ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

オール同色コーデ攻略法

f:id:boochifashion:20160815145536j:plain

こんにちは、今回は「オール同色コーデ攻略法」と題してワントーンコーデのコツを書いていきます。

オール同色コーデと書きましたがオールブラックコーデやオールホワイトコーデといったもののことです。

 

「難しそう」という印象を受けるかもしれませんが、コツを掴めば雰囲気が出しやすいので案外サマになりやすいコーデです。

それでも経験がないと少なからず抵抗があると思うで、今回は難易度をいかに下げて着やすくするかに注力してコツを紹介したいと思います。

 

同色コーデがしやすい色は?

まず大前提としてどの同色コーデにするかを考える必要があります。

そして実はこの同色コーデがしやすい色というのがあります。

 

 それを考える上で最も身近な同色コーデって何かというとスーツだと思うんですよね。

もちろん中に白のシャツを着てるので「オール」かと言われると違うんですけど上下とも同じ色ですよね?

 

そこでスーツによくある色といえば、黒や紺、グレー、あとぎりぎりあって白といったところでしょうか。

もちろんスーツは「スーツ」というフィルターを通して見ているため一概には言えないですが、それでも上下同色でも違和感がないですよね。

そういうわけで実は同色コーデがしやすい色というのは黒、紺、グレー、白なんです。

 

最初に挑戦するときはこれらの色がいいでしょう。

もちろん他の色でもできますが難易度がグッと上がります。

 

肌の露出の増で難易度低

単純に肌の露出する部分を増やすことで服の色の面積が減るのそれだけで難易度が減ります。

この方法は特に重々しくなりがちなオールブラックコーデにおいて有用です。
そういうわけで実はオールブラックコーデは夏の方がやりやすかったりします。(暑苦しさは否めないですけど)

 

肌の面積増やすというと例えば半袖、短パンにするとか、応用的なのだとロールアップするとかですね。

また短パンと言わずともくるぶし丈くらいのものでも効果はあります。

f:id:boochifashion:20160815121512j:image

やってみると分かりますが、靴まで黒色にしてる場合フルレングスのパンツだとかなり重い印象を与えます。

 

全てを同色にする必要はない

「オール」と冠しておいてあれですけど全部が全部一緒にする必要はありません。

もちろん一緒にした方が統一感があり、おしゃれポイントは高いのでしょうけど、「全部一緒の色にまとめること」が目的ではなく「カッコ良く見せること」が目的であるはずなので「ちょっと難しいな」と思ったら部分的に別の色を加えると着やすくなるはずです。

原則的には上下の色を合わせればいいので、例えばインナーを別の色にしたり、小物を別の色にしたりするとかですね。

f:id:boochifashion:20160815112542j:image

こんな感じで、Tシャツは黒地だけど白の文字が入っていたり、靴も完全な黒ではなく白が混じったものになっています。

 

靴を別の色にするというのは良く見かける手法ですね。

他にもタンクトップやTシャツのレイヤードとかは面積が小さくてもかなり有効です。

f:id:boochifashion:20160815113806j:image

このようにワンポイント他の色を付け足すだけで難易度が減ります。

ちなみに加える色はモノトーンだと影響が少ないです。

例えばブラックコーデなら白やグレーなどですね。

 

アクセサリーをつけるのもありです。

ネックレスとかでもつけるだけで、ワントーンコーデにありがちなのっぺり感を解消できます。

 

上下のトーンを変える

同じ赤でもどす黒い赤や淡い赤などありますよね。

その違いがトーンなんですが、上下のトーンを変えることも有用なテクニックです。

 

この手法は特に白やグレーにおいて有効的です。

例えば、白であれば上をオフホワイト、下をクリーンなホワイトにするなどですね。

 

またグレーに関してはかなり幅の広い色です。

白に近いライトグレーから黒に近いダークグレーまで様々です。

さらにグレーにはスウェットとかでよくある杢模様が入ったものも多いです。

f:id:boochifashion:20160815120147j:image

この模様の有り無しなどでも変化を出すことができます。

そういうわけでグレーはこのテクニックがかなり効いてきます。

 

シルエットにも注意

色に注意しすぎて忘れがちなのがシルエットです。

上述したように同色コーデはスーツで見られるためオール同色コーデはキメ感のあるコーデです。

そのためキメ感が強くなりすぎるときがあります。

 

そのときはシルエットを緩くするといいです。

例えばビッグTを使ったり、ワイドパンツを使ったりですね。

ビッグシルエットに抵抗のある人は緩めのテーパードパンツでもいいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、ぜひこれらのコツを駆使してオール同色コーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。