ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

トーンオントーンコーデに挑戦しよう!

f:id:boochifashion:20160514113318j:plain

前に色による目の錯覚を利用した着こなし技について書きましたが、今回は色の合わせ方のお話です。

服のコーデを決めるときに色合わせに困ったことはありませんか?
またはいつもモノトーンに差し色を入れるようなワンパターンで飽きてしまうことはありませんか?
そんなとき1つの解決手段が上下とも同じ色にしてしまう「トーンオントーン」というコーデ術があります。
 
意外と上下とも同じ色にしてしまうというのは思いつかないというか全身タイツのようなのを想像してしまって敬遠してしまいそうですよね。
ですが同じ色と言っても全く同じ色にする必要はないです。
あくま同じ「トーン」であれば大丈夫です。
 

色の要素

「同じトーン」とは何か説明するために、ここで前知識として色を構成する要素について話させてください。
その要素とは「色相」、「明度」、「彩度」の3つで成り立っています。

色相

色相とは具体的な「色あい」のことで、赤や青、黄といったような人が色を区別するときの指標となる要素です。
f:id:boochifashion:20160514113433j:plain
このような数値的に近い色相を並べていったものを「色相環」といういうんですが、名前は知らずとも見たことある人も多いと思います。
 

明度

次に明度とは明るさのことです。
明度が高いほど白く、低いほど黒に近づくと考えるとわかりやすいと思います。
 

彩度

最後は彩度ですが、ようは「鮮やかさ」のことです。
彩度が高いほど鮮やかな純色に近く、低いほどくすんだモノトーンの色に近くなります。
 
 

トーンオントーンコーデ

ここでやっと本題です。
先ほど全く同じ色にする必要はないと言いましたが、「トーンオントーン」でいう「トーン」とは色相のことであり、色の明度や彩度が多少違くても問題ありません。
というか、そんな一緒なのってスーツやパジャマのような元からセットで着るようなものしかないと思います(笑)

メリット

トーンオントーンコーデのメリットとしてはまず色を考えなくていいことですね(笑)
色を元から青なら青と決めるので、よほど服を持ってない限り選択肢は絞られるはずなので、割とすぐにコーデが決まるはずです。
 
またメリットとして統一感がでるというのも見逃せません。
例えばスーツって統一感があるからピシッとカッコよくキマるわけですよね。
逆に言えば派手な色でも統一感があればセットアップのようにピシッとキメてくれたりします。
 
また同じような色で合わせるため、腰の位置をごまかすことができ、かつ縦のラインを強調できるのでスタイルをよく見せる効果もあります。
 

具体的な着こなし例

コーデ1
例えばこんなスタイル。
f:id:boochifashion:20160512150952j:image
写真だと暗くて分かりづらいかもしれませんが、ネイビーで統一しています。
 
このようにセットアップのような形でトーンオントーンコーデをするのがしやすいかなと。
実はパンツは以前紹介したミラノリブカットソーのジョガーパンツなんですが、スーツのように統一感がありキマっていると思います。
 
これはジャケットの着こなしの一例としてもアリだと思います。
さすがに靴まで色を合わせる必要はない気もしますが一例として…。
 
あとこれは服は靴も含めて全てプチプラです。
ジャケット:ユニクロ ライトウェイトジャケット S
インナー:無印 オーガニックコットン天竺ボーダーTシャツ M
ボトムス:ユニクロ ミラノリブカットソージョガーパンツ M
靴:GU スリッポン 27cm
 
ネイビーのシャツもあったんですがジャケットにシャツだとさすがにキメすぎなのでやめました(笑)
また同じ色だけでのっぺりしてしまうという場合にはこのように白などのモノトーンでちょっとアクセントをつけてやるといいです。
やり過ぎるとトーンオントーンじゃなく普通のモノトーンに1色足したようなツートンになってしまうので注意は必要ですが。
コーデ2
あと変わり種としてトーンオントーンも上下で合わせるのでなく、インナーとアウターの色を合わせるだけでもアリです。
f:id:boochifashion:20160512154436j:image
これはインナーとアウターの色をカーキで揃えていますが、インナーはくすんだ色で、アウターは明るめのカーキを組み合わせて奥行きを出しています。
このように同じような色でも彩度や明度の違いによって単調さをなくすことができます。
 
ちなみにインナーはGUのヘビーウェイトビッグTです。

www.boochifashion.com

 

今回はインナーとアウターを合わしましたが、インナーとボトムスだけ合わせたりするのもアリです。

コーデ3
さらに流行りのデニムオンデニムもトーンオントーンコーデと言えます。
f:id:boochifashion:20160513184530p:image
これは下にも青のシャツを着ているのでかなり攻めてますが…笑
デニムオンデニムのポイントは色を変えた方が着こなしやすいということですかね。
今回の例で言うと上は薄いGジャン、下は濃いジーンズにしてあります。
そこまで一緒に揃えてしまうと、作業着に見えてしまう可能性が出てきます(笑)
 
あとは今回のようにインナーでワンクッションおいてやるのも着やすくなるためのポイントですね。
ハットも被ってますが、作業着感をなくしてあくまで街着として着ているんだと見せる意味でも有効です。

まとめ

着こなしに困ったり、コーデが思いつかないなんてときに、トーンオントーンコーデという選択肢を頭の隅に入れておくといいかもしれません。

 

ただし白などの淡い色で合わせるとぼやけた印象になっていしまいがちなので、難易度が高くなりやすいことには注意してください。

まためちゃくちゃ厳密に色相をあわせる必要もありません。

あくまで統一感を出すことが目的なので。

 

トーンオントーンをものにできれば、オシャレ度がアップするので是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

P.S

本当はこの記事昨日出すつもりだったんですけど完成した文章をを保存し忘れてしまい、かなり落ち込みながら書き直しました(ノω・、) ウゥ・・・

かわりに500文字くらい多めに書いたので許してください(笑)

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。