読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち大学生のメンズファッションブログ

ユニクロなどのファストファッションを中心におすすめの服や着こなしを紹介します

ドレスとカジュアルのバランス7:3は本当か?「最速でおしゃれに見せる方法」レビュー

f:id:boochifashion:20160416202722j:plain

 

はじめに

メンズファッションを語る上でこの人抜きでは語れないでしょう。

 

f:id:boochifashion:20160413203911j:plain

 

そうメンズファッションにおいてブログ・メルマガで大成功を収めているMB氏です。

 

実際僕もおしゃれに興味を持ちはじめたとき衝撃を受けたのがMB氏のブログ「Knower Mag」です。

 

www.neqwsnet-japan.info

 

だっておしゃれって言ったら「センス」が問われるものだって誰しも思うことを、この人はおしゃれは「ロジック」で出来ていると言い切っているんです。

 

そりゃ理系の僕からしたら理論で服が組み立てられるならこの上ない話ですよ。

 

しかもMB氏は元々服屋で働いていたようでプロのバイヤー。ようは服のスペシャリスト。

当然信用性は抜群で写真多用しながらの独自の理論は説得力があります。

 

そんなMB氏が初めて出した本が「最速でおしゃれに見せる方法」です。

 

最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法

 

 

というわけで自己紹介を除くこのブログ初めての記事はMB氏著「最速でおしゃれに見せる方法」のレビューをしたいと思います!

 

本の概要

この本はMB氏がブログやメルマガで書いてきたことを体系化してまとめたものです。

 

本の構成としては初めにおしゃれに必要な要素を述べ、そしてなぜおしゃれに見えるのかというのを理論的に説明しています。

 

これは初めに「ルール」を定めてることによって

おしゃれの右も左もわからない人も実践しやすいようになってます

 

次に服の選び方を指南し、その着こなし方が書いてあり、さらにMB氏自身がモデルとなり50枚のコーデ集がフルカラーで載っています。

 

このコーデ集もよくある市販のファッション誌のように写真が載ってておしまいというだけでなく、なぜこのような着こなしなるのかの説明が書いてあり具体的に理解することができるとこもポイント。

 

 で実際どうなのよ

本に載ってることの事実だけ書いてもしょうがないので、大したことはないですけど僕の意見というか考えを書いてみます。(この本に対してもというよりMB氏の考えに対してになっちゃいましたけど)

ドレスとカジュアルのバランス7:3は本当か

まずMB氏のロジックの根幹とも呼べるドレスとカジュアルのバランスですけども、これはあくまで言葉の綾というかそんなきっちりドレス70%、カジュアル30%にしなければいけないってわけじゃないと思います。(実際、完璧に7:3にしろとか無理ですからね)

 

MB氏もあくまで「ほら論理的でしょ」ってのを示すためにこの比率を使ってる表しているのだと思いますが、そんな固執しすぎることもないのかなと思います。

 

むしろ街に出かける時とかはまだいいですけど、特に大学で生活する分にはイメージ的には6:4くらいでいいのかなと。キメすぎるとキモがられる気がします。

 

ようはドレス要素を取り入れて他と差別化しようねって話で、MB氏の着こなしを見ててもこれが7:3?と思うこともあるので。

 

 でもこのドレスとカジュアルのバランスを考えるだけでもそれなりに見えるし、初めのころはある程度自由度が少ないほうがやりやすいので一つの指針にするのにはいいのかなと。

 MB氏の嗜好が入っている

そりゃファッションは個性なのでその人の性格が現れるものですけどMB氏のファッションは少し癖がある気がします。

 

というのも初心者から見て「かっこいい」と思えるファッションをしてるかというと、全部が全部そういうわけじゃないんですよね。

 

パリコレとかのファッションショーっておしゃれなんだろうけど一般人にはすこし理解しがたいですよね。

 

そういう芸術的な理解しにくさがある気がします。

 

他のレビューでも書かれてますけどあくまでこの本のタイトルが「おしゃれに見せる」となっている以上、他人の評価が重要になるわけで。

 

 例えばこの本のstyle46やstyle50とか多分「ん?」てなる人多いんじゃないかと思うんですけどね。

 

でもそういう意味では量産型ではない、他とは頭一つ抜けたファッションをしたいけど何が足らないのかわからないという中上級者にはいいかもしれません。

 

 7:3の話とも通じるんですが、MB氏の語っているのは「最速」でおしゃれにみせる方法なので、これがおしゃれの「完全解」というわけではないと思います。

 

すなわちMB氏の理論はおしゃれに見せるのに十分条件であって必要条件ではないということです。

 

まあ理論に関しては抽象的概念なので懐が深くて、応用が効きやすくていいんですけどね。

 

まとめ

ぶっちゃけ情報的にはアマゾンの低評価のレビューの通りブログとメルガマに書いてあることの焼き直しです。

とはいえ、初心者にも実践しやすく、買うべきものも比較的具体的に語っているのでおしゃれになりたい!と思っている人や中級者で服は好きだけどおしゃれが分からなくなった人には手にとってみる価値はあるのかなと。

 

レビューなので少し批判的に書いてきましたが、僕自身MB氏のメルガマを登録してますし、影響も受けてます。

MB氏のおかげでおしゃれに目覚めたといっても過言ではないですし。

まあMB氏の考えを取り入れるかどうかは自分次第なのでこの本を含めおしゃれの選択肢の一つにいれていいのかなとは思います。

 

スポンサーリンク

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。