読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

ユニクロのポロシャツまとめ![2016年夏版]

 

f:id:boochifashion:20160803103215j:image

今回はユニクロのポロシャツ特集です。

ひとえにポロシャツと言ってもユニクロでポロシャツとカテゴライズされているのが調べてみると現在50以上ありました。

どれを選べばいいの?となってしまうと思う人もいると思うのでどう違うのかを紹介していきたいと思います。

ではさっそく見ていきましょう。

 

大きく分けて7種類

ユニクロのポロシャツを大きく種別すると6種類あります。

それが

  • ドライカノコ
  • ドライシャツカラー
  • ドライコンフォート
  • ドライEX
  • Theory
  • ユニクロアンドルメール

の6つです。

上の4つが通常ラインのもので、下2つが他のブランドとのコラボしたものです。

通常ラインのものにいたっては全部「ドライ」じゃねーかとつっこみたくなるんですが…(笑)

ちなみにTheoryは上4つの中に分類できるので微妙なんですが、一応普通のとは違うということで分けました。

この種別からそれぞれ細かく見てみましょう。

 

ドライカノコ

これがもっともポピュラーなポロシャツです。

特徴としてはポロシャツによくある表面がツブツブっとした鹿の子(:かのこ)地になっています。

また生地はユニクロお得意のスーピマコットンを使用しています。

スーピマコットンってなんぞやという人のために説明しておくと綿の中でも上質なピマコットンのさらにスーパーなバージョンのものをスーピマコットンと言います(本当です笑)

ようは高級な綿てことです。

このポロシャツは特に可もなく不可もなくというソツのない感じのポロシャツです。

UTとかスターウォーズとかのコラボで使われるのもこれです。

 

そしてこのドライカノコポロシャツも細分化することができて、

  • 無地
  • ボーダー
  • デザイン
  • プリント

の4つに分けることができます。

無地とボーダーに関しては文字のごとくそのままの意味です。

「デザイン」は襟や前立ての裏に色が入ってたりしています。

「プリント」はドット柄のポロシャツですね。

 

ドライシャツカラー

こちらはドライカノコと何が違うかというと襟がシャツのようになっているところです。

そのおかけでよりカッチリが生まれます。

つまりクールビズとかで使うならこのあたりのポロシャツですね。

 

ドライシャツカラーも分けると、

  • ボタンダウン
  • セミワイド

の2つになります。

ボタンダウンはシャツと同様に襟元がボタンで留められているもの、セミワイドは襟元にかけて幅が広くなっています。

 

まあこの中にもまたドットとかチェックとかあるんですけどね。

それも全体的にオフィス用途を想定してか大人しめなものが多いです。

 

ドライコンフォート

ドライコンフォートポロシャツはエアリズムのポロシャツ版です。

そのため手触りや光沢感などがエアリズムのそれに近いです。

襟もドライシャツカラーと同様にシャツ風の仕様になっており、こちらもカッチリ感があります。

 

ビジネス用のポロシャツならこちらもありですね。

というかエアリズムにしてるあたりそういう需要を見越して作ったんでしょうね。

ただドライシャツカラーに比べてあまり売れていないご様子…だったんですがこの記事を書き始めたときはそうだったんですけど、投稿する前にもう一度見てみたらオンラインストアの方で一気にポロシャツが売り切れになっていました。

 

ドライEX

こちらはドライEXシリーズのポロシャツですね。

ドライEXは普通のドライよりもっと機能性が高い素材です。

スポーツ、特にゴルフをする人にはこちらですね。

錦織選手とかが着てたようなユニクロのマークが胸に入ったやつとかありますし(笑)

 

www.uniqlo.com

Theory

以上が通常ラインで次からがコラボ商品です。

Theoryのポロシャツは3つあり、

  • ドライカノコクレリック
  • ドライEXスタンドカラー
  • ドライカノコフルオープン

と名前を見て分かる通り、今まで見てきた商品のデザインを少しファッション的な面白くしたものです。

素材的な違いとかはありません。

一応以前記事を書いているので詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

 

www.boochifashion.com

ユニクロアンドルメール

最後はユニクロアンドルメールのポロシャツです。

発売当初一気に売り切れたんですが、1度再入荷しました。

オンラインだと再入荷分も売り切れてるみたいですが店舗によってはまだ売れ残ってました。

 

こちらはTheoryのものと違って完全にユニクロの通常ラインとは別物のポロシャツです。

こちらも鹿の子地のポロシャツなんですがカノコポロシャツにありがちなカジュアル感を抑え、より高級感のあるポロシャツになってます。

 

おすすめしたいポロシャツではありますが、欠点は襟の表面や首の背中部分の模様が特徴的なので見る人が見たら1発でバレる仕様になってます(笑)

あと生地が薄いので洗濯するとシワシワになりやすいです。

何年も使えるようなものではないですね。

 

まとめ

僕のファッション的なおすすめとしては順にユニクロアンドルメール、ドライシャツカラー、ドライカノコです。

柄も無地の方が使いやすいです。

以前にもポロシャツのおすすめを書いているので詳しく知りたいかたはぜひ。

 

www.boochifashion.com

上にも書いたとおりオンラインストアでは一気に売り切れになっていたのでまたポロシャツを買い足していないという人はお早めに(特にユニクロアンドルメール)。

以上ユニクロポロシャツのまとめでした!

 

ところで、今年はよく雨も降ったりで蒸し暑い夏ですね。
僕は夏バテのせいか体調を崩してしまいました…。
テストとバイトで忙しかったせいでインスタントとコンビニ弁当ばっかり食べてた報いですかね(笑)
みなさん体調管理は万全にいい夏にしましょう!

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。