読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

スニーカーで「外す」って?派手なスニーカーの使い方

f:id:boochifashion:20160703160349j:plain

こんにちは、以前の記事で1足目に選ぶような使いまわしやすいスニーカーを紹介しました。

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ↓

www.boochifashion.com

そこではなるべく目立たないスニーカーを選ぶべきだと書きましたが、それじゃあ目立つスニーカーは履けないのかというとそういうわけではありません。

スニーカーが目立ってもいいようなコーデをすればいいわけです。

いわゆるスニーカーで「外す」ということをします。

 

外しとは

ところでファッションにおける外しとは簡単にいうと「キメたところをあえて崩してバランスをとること」です。

といっても言葉だけだとなんのこっちゃという人もいると思うので具体的な写真も交えて説明します。

f:id:boochifashion:20160703160612j:plain

例えばこれだと靴以外はモノトーンでまとめておりシックな感じですが、靴を目立つ黄色を持ってきており目を引きます。

 

またカラフルなスニーカーでなく白のスニーカーでも外しはできます。

f:id:boochifashion:20160701211351j:plain

このようにチェスターコートでキメたところにあえて白スニーカーを持ってくることで組み合わせ自体はアンバランスなはずなんですが、うまくまとまってかっこよく見えます。

 

おしゃれというのはなぜかバランスが重要でしてキメすぎたりラフすぎたり一方に偏るのを嫌います。

そういうわけで外しというテクニックが使われるわけです。

 

なんとなく外しというものを理解していただけたでしょうか。

 

あとここではスニーカーの例で出しましたが別に外しはスニーカー以外でも使われます。

例えば綺麗めなコーデに柄物のクラッチバッグを使ったり、ニットキャップを使ったりなど小物で使われることが多い気がします。

 

どのように外すのか

ではどうやればスニーカーでうまく外せるのか説明していきます。

カジュアルさで外す

f:id:boochifashion:20160703131538j:plain

スニーカーとは当然カジュアルなのものなので、キメ過ぎ感を緩和するために使います。

そのため派手なスニーカーでなくても外すことはできます。

 

上の写真のように左側の人の靴は黒ですが、濃い色のテーラードジャケットや細身のパンツのキメ感と相まってバランスが保たれています。

ただ黒のスニーカーはややカジュアル感が薄いので、その分カジュアルなカーキのTシャツを着てますね。

 

右の人は今度はTシャツも似た色を使っているためキメ感がより強くなっているため、紫色のよりカジュアル感のあるスニーカーを履いてますね。

といってもこの靴もスリムなスニーカーなためそこまで強調してきていません。

その分クラッチバッグはPCバッグのようなカジュアル寄りのものを使っておりバランスが絶妙にとれています。

 

色で外す

f:id:boochifashion:20160703133923j:plain

前の例ではスニーカー自体のカジュアルさを使い普通のスニーカーで外す例を紹介しましたが、今度は派手な色にしてさらにそのカジュアルさを強調させる例です。

差し色のテクニックと近いですね。

ここで重要なのは他の部分でむやみやたらと色を使わないことですね。

他は落ち着かせることによってスニーカーをより強調させることができます。

 

上の写真の例では白シャツにネクタイをつけ黒のスラックスにタックインしGジャンを羽織った完全なワークスタイルですが、蛍光色で目を引くスニーカーを使っています。

ここで黒のスニーカーにしていたらただの工事現場で働く監督のおっさんになっていたことでしょう(笑)

そうなりそうなところを「あえて」派手なスニーカーにすることで外しているわけですね。

 

また前にも述べましたが派手でなく白のスニーカーも同じようにできます。

白スニーカーのほうがクリーンなイメージになるため、カジュアルに寄り過ぎたくないけど目を引くような色が欲しいというときに便利。

f:id:boochifashion:20160703140427j:plain

このようにトップスとボトムスが黒のスタイルの場合、靴も黒にしてオールブラックコーデも良いですが夏などはやはり色が欲しいところ。

ですが派手なスニーカーを持ってくると、上はTシャツで下はジーンズのためワイルドさ(≒カジュアル感)が強くなりすぎてしまいます。

そこで白スニーカーでバランスをとっています。

 

ちなみに白スニーカーもいいですがこちらもおすすめ↓

www.boochifashion.com

スタイルで外す

f:id:boochifashion:20160703141803j:plain

これは前の「カジュアルさで外す」やワークスタイルで外した例と被るんですが…。

普通はスニーカーを使わないようなスタイルでスニーカーを使って外す例です。

 

上の写真の場合、ブリティッシュトラッドでお堅いイメージのウィンドペンのスーツですがそこにスニーカーを持ってきています。

これも踵にやや色味があるものの白スニーカーのためそこまで崩した感じにはなっていません。

 

またこれは特に女性がやりやすい外し方なんですが、スニーカーというのは「男らしい」アイテムです。

そこで女らしいスタイルの中に男らしいアイテムであるスニーカーを取り入れるということもできます。

以前も男らしさと女らしさのバランスが大事という記事も書きました。

www.boochifashion.com

(記事の分類の通りスニーカーにも男らしいものや女らしいものはあるんですが、大枠で捉えるとスニーカーは男らしいアイテムであることにそんな異論はないと思います)

 

この場合女性だったらガーリーなふわふわのスカートのスタイルにスニーカーとかですね。

逆に男の場合はこの例は直接使うのは少しむずかしいですが、応用することはできます。

例えば細身のスキニージーンズはジーンズ自体は男らしいですがその中でも要素的に言えば女らしいアイテムです。

これに対して女らしい要素のあるスニーカーよりはスポーティで男らしい要素をもったスニーカーを持ってくるなどですね。

まあこれは「外し」のテクニックとは言えないですね(笑)

 

まとめ

以上のように分類しましたが、そんな難しく考えずとも「キメすぎかな?」と感じたらスニーカーを使うだけでちゃんとおしゃれっぽくなります。

スニーカーが目立つコーデになるので、持て余した派手なスニーカーが主役になるコーデも楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。