読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

自撮り用にカメラを買いました

f:id:boochifashion:20160705232137j:plain

こんにちは、今まで自分のコーデを写真にするときはスマホで撮っていたんですが、もう少しいい感じに撮りたいと思いついに初めてカメラを買ってしまいました。

なのでなぜそのカメラを選んだのかや開封レビューをしていきたいと思います。

ちなみに僕は全くの知識ゼロのド素人なのであしからず。(詳しい方から見れば間違ってるよ!ということもあるかもしれないですが暖かい目で見てください…)

 

求めていた条件

僕がカメラを買う基準にしたのは

  1. スマホ以上かつコンパクト
  2. モニターがバリアングル
  3. スマホとWi-Fi同期ができる
  4. 安価

こんなところですかね。

かなり初心者感丸出しですけど(笑)

順に詳しく見ていきましょう。

 

スマホ以上かつコンパクト

f:id:boochifashion:20160703213343j:plain

まずカメラには「コンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ、デジカメ)」、「一眼レフカメラ」などあります。

僕としてはスマホで代替できる程度の画質の写真しかとれないなら意味がないけど、そこまで本気じゃないし自撮りするためにわざわざデカイのを持ち歩くのも嫌だなというわがままな要望がありました。

 

そこで調べていたところ「ミラーレス一眼カメラ」なるものが存在しているそうな。

名前自体は知っていたのですが詳しく知らなかったため調べてみると、一眼レフのようにレンズを交換することができ、かつミラーをなくすことで小型化されたもののそうです。

 

まさに僕の求めている条件に適していそう。

なのでとりあえずミラーレス一眼カメラという条件で絞りこむことに。

 

モニターがチルト液晶

f:id:boochifashion:20160703214236j:plain

次に考えた条件は自撮りに必要なチルト液晶になっていること。

つまりモニターの液晶画面がレンズのある正面側に向いてくれることが条件でした。

 

スマホとWi-Fi同期ができる

f:id:boochifashion:20160703214625j:plain

これも同じような条件ですが自撮りのためリモートコントローラーでシャッターが切れるのが便利だなと思っていました。

時代は進化したものでスマホとWi-Fi接続することでスマホをリモコンにしたり、画像を送れたりできるような機種があるみたいです。

 

今の時代スマホに画像を送れるのはありがたいですね。

ツイッターとかのSNSにもアップしやすいですし。

 

安価

f:id:boochifashion:20160703215404j:plain

いい画質の写真は撮りたいですが機能を持て余して宝の持ち腐れにするのもあれですし、エントリーモデルのようなできるだけ安い方がいいなと。

まあ安いほうがいいのは誰でもそうだと思いますけどね(笑)

ただ、長い目でみて比較的安くてもちゃんと使っていけるようなものがいいということもあり、予算は5万以上で考えました。

 

3機種に絞り込んでみた

以上の条件から見当をつけて3機種に絞り込んでみました。

それがこちら。

・Panasonic Lumix GF7

 

・OLYMPUS PEN Lite E-PL7

 

・SONY α5100

 

どうやらミラーレスは主にこの3社が販売しているみたい。

 

比較

それぞれの特徴を調べられる範囲で比較してみました。

ちなみどの機種も180度のチルト液晶でWi-Fi対応です。

まずは肝心の画質から。

機種 有効画素数 センサー
 GF7  1600万画素  4/3型Live MOS センサー
  E-PL7  1605万画素  4/3型Live MOS センサー
 α5100  2430万画素  APS-C

 

どうやら調べてみると「画質の良さ=画素数の大きさ」ではないらしいです。

カメラやスマホのCMで画素数を売りにしているものが多いため世間的に画質=画素数という観念が根付いてしまっているのだとか。

かくいう僕も最初はそうだと思ってました(汗)

 

で何をみればいいかというとセンサーのサイズ。

センサーサイズが大きいほどボケ味のある写真が撮れるんだそうで。

で、センサーサイズは4/3型Live MOS センサー<APS-Cでどちらにしろα5100のほうが画質はよさそう。

 

そしてお値段に関して、本体に標準レンズがついたレンズキットとそれに望遠レンズもプラスしたダブルズームキットについて比較してみると…

機種 レンズキット ダブルズームキット
 GF7  59800円
  E-PL7  57722円  71000円
 α5100  78180円  86483円

圧倒的にGF7が安いですね。

α5100はやや予算オーバー気味といったところ。

 

何を選んだのか

最初は画質のよさ的にα5100でもよかったんですが、アマゾンでプライム対象の商品がなかったこと、予算オーバーなことからやめました。

 

それで安いGF7にしようかと思ったんですが…

GF7はダブルズームキットしか売っていない!

確かに2つもレンズがついて6万弱のお値段というのはお得な気がしますが、よくよく考えると自分の使用目的を考えると望遠レンズはいらない気が。

 

ということで結局E-PL7のレンズキットを購入することにしました。

 

でも今調べてたらα5100の前のモデルのα5000が4万円売られてますね。

 

機能的に問題ないしそっちの方がよかったんたんじゃないかと軽く涙目(笑)

 

開封レビュー

ま、まあ気を取り直してせっかくなので開封レビューします。

 f:id:boochifashion:20160705092809j:image

 

開けると本体、レンズ、説明書、バッテリー、フラッシュなどもろもろが入ってました。

f:id:boochifashion:20160705093509j:image

 

そして肝心の中身というと

f:id:boochifashion:20160705093855j:image

色はブラックを選びましたがかっこいい!

シボ加工の施された合皮部分がいい意味でチープ感があるというか。

 

E-PL7はデザイン性も良く女子にも人気という理由がわかる気がします。

デザインという点でファッションブログとしては適切だったかもしれませんね。(α5000を選ばなかったのを正当化してる←)

 

別途買ったもの

そして別途買った物も紹介します。

まずは絶対必要なSDカード。

これは最近進歩しててSDHCとかSDXCとかたくさんあってよく分からないのですが、とりあえず信頼できるサンディスク社のものを買いました。

SanDisk Ultra SDHCカード UHS-I Class10 16GB 40MB/Sec. [国内正規品] SDSDUN-016G-EPK [エコパッケージ]
 

 

で、次は絶対「必要」というわけないですがあると便利そうなものを。

元々レンズキャップはついているのですが、ものぐさな僕はすぐに無くしそう(笑)

ということでつけっぱなしで写真が撮れるレンズキャップを買いました。

 キットについている標準レンズ用の自動開閉式レンズキャップはこちらですね↓

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ ブラック LC-37C BLK

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ ブラック LC-37C BLK

 

 

つけてみるとこんな感じ。

 f:id:boochifashion:20160705225926j:image

まぶたみたいですね。

元々のコンパクトさに加えてコンデジ感が増してしまってますが(笑)

使うときにはこのまぶたの部分が開いてくれるのでこれでいちいち使うときにキャップを外なくてすみます。

 

アマゾンのレビューでは厚みがある的なことが書かれてましたが、十分コンパクトですね。

f:id:boochifashion:20160705230028j:image

 

まとめ

書いといてあれですけどファッションブログの自撮り用カメラとかこの記事誰に役立つんだろうか(笑)

まあとにかくこれからはこのカメラ使っていきたいと思います。 

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。