読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

ヤンキーに見せないスカジャンの着こなし

f:id:boochifashion:20160911175218j:plain

今回は最近トレンドに乗り始めたスカジャンの話です。

スカジャンとは「横須賀ジャンパー」の略でツヤツヤなサテン生地に龍とか虎の派手な刺繍が入っていたりするブルゾンです。

スーベニアジャケットと言ったりもしますね。

外見はMA-1ブルゾンと同じような形です。

実際表がスカジャン裏がMA-1みたいなリバーシブルで着れるものとかもありますしね。

 f:id:boochifashion:20160911181026j:image

 

雑誌等でもスカジャンはよく見かけるようになり、近年のシンプルが好まれる傾向だったのが最近では逆に派手なものに舵を切り始めた1つの例ですね。

とはいえいくらトレンドといえどスカジャンというとどうしてもヤンキーに見えてしまい敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はいかにしてヤンキーのようにならないようにするかを考えていきたいと思います。

 

スカジャンの選び方

まず根本的にどのようなスカジャンを選ぶかからです。

王道的なTheスカジャンというのはいかにも品の悪そうなアイテムです。

その主たる原因が刺繍です。

f:id:boochifashion:20160911181403j:image

なのでもういっそのこと刺繍がないものを選んだほうがスカジャン特有のハード感を緩和できます。

もはやそれってスカジャンじゃないんじゃ…という声もありそうですが(笑)

あくまで今回は厳つく見せないことが目標なので…。

少なくともスカジャン特有のテカテカ感はあるのでそれでも十分スカジャンらしさを出すことはできます。

 

でもそんな都合よく刺繍のないスカジャンなんてあるの?と思うかもしれませんが、意外と身近なGUでも売ってたりします。

www.uniqlo.com

まあGUの場合は刺繍をつけると高くつくからという別の理由とかもありそうな気はしますが(笑)

でも手軽に手に入るので入門的に買いやすいのは嬉しいですね。

 

着こなし方

本題の着こなし方ですが、基本的に考えるべきなのは「ヤンキーが着なさそうなアイテムと合わせること」です(笑)

ただしあまりにアンバランスなアイテムと合わせるとチグハグになりかねないのでそこはうまく調節してやる必要はあります。

 

ボトムスは細身デニムorスラックス

まずはパンツですがここでダボダボのダメージジーンズを履いた日にはただの田舎の兄ちゃんです。

まあ確かにストレートジーンズやカーゴパンツなどと合わせれば男らしくていいのかもしれませんが、世間のイメージもありますしおしゃれに見せるのは難しいものです。

そこで細身のスキニージーンズやスラックスと合わせるとやんちゃ感を緩和できクリーンに見せることができます。

 

トップスはシャツやニットがベター

またトップスはドレスな白シャツなどを持ってくるとより大人っぽく見せることができます。

白シャツを持って来れば他が多少やんちゃなアイテムでも上手く緩和してくれます。

よりクリーンに見せるなら中性的なイメージを与えるスタンドカラーやストライプのシャツもありですね。

 

また寒い時期ならニットでも柔らかいイメージを与えることができます。

特にタートルネックはこういうノーカラーブルゾンにありがちな首元の寂しさを解消できるのでおすすめ。

 

コーデ例

上のポイントを再現するとこうなります。

f:id:boochifashion:20160911221232p:image

白シャツに黒のスラックスのモノトーンコーデです。

逆にカッチリすぎるので足はスニーカーで。

ヤンキー臭は十分取れているのではないでしょうか。

 

またあえて薄青のジーンズとカットソーを使ったパターンはこちら。

f:id:boochifashion:20160911221248p:image

ボトムスは細身、トップスをハイネックのカットソーにすることでカッチリ感を加えています。

ネックが高いと品の良さが出るのでスカジャンを中和させるのにぴったりです。

またそれだけだとちょっとラフかなと思ったのでハットと革靴で全体を引き締めています。

 

今回は以上です、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。