ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

オタクの代名詞チェックシャツおしゃれに着るには?ギンガムチェックで雰囲気イケメンに

f:id:boochifashion:20160905213406j:plain

秋になり夜は涼しく日もありシャツを着る機会も増えてきましたね。

特にチェックシャツはユニクロも大量に販売しています。

 

そんなチェックシャツですがどんなイメージがあるでしょう。

やはりオタクが着ているという印象が強いのではないでしょうか。

やはりそんな印象からチェックシャツは野暮ったい感じを受けがちです。

そこで今回はチェックシャツを綺麗に着こなす方法を紹介します。

 

シャツは着丈に注意

f:id:boochifashion:20160905205802j:plain

まずチェックシャツの全般的な話です。

チェックシャツを羽織りものとして使うことも多いと思いますが、そのさいは着丈は短めの方がいいです。

着丈が長いのを前開けしてしまうとヨレっとなってしまい野暮ったくなりがちです。

そのあたりもオタクくささを出してしまうのでインナーとのレイヤードも意識して短めにしましょう。

総じてユニクロのシャツは前開けには長いです。

逆に前を閉めて着るならやや長めの方がシルエット的なバランスが取りやすくなります。

 

他のアイテムを綺麗めにまとめる

f:id:boochifashion:20160905214146j:plain

チェックシャツはどう見てもカジュアルなアイテムです。

そのためダボっとしたカーゴパンツやジーンズと合わせるとアメカジらしくていいと思うかもしれませんが、それだとどうしても子どもっぽさが全開になってしまいかっこよくまとめるのは実は難しいです。

ちなみにダボッとしたパンツに着丈に短いトップスを持ってくるのは正解です。

それでも合わせるならスラックスのワイドパンツを合わせたほうが綺麗に大人っぽくまとまります。

 

ジーンズに合わせるにしてもはせめて細身にするとまとまりやすいです。

f:id:boochifashion:20160905210400j:plain

これは外国人だからかっこよくみえてるんじゃないか?というのは否めないですが…(汗)

それでも濃い目のスキニーデニムや革靴を使ってチェックシャツの子供っぽさを中和して大人っぽくまとめてます。

 

タックインは高難易度

f:id:boochifashion:20160905214207j:plain

よく外国人のスナップでこんな格好を見かけますが…

タックインはきっちり感を出してくれるのでチェックシャツのカジュアル感を抑えてくれると思いきや、チェックシャツをズボンの中にインすると今度は一気におじさんくさくなります。

最近はメンズでもシャツインがやや流行り始めてはいるものの、あえてやる人は少ないとは思いますが一応。

 

無難なギンガムチェック

具体的な話になると1番オタクっぽさが薄くむしろ爽やかに着こなせるのがギンガムチェックです。

ギンガムチェックとはこんな感じのチェック柄です。

f:id:boochifashion:20160905123327p:plain


上記画像のようなモノトーンでまとめた柄のものが多く、またシンプルなデザインのため柄物なのに他のアイテムの邪魔をし過ぎず、1枚でも重ね着でも着やすいです。
もし持っていなかったら1枚は持っておいて損はないチェックシャツです。

着ると雰囲気イケメンに見えますよ(笑)
 
そしてこのギンガムチェックを選ぶさいの注意というか見るべきポイントはチェックの大きさです。
基本的にはチェックが大きいほどカジュアルで子供っぽくなります。
できるだけチェックが小さいものを選んだ方が着回しがしやすくなります。
ただチェックらしさが無くなるとも言えますが…。
 
ユニクロでは春によさげな黒のギンガムチェックシャツが売ってたんですが、9月現在は無さそうですね。

www.uniqlo.com
今は赤地や緑地のものが売っています。

www.uniqlo.com
小さめのチェックで大人っぽく着こなせる大きさですね。
ただ1枚目にはやはり白地に黒のチェックのものがいいでしょう。

無印にも黒白のギンガムチェックが売ってますが、ユニクロの方がややチェックが細くていいんですよね。

www.muji.net
もちろん決して大きいわけではないので許容範囲ではありますが。

 

派手な柄は脇役として 

チェックシャツといえばタータンチェックのような派手なものもおおいです。

そこでこのようなアイテムは主役として1枚で着るとどうしても主張してくるので難しかったりします。

もちろん着れなくはないですが他をスラックスや革靴などでカッチリさせないと子どもっぽさが出てしまいコーデの幅狭くなってしまいます。

そんなときは脇役として使うのがおすすめ。

腰巻き

例えば腰巻き。

無地のアイテムでまとめたときやモノトーンコーデでなんか地味だなと感じたときに、チェックシャツで腰巻きをすれば脱地味化が図れます。

腰巻きの方法についてはまた今度記事にしようかと考えています。

 

インナーとして

またのアウターの中に着るのもおすすめ。

主張が強くても見える面積が小さくなるので黒のアウターに適度に色取り入れたり、ロングコートなら適度にカジュアルダウンできます。

 

まとめ

結論としてチェクシャツ1枚で着る場合はギンガムチェックがおすすめです。

今持っているのがギンガムでなくどうしても使いという場合は最初に挙げた3個のポイントに注意して、脇役として持ってくることも考えるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。