぽい」、「色として目立ちにくい」という点からおしゃれに着こなしやすい色ということになります。

それでモノトーンに近い色とは何かということになるわけですが、それが一番最初に述べた明度と彩度が関係してきます。 

明度が高いほど白に低いほど黒くなり、彩度が低いほどモノトーンに近づくので着こなしやすくなります。

そして彩度が低め中でもおおざっぱにいって明度が高い色を「ペールトーン」、低い色を「ダークトーン」とよんだりします。

 

・ペールトーン

f:id:boochifashion:20161007223112j:plain

具体的なペールトーンの色を挙げると薄いベージュやライトブルーですね。

f:id:boochifashion:20161007140925j:image

コートという面積が大きいアイテムでもベージュならそこまで違和感はありません。

またペールトーンは春らしい色合いです。

ただしペールトーンはやや女性的な印象な色です。

 

・ダークトーン

f:id:boochifashion:20161007223154p:plain

そこで男が使いやすい色がダークトーンです。

ダークトーンは例えばネイビーやボルドーですね。

f:id:boochifashion:20161007141711j:image

ボルドーやワインレッドは赤という色味を出しつつ大人っぽさを感じます。

ちなみにダークトーンはペールトーンとは逆に秋らしい色です。

 

このようにネイビーのスーツや薄い水色のシャツがフォーマルな場面でも着られるように、ペールトーンやダークトーンは大人っぽさを感じさせ着こなしやすく、これらの同じトーンの色ならたとえ2、3色組み合わせてもまとまるという性質もある、優れた色なのです。

 

彩度で季節感を

ペールトーンとダークトーンを明度の観点で話を進めてきましたが、もう1つの要素、彩度はどう扱えばいいのでしょうか?

 

一概には言えませんが、彩度によって季節感を出すことができます。

彩度が低いと秋冬らしく、彩度が高いと春夏らしくなります。

 

f:id:boochifashion:20161007151920j:image

ビビットでポップなカラーになると春っぽく見えます。

 

f:id:boochifashion:20161007152259j:image

くすんだ落ち着いた色になると秋っぽくなりますね。

 

また彩度で気をつけなければいけないのは高すぎても低すぎてもいけないということ。

つまり発色が良すぎてもユニクロのように安っぽくみえてしまいますし、くすんだ色でも色あせたようで悪く見えてしまいがちなので注意が必要です。

この辺の塩梅は実際にみて慣れるしかないですね…汗

 

例えば同じユニクロでも…

f:id:boochifashion:20161007225132j:plain

これは彩度が高すぎます。

まさにThe原色という感じですね。

ちなみにユニクロでさえもこのような色は秋冬ではほとんど見かけないことからも彩度が高いということは春夏という感じが強いのです。

 

f:id:boochifashion:20161007225244j:plain

さっきの原色よりはマシですが今度は逆にこれはくすみすぎですね。

まるで色落ちしたかのような色になってしまっています。

 

ではどんなのがいいかというと…

f:id:boochifashion:20161007225641j:plain

このくらいかこれより彩度が低いくらいがちょうどいいでしょう。

ちなみこのTシャツおすすめです。(半袖もあります)

www.boochifashion.com

 

まとめ

まとめとして色物を使うときはペールトーンやダークトーンが使いやすいという話でした。

しかし季節感のある色に関しては、他人とは違く見せるためにあえて逆を着るという方法もあり、一概には言えません。

またあくまで「着こなしやすい」という観点なので決してビビットな色を使ってはいけないということでないです。

むしろビビットな色などをうまく取り入れれば、よりおしゃれに見られやすいでしょう。

 

これらを参考に色物の服はうまく取り入れて見てください。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。