読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

メンズファッションのそれってアリ?ナシ?

f:id:boochifashion:20160819144637j:plain

こんにちは、ファッションっておしゃれって言うけど、それむしろダサくない?っていう着こなしってありますよね。(多くが一周してまた流行になってるもの)

そこで今回は巷でそのようによく言われるようなものを僕の独断と偏見でアリかナシかを考えていきたいと思います。

 

ロールアップ

ナシ度:★☆☆☆☆

ロールアップは上手くやらないとただのかっこつけと思われてしまいますが、割と市民権は得ているのかなと。

というわけでナシ度レベルは1です。

ポイントとしてはカッコよさそうだからやるというのではなく、あえてテーパード感を出したいとか足首を見せて抜け感を出したいからという明確な理由の元にやるといいでしょう。

 

白ソックス

ナシ度:★★☆☆☆

半端丈のパンツに白ソックスを覗かせるスタイルです。

 

中学校のときは校則で白のレギュラーソックスを履くのが決められていたところも多いはずです。

そのイメージからか下手すると小中学生に見られてしまう白の靴下。

もしくは元々白ソックスを使うスタイルというとトラディショナルスタイルなのでおっさんぽくて野暮ったいという感じも受けると思います。

 

ポイントとしてはちゃんと綺麗なものを使うこと(笑)

汚れた白ソックスなんておしゃれ以前に完全にアウトです。

 

サンダルに靴下

ナシ度:★★★☆☆

また靴下ネタですが、最近割と見かけるのがサンダルに靴下を履くスタイル。

レディースからメンズにも流れてきた感じですかね。

これも白の靴下のことが多いですね。

 

これは単純に暑いからサンダル履いてるのに靴下履いてることに矛盾が感じてしまうことがおかしく見える原因ですね。

個人的にはあえてやる必要はないと思うのですが、どうしてもやるならスポーツサンダルやグルカサンダルなどといったスタイリッシュなサンダルと合わせるべきです。

シャワーサンダルと合わせてしまうとシャワーサンダル自体が「ダサい」アイテムなので他の部分でキメ感をより多く出していかないとバランスが取れなくなってしまい難しくなってしまいます。

 

ニットの肩がけ

ナシ度:★★★☆☆

いわゆるプロデューサー巻きとか言われるあれですね。

これは個人的には厳しいと思います。

というのもやはり世間一般のイメージから言ってプロデューサー(笑)と揶揄され、ただのパリピと思われるでしょう。

 

あと前で巻かないでただ肩に掛けるのもありますがあれはもっとアウトですね。

普通の人からすれば「間違えて肩にかかっちゃったのか…?」となります(笑)

ていうか生活してたらずり落ちてくるので実用的じゃありません。

 

メンズファッションは作為的な着こなしを嫌う傾向にあるので、このような明らかに見てわかるもの難しいですね。

あえてやるなら目立ちにくい色を選びましょう。

 

シャツの腰巻き

ナシ度:★★☆☆☆

肩がけよりはこっちの腰巻きの方が市民権は得てますかね。

Tシャツに普通のパンツという地味なスタイルでも取り入れると地味感を払拭してくれるので着こなしの幅が広がります。

ただやはりカッコつけている感は否めませんね。

 

襟立て

ナシ度:★★☆☆☆

ポロシャツとかでよくありますね。

何も考えずにやるとただのホストにしか見えません(笑)

コツとしては完全に立てるのではなくちょっと折り返すことですね。

またYラインシルエットと組み合わせればシルエットを強調できるので、シルエットが弱いなというときに有効です。

 

丸メガネ

ナシ度:★★★★☆

最近のリバイバルの流れをメガネでも受けており、それで流行ってるのが丸メガネですね。

これは単純に人の顔を選びます。

掛けた日にはジョンレノン、あるいはサザエさんの中島君というあだ名がつく日は遠くないでしょう(笑)

それでも黒縁メガネが流行ったように、これからもっと掛ける人が増えるのでしょうか…。

 

スカーフ・ストール

ナシ度:★★★★★

スカーフやストールといえばイタリア人というイメージですが、イタリア人といえば伊達男ですよね。

上で述べた通り、メンズファッションは作為的な行為を嫌います。

これらのアイテムは明らかに「おしゃれをする」ためのアイテムで機能的側面はないためいかにも「おしゃれでしょ?」というアピール(=伊達)をしているようなものです。(ここでいうストールは春夏のやつです。冬は防寒という側面があるのでまだ許されるかなと)

もちろんネックレスとかもそうなるのですが、一般にスカーフやストールをしてる人は少ないためより作為的にみえてしまいます。(おしゃれは差別化が必要といえども)

 

やるとしたら出来るだけ面積を小さくさりげなくやるのがいいでしょう。

 

まとめ

以上挙げた着こなしはもちろんやってはいけないというわけではありませんし、おしゃれもできます。

ですが勘違いしてはいけないのは「それをしたからおしゃれ」なのではなくで「それを『着こなしている』からおしゃれ」なのです。

例えば流行ってるからとりあえずやってみるというのは意味がないことです。

何も考えずにやったら当然ダサいだけです。

 

逆に言うと考えて着る必要があるということです。

それだけレベルが高いということです。

なので今回つけたナシ度レベルはやってはいけないというより難易度が高いという意味合いの方が強いです。

 

初心者のうちは流行りだからと取り入れる必要はありません。

逆におしゃれに自信がある人はがんがん挑戦してみてください(笑)

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。