ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

半袖シャツは着るな!夏でも長袖シャツのすすめ

f:id:boochifashion:20160616234738j:image

半袖シャツは着るな

今回は夏のシャツに関してです。

夏に着るシャツというと半袖を着るという人もいると思います。

もしくは今年の夏に向けて半袖シャツを買おうと思ってる人もいるかもしれませんね。

 

でもちょっと待ってください。

実は半袖シャツは着こなしが難しいアイテムなんです。

冒頭の写真を比べてほしいですが、半袖のほうは子供っぽく、長袖のほうが大人っぽくサマに見えませんか?

 

なぜ半袖は難しい?

半袖シャツが着こなしが難しい理由はシャツは元来、長袖であるからです。

今でこそクールビズという名の下に半袖シャツをフォーマルな場面でも着ることが許されていますが、普通そのような場面ではシャツは長袖でないと失礼ですよね?

 

まあ半袖シャツがある程度普及してしまっているせいもあるのでピンとこないかもしれませんが、例えば半袖のジャケットがおかしいのは明らかでしょう。

つまり半袖は長袖を簡略化したものなんです。

 

そういうわけもあって服の作り手側も半袖シャツは長袖シャツの袖丈をただ切って半袖にしました!というようなサイジングのものや通気性を考慮したものが多く、裾幅が太く野暮ったいデザインのものが多いんです。

f:id:boochifashion:20160616224928j:image

 

というかそんな小難しいこと言わずとも長袖の方がかっこいいという感覚分かるのではないでしょうか。

中高生の頃は何となく半袖シャツがかっこ悪い、長袖をまくった方がかっこいい気がするという理由でできるだけ長袖を着るようにしてたという経験ある人もいるのではないでしょうか?

また半袖シャツをロールアップして着てるチャラい人(笑)が学年に少なくとも1人くらいいたと思います。

ロールアップすると擬似的に裾幅が狭くなりシルエットが良くなりかっこよくみえるから感覚的にそういうことをしていたわけです。

 

長袖暑くない?

とは言っても夏に長袖は暑いですよね。

おしゃれは我慢とはよく言いますが、さすがに我慢して長袖を着ろとは言いません。

しかし、半袖シャツはなるべく避けたいものです。

 

しかも夏は室内はガンガンに冷房が効いてて逆に寒かったりしますし、外は暑かったら袖をまくって、室内は袖を戻すといったことをして調整ができるので長袖の方がそういった意味でも便利です。

 

暑いからどうしても半袖じゃなきゃ無理って場合はTシャツやポロシャツにしましょう。

自分は服装を決める段階で冷房の効いた室内で過ごすことのほうが多いと思ったら長袖シャツ、暑い外で過ごすことの方が多いならTシャツやポロシャツという風に使い分けています。

 

夏用の長袖シャツ

もちろん普段使っているシャツでもいいんですが、夏用に長袖シャツを用意しとくといいです。

本人が大丈夫でも他人が見たときの見た目の涼しさも大事ですからね。

例えば、そのような夏用のシャツの代表的なのがリネンシャツです。

 

ユニクロでも長袖のプレミアムリネンシャツが売ってます。

www.uniqlo.com

リネンって素材の良さが重要だと思うんですが、ユニクロのリネンは麻が苦手という人でもユニクロのリネンはいけるという人もいるほど高品質だったりします。

 

ちなみに色ですが夏だからといってカラフルな色を選ぶ必要はありません。

色を使いすぎるほど子供っぽくなり、おしゃれに見えにくくなります。

おしゃれな人は色使いが上手いのでサマになるのですが、はじめは無難な白や黒がおすすめ。

 

白や黒はフォーマルな色なので大人っぽく見せれるので。

特に夏はカジュアルに寄りがちで子供っぽい服装になりがちなため、このような大人っぽいアイテムは重要です。

 

なぜかオンラインストアでは黒がないんですけどね…。

この前お店行ったら普通に黒あったんだけどなあ。

 

ただしユニクロのシャツは着丈が長いので前を開けて羽織るのには適しません。(身長にもよりますが閉めて着る分には大丈夫)

そんなときは無印のリネンシャツがおすすめ。

www.muji.net

リネンは無印の十八番なので質も悪くなく、着丈も短めなので羽織るのにベスト。

色の展開も無印らしく渋い色でどれを選んでも外しにくいのも◯。

まあ正直シルエットの野暮ったさは否めないんですが、羽織って腕まくりする分には目をつむれるかなと。

 

またリネンシャツでなく薄手のシャツならユニクロの+Jシャツもありですね。

www.uniqlo.com

こちらの+Jは以前にデザイナーのジルサンダーとユニクロがコラボしたときの商品。

トップデザイナーがデザインしただけあってユニクロらしからぬ、かなり良いシルエットのシャツです。

 

ただし高級感ある生地とはうらはらに欠点として薄い。

そのため夏に使うならありですね。

その場合、下着はベージュエアリズムシームレスがおすすめ。

ただ、着丈が長いのでこれまた羽織るのには適しませんけどね。

 

ちなみに余談ですがその薄さを解消したシャツが秋のルメールコラボのシャツとも言えます。

ルメールコラボのシャツを+Jみたいにして再販しないんですかね?(以前も再販しましたがまた売り切れてます)

あれ身近で手に入る白シャツの中ではベストだったんで普通に売っても売れると思うんだけどな…。

 

まとめ

ショーツ(短パン)とシャツを合わせるときなんかは特に気をつけてください。

f:id:boochifashion:20160616224121j:image

ショーツを履くならこのように長袖のほうがサマになりやすいです。

ちなみにショーツの履きこなしかたについては以前の記事も参考にしてみてください。

 

 

www.boochifashion.com

 

というわけで今回は半袖シャツは避けたほうが無難という話でした。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。