ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

ラウンドカット?ボックスカット?シャツの裾の形別の着こなしかたについて

f:id:boochifashion:20160614163441j:plain

今回はシャツの裾の話です。

シャツの裾って気にしたことありますか?

実はシャツの裾は2つに大別することができるんです。

 

裾の違い

ラウンドテイル

1つはラウンドテイルという形のもの。

おそらく多くのシャツはこの形になっているはずです。

f:id:boochifashion:20160614163748j:plain

 

こんな感じで裾の部分を見ると丸く半円状の弧を描いた形をしているのが分かると思います。

 

もともとタックイン(シャツイン)しやすいように作られた形状でありフォーマルシャツに多い形ですね。

そのため必然的に着丈が長めのものが多いです。

ただそのような本当のスーツ用のシャツはラウンドが大きくなっています。

ユニクロのオンラインストアのトップスの一覧を見てほしいのですが、きれいめシャツとなっているのはラウンドが大きく、着丈が長くなっています。

www.uniqlo.com

そこで私服用のシャツはラウンドが小さいものを選んだ方がいいです。

f:id:boochifashion:20160614164020j:plain

 こんな感じで上の画像と比べるとラウンドが弱くなってるのがわかると思います。

スクエアテイル

もう1つはスクエアテイルという形のもの。

こちらは裾が直線的に切り取られているタイプのものですね。

ボックスシルエットとも呼ばれたりします。

アロハシャツなどリゾートスタイルのようなものに多いです。

ユニクロでもルメールの春のコラボのシャツはこのタイプのシャツが多くありました。

f:id:boochifashion:20160614164202j:plain

このように裾が直線でカッティングされています。

 

裾別の着こなし

ここでその裾の形別に着こなしを紹介したいと思います。

 

まずはラウンドタイプのシャツの着こなしから。

定番なのはニットセーターやスウェット、パーカーなどとの重ね着ですね。

f:id:boochifashion:20160614164349j:plain

このような感じで裾をチラ見せすることで奥行きが出るためのっぺり感をなくすことができます。

 

逆にアウターとして羽織るのはあまりおすすめしません。

着丈が短めのものならまだ大丈夫なんですが、前述の通りラウンドテイルは着丈が長めのものが多く、羽織ると裾がヨレやすくだらしなくなりがちです。

f:id:boochifashion:20160614160715j:plain

 

基本的にシャツをジャケットライクに羽織るときには着丈が短めのものを選ぶといいです。

そういうわけでスクエアタイプは羽織るのに適しています。

(もちろん着丈が短いラウンドテイルでも大丈夫です)

目安としてはインナーの着丈と同じくらい。

f:id:boochifashion:20160614161046j:plain

このくらいのバランスがいいですね。

または少し着丈が長いインナーと組み合わせてインナーの裾を見せるレイヤードスタイルもありですね。

 

これまた逆にボックスカットタイプを普通に前を閉めて着るのは個人的にはあまりいただけないです。

というのもパッツリと上半身と下半身の境界線ができてしまうため、スタイルの良い人なら構わないのですがスタイルに自信のない人は避けたほうが賢明です。

f:id:boochifashion:20160614162737j:plain


まとめ

シャツの裾の形を気にしてなかったという人も多いのではないでしょうか。

これからはシャツの裾の形も気にしてみてはいかがでしょうか?

今回は以上です。何か参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。