ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

ソックスチラ見せコーデのコツ!重くなりがちな冬秋コーデにアクセントを

f:id:boochifashion:20160904232011j:plain

9月に入っても相変わらず暑い日が続いてますが、それでも涼しい日があったり少し夏の終わりを感じるようになってきた今日この頃。

味覚の秋や芸術の秋といったようにファッションも秋は楽しみが増える時期です。

 

そんな秋には夏にはできなかったコーデができるわけですが、その1つがソックスチラ見せです。

最近はあえて靴下を見せるのがおしゃれな着こなしとして認知されていますが、ただ靴下を見せればいいというわけではありません。

というわけで今回は靴下見せの簡単なコツをご紹介します。

 

カジュアルな着こなしと考えるべし

当たり前ですが普通はあえて靴下を見せるということはしません。

それをわざと見せるわけなのでカジュアルな着こなしと考えることが基本です。

つまりキメ感を崩すためにあえて見せるというのがうまくまとめるポイントです。

 

色を大胆に使うべし

秋や冬は暗い色の服が増えがちなため地味な印象を払拭するために色を取り入れたいですよね。

そこで靴下をポップなカラーや柄にすることで重くて地味なコーデに軽さを出すことができます。

靴下なら小さい面積なので派手でも抵抗は少ないはず。

しかも体の先端は実は目立ちやすい場所なので面積は小さくても効果は大。

 

逆に言うと靴下を見せるときは他のものをシンプルにまとめることが重要です。

他にも色んな色や柄を使っていたりするとごちゃごちゃしてしまいます。

ピンポイントで見せるからこそ効果的なのです。

 

見せすぎないべし

最後のポイントは見せすぎないことです。

「あえて」見せるわけなので、やり過ぎると嫌味ったらしくなります。

メンズファッションはこれ見よがしにかっこつけることは嫌悪されており(例えば過剰な襟立てなど)、さりげなくおしゃれするのが美です。

自分の視点だと見えづらいためちゃんと鏡を使ってウエストやロールアップを調節し、あくまで「チラ」見せを意識しましょう。

ただあまりに地味だったりカジュアル感が薄ければ思いきり見せる技もアリ。

 

具体的なパターン

ポイントは以上の3点です。

実はこれだけ抑えれば大丈夫。

スニーカーで外す感覚と似てますね。

 

あとはよくあるパターンをご紹介します。

モノトーンコーデに色物ソックス

モノトーンやワントーンコーデに差し色に加えるパターンです。

よくあるのが赤や青、黄色といった原色系のソックスですね。

f:id:boochifashion:20160904222328p:image

ちなみに靴下はユニクロの無地カラーソックスを使っています。

普段はいかにも使いづらい原色アイテムを出してるユニクロですが、靴下ばかりはある意味発色の良い原色カラーでチラ見せには最適です。

ちなみにこの赤はお店に行ったら靴下のコーナーではなくコンテナの方に積んであったのでもしかしたら店舗によってはもう売ってないかもしれません。

オンラインでは記事を書いてる現在ではありました↓(16RED)

www.uniqlo.com

また色が強すぎて抵抗がある人もいると思いますが、暗めの色なら大人っぽさも感じられます。

ただし色が暗すぎると効果が分かりづらくなるので注意。

ユニクロでも上のより少し暗めの赤いもの(17番のRED)が売っています。

www.uniqlo.com

ただ記事を書いている途中でオンラインで売れ切れてしました…(汗)

もしかしたら在庫が復活するかもしれませんが、店舗でも品薄気味なようなので欲しい人は早めにチェックした方がいいかも。(店舗在庫確認でオンラインで売り切れている色も確認できます)

僕が店舗で買った青も見当たらないので原色がやはり人気のようですね。

 

コーデに使ったアイテムの関連記事

www.boochifashion.com

白ソックス見せ

色物を使うとかなりカジュアルで若々しい感じですが、白は真面目でクリーンな印象を与えます。

ただし逆に下手すると野暮ったい印象も与えてしまうので注意。

そう意味で白ソックスは難易度が高いことは心得ておきましょう。

 f:id:boochifashion:20160904222356p:image

メリットは白はモノトーンのためどんな色でも合わせやすいところ。

スラックスや革靴に合わせると一気にモード感がでます。

 

コーデに使ったアイテムの関連記事

www.boochifashion.com

無地コーデに柄物ソックス

無地で地味だなと感じたら小物で柄物を取り入れるのが便利。

ただ柄物バッグは使い勝手がいいわけではなく値段もそこそこするので買うのにためらうかもしれませんが、ソックスなら安い値段で簡単に柄物が取り入れられます。

 f:id:boochifashion:20160904222530p:image

ただ柄物というと悪趣味で抵抗があるかもしれませんが、1番受け入れやすいのはボーダー柄でしょう。

ただのボーダーでも他が無地なら簡単にアクセントをつけることができます。

こちらは無印の直角靴下。

今回はオートミールを使いましたがネイビー×赤も面白いですね。

www.muji.net

コーデに使ったアイテムの関連記事

www.boochifashion.com

 

www.boochifashion.com

トップスや小物の色と合わせる

最後に他のアイテムの色を拾ってそれを靴下に取り入れる技です。

色を合わせることで統一感が生まれます。

よくあるのがキャップと色を合わせるものですが、今回はトップスで合わせてみました。

f:id:boochifashion:20160904222743p:image

アウターのダークグリーンと合わせても面白かったかもしれませんね。

 

コーデに使ったアイテムの関連記事

 

www.boochifashion.com

www.boochifashion.com

まとめ

上述したとおりポイントは他をドレスかつシンプルにまとめることです。

また上の例で全てパンツと靴が黒なことに気づいたでしょうか。

「黒で挟む」というのは色を強調してくれるだけでなく、締まりを生み出してくれるのでカジュアルに寄り過ぎずメリハリをつけることができます。

別に黒で挟むことが必須なわけではありませんが、コーデがしやすくなるので参考までに。

 

以上のポイントをもとにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。